うの目たかの目
独女のお役立ち情報
酒さ様皮膚炎

プロトピックの副作用ほてりや熱感!酒さ様皮膚炎は脱プロで完治

プロトピック

ステロイドの使用はダメだけどプロトピック軟膏には副作用はないよ。

そういわれて数年使用してきた筆者が、プロトピックを使用して出てきた副作用は、皮膚の赤みや、かゆみ、ほてりなど独特の熱感を感じる副作用が始まりでした。

アレルギーの人は使用した事がある、プロトピック軟膏の副作用について、今回は筆者自身が長年酒さ様皮膚炎を患い、ステロイドからプロトピックに移行して最後は猛烈な副作用に苦しみ脱ステ脱プロトピックをして完治した方法を紹介したいと思います。

現在進行形でプロトピックを使用している人の参考になれば幸いです。




Sponsored Link

プロトピックの副作用ほてりや熱感!

プロトピック軟膏に副作用は無いと発言する医師の言葉を信じ、長年のステロイド軟膏からプロトピックに移行して使用していました。

が、結局プロトピックにも副作用はありました。

ステロイドより、それは早く副作用としてアレルギーのような症状として顔全体を多い、その副作用は、それまでの皮膚アレルギーとは全く異なる症状として私を苦しめることとなります。

顔全体に感じる、ほてりや熱感は赤みを帯びた状態で、チリチリとヒリつくような、かゆみも伴って独特の副作用に苦しめられます。

これまでのアレルギーとは違い、アレルギーが良くなるどころか悪化している。

この強い違和感にプロトピックに副作用が無い、と言い切ってステロイドからプロトピックの使用を勧めた医師に筆者は詰め寄る事になります。

プロトピックの副作用を隠す医師

当初、長年のアレルギーをステロイドで抑えていた筆者はステロイドの効果が出なくなり治まらない湿疹に、あちこちの皮膚科医を訪ねて紹介してもらったのがプロトピックでした。

もちろん副作用は無い、と言われて、今後ステロイドは一切使用しないように、と強く言われてプロトピックを使用したのです。

当然使用して直ぐにはプロトピックで、顔中の湿疹が収まったので、それ以降はプロトピックを使用する事になります。

変化が訪れたのは、それから2年ほど経過した頃です。

ちょうどステロイドを塗っても一切湿疹が治らなくなったように、プロトピックを使用しても全く、いつもの皮膚アレルギーが収まらない。

収まるどころか、どんどん悪化している。

プロトピックの副作用から使用停止まで

それにも関わらず塗り薬は、プロトピックに抗生物質を少し強めのを出すからね、と言い切った医師。

でも抵抗あってプロトピックは使用する気になれず、この晩色々調べてプロトピックも使用を辞める事を決意しました。

プロトピックにはステロイドには使用されていないタクロリムスという免疫抑制剤が配合されています。

副作用は未知でステロイド軟膏より多彩な副作用がでるのでは?と言われているのだそう…

医師の言葉に強い疑惑を感じる程の副作用をプロトピック使用で感じた私の当時の症状はこんな感じです。

  • ほてり
  • 赤み
  • かゆみ
  • 熱感
  • ヒリヒリ
  • 毛嚢炎(ニキビとは違う細かい湿疹)

また灼熱間とニキビや感染症に、かかりやすくなる事が分かってはいるが、アトピー性皮膚炎初め様々な顔の皮膚トラブルに対してステロイド意外の選択としてタクロリムス(プロトピック)が適応外使用されるケースが少なくないと言われている。

 

ただし、タクロリムス軟膏(プロトピックでも酒さ様皮膚炎が起きる可能性がある事が明らかになってきた事から酒さ様皮膚炎にタクロリムス軟膏プロトピックは使用しないという皮膚科もおり、今だ統一された意見は得られていない。

酒さ様皮膚炎と認識した日【実体験】

若い頃から敏感肌だった筆者は何かと湿疹が出るたびに皮膚科に通い、ステロイドを使用。

そしてステロイドが効力を失った時ステロイドから副作用が無いと言われプロトピックに移行して、そのプロトピックでさえ効果が無くなり、顔中に出た熱感や強いほてり、ヒリヒリした赤らんだ顔を見て、これは何か可笑しいと思い調べて行きついた症状こそ酒さ様皮膚炎でした。

酒さ様皮膚炎とは、大きく酒さ皮膚炎と、酒さ様皮膚炎に分かれているようです。

酒さとは?

鼻や頬中心に広がり、これが慢性化して腫れを伴ったり、ほてりや熱感を感じるようになる事から赤ら顔だと思い込んでしまう人も多い症状だと思われている。

ただ慢性化が酷くなると、ニキビのようなぶつぶつや丘疹(きゅうしん)や膿疱(のうほう)の症状となる事から、炎症系のニキビの悪化や、アトピー性皮膚炎などと勘違いするケースが多いようです。

でもそれらの要素全ての可能性が否定できなず合併して出症状の一つとして酒さ皮膚炎とされている。

酒さ様皮膚炎

こちらが上記の酒さと同じような症状でありながら、原因の根本が違うとされるのが上記の酒さのような反応を起こした時に医師にかかり多くの人が処方される事になるステロイドを長期間使用した事によって現れる副作用の事を酒さ様皮膚炎と言われているようです。
プロトピック
全く私も、このような症状が出ました。ほぼ同類と言って差し支えない状態です。

