飛ぶ鳥跡を濁さず
ここにサブテキストを入力できます。
黒ずみ

乳輪の黒ずみハイドロキノンで強烈効果的ピンクのバストトップに

乳輪黒ずみ

美白好きの日本人はアジアの黄色人種として当然白人と比べても同じアジア人の韓国人とくらべても決して色白とは言えません。

もちろん中には超色白の女性も当然見えますが・・・そんな日本人の憧れ美しい白い肌は永遠の憧れ。

そして美しい白肌にはあらゆるボディの黒ずみは許されない。

通常隠れているバストトップもやっぱり理想はピンク色ですよね?

そんな悩みを持つ女性に私自身が体験して効果のあったハイドロキノン使用の自宅ケアをご紹介します。




Sponsored Link

乳輪の黒ずみ原因とは?

大きく分けて二つの原因が考えられます。

遺伝子レベルの問題
これは言わずもがなですが、個人的には全く正しい答えだと思っています。日本人の肌色全体が黄味を帯びた肌色のように、白人がより白い肌を持つように、そして黄色人種である日本人の黄色味を帯びた肌色の中でもより白い人ややや黒い人、かなり黄色味を帯びた肌に人と段階的に分けられます。

その中でも乳輪の黒ずみは、黄色人種の持つメラニンの多さが絶対原因の一つだと思います。

単純に肌色がピンク系の色白の人にピンク色の乳輪の人が多い事と同じ原理で逆に少し平均よりも色黒の人は乳輪もやや黒い傾向があると言う事です。

乳輪美白

女性ホルモンの関係
生理や排卵、また成長によって出産や授乳などの女性特有の経験によって常に関係すると言われる女性ホルモンの関係も乳輪の黒ずみに大きく関係すると言われています。

卵胞期に分泌が高まるエストロゲン(卵胞ホルモン)と、黄体期といわれる排卵期以降に分泌が高まるプロゲステロン(黄体ホルモン)の2種類の女性ホルモンのバランスによって大きな変化を受ける女性の身体はとってもデリケートと言われます。

黄体期に分泌が高まるプロゲステロンにはメラニン色素の生成を活性化させる作用があり、この時期は乳首の色がやや黒くなることがあります。

その為生理前にホルモンバランスが崩れる事から乳輪の色が濃くなり、シミなども濃くなる作用があると言われ妊娠期や出産後の授乳時期にも乳輪が黒くなる女性は結構多いですが、それらと同じ効果がホルモンバランスの変化によって常に女性は影響を受けているのです。

乳輪の黒ずみ悩みや迷信

黒ずみ
良く昔言われたのは、遊んでいる(男性経験が多い)から乳輪が黒い。等や性行為の多さで乳輪や陰部が黒くなると昔から言われて耳にした事がある人は見えると思います。

ですが、それに関しては、まず迷信だと思います。汗

関係ないです・・・残念ながら上記の遺伝子レベルやホルモンバランスで一時的に黒ずみが出ると言う事はあってもピンク色だった女性が異性と沢山性行為をした事によって乳輪真っ黒だなんてことはまずあり得ません。全くの迷信ですね・・・

日本人は黄色人種の中でもメラニンが多いと言われてますので例外を除いては、乳輪はピンクという人は少なくやや濃い色の乳輪が平均だと思います。

乳輪の黒ずみハイドロキノンでピンク色した!

手術

とは言っても私もお風呂好きでサウナなどに足繁く通うので他人の胸を見る機会はありますが、やっぱり色黒でなくても、肌はかなり色白なのに乳輪は黒い女性もいたりするのは事実です。

中には結構な黒さの女性も、逆に週刊誌で見る袋とじにあるセクシー女優のようなピンクぽい乳輪の人はかなり年齢の高いお婆ちゃん位しか見かけないのも事実です。

私個人も肌色は普通より少し白い方で乳輪は若い頃からカフェオレ色で真っ黒までいかないけど、とても理想のピンク乳輪には程遠かったのです。

乳輪美白
そこで色々な情報から見つけたのがハイドロキノンとトレチノインで乳輪をピンクにする方法を某ブログサイトで見つけたのがきっかけで、がぜんやる気になった私は究極のピンク乳輪を目指して、ハイドロキノンとトレチノインの自宅で美白治療ケアにとりかかったのです。

完全チャレンジャーでした。汗

ハイドロキノン成分とは?
肌の漂白剤と言われ、強力な美白効果がある事で知られる成分で、その美容効果もビタミンCやプラセンタの100倍と言われメラニン色素を合成すると言われるチロシナーゼ酸化酵素の阻害作用、シミを薄く淡色化する還元作用、メラニン色素をつくるメラノサイトの活動抑制作用の着実な効果があると言われる成分を持っています。

ただその強力な効果を持つ成分の特徴として酸化しやすく変質しやすい特徴を持っており、その酸化する過程でとっても人間の肌にとって刺激の強い成分に変化する事も大きな特徴として、人によってはかぶれやアレルギーを引き起こす原因になると言われています。

用法容量を守って新鮮なものを使用する事にも注意が必要だと思います。

ハイドロキノン強烈効果
ハイドロキノンが持つ強力成分に他の成分にはない確実な美白成分がある事は理解してもらえたと思いますが、私が体験したハイドロキノンと他の多くの体験者にも共通する事はハイドロキノンの協力な美白効果を手伝ってくれる成分として併用する必要がある、もう一つの成分がトレチノイン(トレチノイン酸)という成分との併用によって最大に美白効果を引き出せると言われている。

トレチノインとは?
今既に有名な美白成分として出回っているレチノール成分が持つビタミンAの数十倍のビタミンA誘導体を持つ成分として皮膚表皮細胞に反応して細胞の増殖を促し、ターンオーバーを活性化させる働きがある事で知られている。
強力な美白効果のあるハイドロキノンとの併用によるW使いで黒ずみの無い透明感のある乳輪や美肌を望める効果がある。

乳輪黒ずみケアに用意する物

ユークロマクリーム
出典:http://mikarin1215.com/kenkou%E3%83%BBbiyou/3816/

ハイドロキノン4%入り(ユークロマクリーム)
トレチノインクリーム(スティーバAクリーム01%)
市販の薬局にあるワセリン
ティッシュかコットンなど

私が乳輪をピンクにした方法

1、それでは実際に私が試して確実に効果のあった方法をご紹介しよう。まずは美白したい部分(乳輪)から5ミリくらいはみ出すくらいにワセリンを乳輪の回りに塗る。

このワセリンは乳輪を塗りつぶすのではなく、あくまで乳輪に的を絞るように他の肌(バスト部分)に影響がないように美白したいバストトップは塗りつぶさないように気を付けて欲しい。

2、まずはトレチノインを薄めにワセリンを塗った中の乳輪の黒ずみ部分に塗る。あくまで薄く。

トレチノインに関しては微量で充分に効果があるので、最初は特に薄目に塗るように心がける事。

3、トレチノインを塗った乳輪のバストトップに重ねるようにハイドロキノン(ユークロマクリーム)を多めにトレチノインクリームにかぶせるように塗る。

このユークロマクリーム(ハイドロキノンクリーム)はたっぷりメに塗る事がお勧め。

4、このスリーステップを朝の出かける前と夜寝る前の2度行う。

塗った後、バストトップが薬品でベタベタ状態のままブラジャーなど直接通常通り付けるのはかなり無理があります。

衛星上も良くないので、このスリーステップが終了したら、バストトップにコットンかティッシュを5㎝四方の大きさにカットしたり、テッシュなら折り曲げてバストの上に装着。

このままティッシュやコットンがズレないようにブラジャーを着用する。

この4段階のステップを少なくとも様子を見ながら3カ月続けることで間違いなく乳輪はピンク色の乳輪に変化する。

3カ月と聞くと、そんな長い間この4ステップを続けるのか?と批判の声も聞こえてきそうだが、朝晩の使用が辛かったら朝だけでもOK。

私も最初だけ朝、晩の使用で途中から朝から帰宅してお風呂に入るまでの10時間程度にチャンジしたが3カ月きっちり続けることで着実な効果があった。

そしてその3カ月期間が過ぎたら、休薬期間として1カ月から2カ月空ける事。

私は自己判断でトレチノインの使用を辞めて、ハイドロキノン(ユークロマクリーム)だけの使用にチェンジ。

トレチノインでしっかり乳輪の剥離が済んだ所、ユークロマクリーム(ハイドロキノン)で確実な美白成分を浸透させる感じかな~とハイドロキノンは使用してましたが、この休薬期間は後から注意書きで知らせますが重要だったようです。汗

このトータル半年がかり掛けての大がかりな乳輪の黒ずみ除去自宅ケアで、私は紛う事なくピンク色の乳輪に変化出来た。言い切ります。

乳輪はピンク色になります。(^^♪

注意点

トレチノインの薬品の特性上、塗り出すと皮膚がめくれて赤くなる現象と共に強烈な痒みが塗った箇所(乳輪)にあらわれます。
怒り

そのピリピリした痒さは人によって感じ方や表れ方が違うっようですが、大部分の方に同じような症状が出ている事から不特定多数の人に各当すると考え注意点を挙げてみます。

副作用の強すぎる場合
血がにじむなど痛みが尋常ではない場合
酷い痒みと激痛に襲われた場合
ひどくしみる所がある

私の場合強烈な痒みはあったものの、最初の1週間が気になるレベルの痒さと違和感があっただけで、それ以降はチリチリとした痒みは続くものの確実な反応と思い治療を止める程ではありませんでした。

だけど念の為に陰部のビキニラインにも調子を出し過ぎて試した私は、あまりの衝撃的な痒みと違和感から1度でリタイア。

あれほどの違和感を感じながら黒ずみケアを続ける事は無理と思い直ぐに断念。

ですので乳輪でもそのような強烈過ぎる違和感を感じたら無理せず一度辞める事をお勧めします。

そして最初の段階ではトレチノイン(スティーバA0.1%)と記載しましたが、これは2度目のチャレンジで使用した濃度なので最初のトレチノインデビューの方は是非濃度の薄い0.025%や0.05の濃度からチャレンジする事をお勧めします。

間違っても最初から私が2度目に使用したトレチノイン(スティーバA0.1%)は使用しないように。肌に免疫がない状態で0.1%は危険だと思います。

追記
現在スティーバAシリーズは(濃度0.025~0.1%)までは取り扱い中止になっているようです。
今はエーレットジェルがトレチノインジェルとして同じ濃度でオオサカ堂で個人輸入出来ますのでそちらをお勧めします。

用法容量の目安

トレチノインはハイドロキノンと違い少量ずつし塗れないので1本は正直最後まで使いきる事は難しいと思います。

使う場所にもよるのかもしれませんが、私の場合はそうでした。

それ程トレチノインジェルは少量の使用で充分な効果があるからです。

トレチノイン
出典:http://chicosan.com/2016/08/21/tretinoin/
今のトレチノインはこれが支流らしいです。

その代わりユークロマクリーム(ハイドロキノン)に関してはかなりエーレットジェルの(トレチノイン)1本が使い切らない間にユークロマクリームは8本から10本近く使用した記憶です。

ただトレチノインもハイドロキノンとは違い大量に使用は出来ないものの、その性質から分解されるのが早いので輸入代理店は1カ月をメドに新しいトレチノインジェルの使用お勧めしているようです。

私が使用していた時は、この情報(分解しやすい)を知らなかったので、勝手に良いものだと思いこみ永遠亡くならないトレチノインジェルを数カ月も継続して使用していました。|д゚)

みなさんは安全作と確実な成果を求める為にもリスク回避の為にも1カ月1本を目安にしてもらった方がより効果が出ると思います。

これはトレチノインが微量で充分な効果があることとハイドロキノンは逆にたっぷりのハイドロキノンを塗り続けた方が効果的だと言われていたからです。

またトレチノイン(スティーバA)の使用を止めていた場合もハイドロキノン(ユークロマ)で美白効果を推進していたからです。

まとめ

トレチノインジェルは使用方法からもハイドロキノンのような大量の使用は無いものの、分解が早い為今回のセルフケアでは確実にリスク回避と効果を出す為にも開封してから1カ月で1本の使用を心がけること。

ハイドロキノンはまたトレチノインジェルより明らかにたっぷり塗ったり、休薬期間のトレチノインジェルを辞めている期間でも使用することがお勧めなので購入するときはトレチノインジェルより倍の本数を目安に購入することをお勧めします。

デリケートゾーンの気になる黒ずみにはこちらの記事に詳しく書いています!
陰部の色素沈着と黒ずみを徹底改善ここまでやれたら大丈夫!





Sponsored Link

乳輪の黒ずみピンク色キープは永遠じゃない

手術
トレチノインを併用した治療でピンク乳輪を達成した私は喜びもつかの間、一時のこの治療で完治して永遠のピンク乳輪を手に入れたと思い込んでいました・・・

だけど驚くことにこの治療を中止すると1年ほど経過した後また同じ乳首の色に戻ってしまったのです。

実際私の乳輪も短期とは言えまどろっこしく長期間による乳輪美白ケア期間があってのピンク乳輪の完成に至ったにも関わらずその後1年半年くらい、掛けてピンク色だった乳輪がジョジョに又元の自然なカフェオレ色に後戻りしてしまったのです・・・・

でも長期間にわたるあのハイドロキノンとトレチノインの乳輪ケア期間は間違ってなかったと思う私ですが、さすがにじゃもどったならもう一度同じ治療でピンク乳輪目指す?と思いつつ、あの結構な刺激のトレチノインの痒みと違和感を体験しただけに、なかなか直ぐに手が出ない状況です。

黒ずみ

それに3日や5日でピンク色にもならない事を経験から良く知っている私。そして絶対条件の継続しないと戻ってしまう事も何だか尻込みする原因の一つです・・・・・

要するに医療クリニックや美容クリニックまがいのセルフケアなので着実に効果は出るけど、それなりのお手間と時間はかかりますよって事ですね。

私の場合は1サークル3カ月として休薬期間を1カ月程入れて結局10カ月位は乳輪美白にこの期間を耐え忍んでいます。

これって結構長くないですか?笑

でもご心配なく。

効果が出るのは想像以上に早かったですので、(1カ月程)モチベーションは保てると思いますよ。(^^♪

乳輪の黒ずみケア方法お勧め

海水浴

そんな私が新たに取り組んでる乳輪美白商品として使用している商品があります。

デリケートケアにピンポイントしてある人気商品として出回っていた中でもバスト専用の黒ずみケア商品です。

ハイドロキノンやトレチノインはかなり興味あるけど、やっぱり輸入してハイドロキノンやトレチノインを購入して一時的とは言え強烈な痒みや炎症などのリスクと美白にかかる長期間を考えると、億劫になってしまう~と言う人は見えると思います。

通常なら医師の指示の元受ける施術なので、全てが自己責任なのも不安な人も見えるでしょう。

ハーバルラビット

乳輪を綺麗にしたいけど、やっぱりハイドロキノンまでは抵抗あるかな~と言う人には、同じ長期間のお手入れ方法の中でも安心して使用出来るかもしれません。

ハイドロキノンやトレチノイン程の劇的な効果はないものの、マイペースで香りを楽しみながら使用するにはもってこいです。個人的にはハイドロ・トレチ以降のセルフケアとして一番使用してるお気に入りです。

使用感と香りが乳輪黒ずみケアの初心者さんに超おススメです。

正直使用感とピンポイントに効き目のあるボディのあらゆる黒ずみに対応できるこのクリーム塗り出したら、ハイドロキノンになかなか戻れないって感じです。

こちらは乳輪にもVIOにも対応出来る優れモノ。何より黒ずみに大切なのは継続なのでそうゆう意味では確実に継続しやすいと思います。

今なら最大40%キャンペーン実践中で、万が一の使用で気に入らない場合も安心の60日間の返金保障が付いています。

ハイドロキノンやトレチノインでも最低3カ月、私的には10カ月の期間を使用して確実に効果を出しています。

これらの美白ケアや黒ずみケアには最低3カ月から半年は長い目でお手入れ期間を取り入れる事が奨励されている事からも、お得な定期コースが絶対お勧めです。

最大で定価7000円の商品が定期購入でクレジットカードで購入すると4250円で購入出来ます。

気になるデリケートゾーンのお手入れと併用して!詳しくはこちらから。
デリケートゾーンの黒ずみケアクリーム【ハーバルラビット】

薬用アットベリーも交互に使用。

敏感肌の方用に開発された美白・保湿ジェルで黒ずみ・ブツブツ・ニキビの対策+ニオイケアに
優れたオールインワンゲルクリーム。

バストトップのみでなく全身に使用可能出来てバストトップに限らずワキな二の腕ひざ、ひじなどの黒ずみ対応とデコルテ周辺のブツブツにも対応出来る万能クリームです。

これも全身のボディに使用出来るので費用対効果が悪くないです。

まとめ

いかがでしたか?乳輪の黒ずみにハイドロキノンやトレチノインが効果的なのは理解して頂けたと思いますが、同時にお手入れ期間の長期戦とそれなりの費用が必要な事もしっかり理解し、単期間とは言え炎症などのリスクもしっかり理解してお手入れを取り入れて欲しいと思います。

ハイドロキノンもトレチノインも輸入商品の為時価価格に変動があるものの、トレチノインは1本で充分1スパン(3カ月)持つにしてもハイドロキノンは大量に使用します。

トレチノインの今の価格が0.025%配合で20g1355円ととっても安価です。
でもハイドロキノンは1本だと1307円ですが1本では全く足りませんので
まとめ買いの12本がお勧め。
こちらで5515円と安価ではありますが、合計6870円。
(17年4月調べ)

これらをまとめて輸入代理店で購入することを考えても、結局市販の黒ずみクリームより確実に金額的にも高額にはなるので、まずは手っ取り早く、これまでお手入れしてなかった乳輪の黒ずみケアとして市販の物から安心して取り入れるの事も悪くないと思います。

強烈な痒みや使用感の使いづらさと人によっては日本未加入商品でリスクのある商品よりも安全安心な日本製品を着実に使い分けて使用してみるのも間違いの無い美乳への一歩かもしれません。

私が乳輪の黒ずみに効果を感じたのはこのハイドロキノンとご紹介した黒ずみクリームです。どれも料金はハイドロキノン&トレチノインと変わりませんので是非自分にあったケアで乳輪の黒ずみケアを行って下さいね。




Sponsored Link