このステロイドを長期間使用した事によって現れる症状とありますが、これプロトピックも同じ症状で間違いありません。

  • 赤み
  • かゆみ
  • ほてり
  • ヒリヒリ間
  • 熱感

酒さ様皮膚炎への確信

この酒さ様皮膚炎との経過と原因が一致した事から初めてもしかしたら、今の自分の症状こそ酒さ様皮膚炎の症状なんじゃ?と気が付いてこのブログにとどめる事にした次第です。

20歳くらいの頃からアレルギー?(当時も今もそう思っていた)の症状が出るたび最寄りの評判の良かった皮膚科に走っては微量のステロイドと言う言葉を信じて、それを塗ると速攻で直る事に味を占めた私は若さ故?医師の説明も至って微量で副作用の心配も無し!まともに信用して、湿疹などのアレルギーが出るたんび多様しまくって回避してきた。10数年もの長い間・・・

新たな医師を探し診察してもらうも、医師に初めて言われたステロイドの副作用による反応での湿疹だからステロイドは使用してはイケない。と言われ始めてプロトピックを使用するように勧められプロトピックの幼児用を使用する事になる。

原因

このプロトピック使用で一端は症状が治まる事になる。これが確か4年から5年前からのプロトピックデビューだった。
副作用は絶対ないから大丈夫だからと言われて使用し続けたが、当初の幼児用プロトピックが効果が出なくなって大人用プロトピックに切り替えたのが2年前からの使用になる。

酒さ様皮膚炎とも説明出来ない皮膚科医の現実

その治療を信じていたが結局それでも、20年前に使用していた微量のステロイドと同じく定期的に顔の湿疹は収まる事は無く今に続いている。

そして、とうとうプロトピックでさえ全く効果がなくなってしまった事にこの1カ月の肌反応を見て気が付いた私。

いつもと同じようにまたも湿疹が出た私は、仕方無しに以前もらっていたプロトピックを塗る事に。

塗る事半月経っても全く湿疹は治る事なく、どんどん悪化する。ついでに内服薬も収まっている時に飲まずにとっておいたものを微量のミノマイシンとビタミンB2B6を飲む。それでも全く効果無し。
症状

そして、たまらず皮膚科に走った。そして言われた言葉が『ステロイド出しましょう』・・・

ステロイドの副作用で出たと言われこの5年弱の間脱ステロイドしてプロトピックなら大丈夫の言葉を信じて使用してきた私に、何とも言わず『ステロイド出しましょう弱めですので大丈夫』っておいおいおいおい!!!
もうアテにならんと思い医者の言いなりでは治らん!と思い自分で調べるに至ったのが正直な所です。そしていきついたプロトピックの副作用。

プロトピックとステロイドの副作用

この私の今の症状こそ、完全なるステロイドプロトピックによる副作用からなった酒さ様皮膚炎だと様々なブログを見て確信しています。

もちろんこの結論は私が独自に出したものであり、皮膚科医が断言した事ではありません。

ただ、この現在の症状を見ても、脱ステロイドでプロトピックを使用していた事を知っている医師にも関わらず安易に「ステロイド使いましょう~」と気軽に言うあたりが超不信感募りまくりで調べたのが事の始まりです。
プロトピックの効果の無さに疑惑を感じ調べた結果、どの画像を見ても酒さ様皮膚炎をガッチリ症状が一致。

間違いありません。

皮膚生検などなくとも言い切れます。私に関しては酒さ様皮膚炎です・・・

酒さ様皮膚炎の原因はプロトピック・ステロイド

これまでのアレルギー歴から、何らかのアレルギー皮膚炎を起こした患者に、ステロイドやプロトピックを処方された患者が長期間使用した事によって起きる副作用による皮膚病と考えられているのが、この酒さ様皮膚炎となります。

酒さ様皮膚炎の治療こそ脱プロ

 

タロリムス軟膏プロトピックにより酒さ様皮膚炎の3症例について~
いずれもタクロリムス軟膏(プロトピック)を中止する。内服薬にミノサイクリン内服で治療して比較的短期間のうち軽快した。との症例があったのです。

これ信じて実行しました、つまりは脱プロトピックです。

私はこの後、脱プロをしてワセリン1本のみで、酷い副作用と好転反応を経て約2カ月かけて脱プロに成功しました。

今では、あの定期的に繰り返し出ていた顔の湿疹が嘘のように収まっています。

私の担当医では酒さ様皮膚炎とのご回答もなかった以上、今後は医師に丸投げでは全くアテにならない事を皮膚科医に関しては痛感。

ここに至ってのあの、何とも頼りない診察での返答。

少しは患者の事を考えて見ているのかと正直今でもムカつきますが全くの悪でもないステロイドとプロトピックの症例からしても、一時的に抑える事の出来る外用薬としては勧めやすいのかもしれません。(本気で一時的な処方です)

とっても参考になりました。色々試してこの辺りでダメならここも視野にいれたいです。
わたなべ皮膚科・形成外科

でも私の見解と経験でもステロイド同様、プロトピックでも根本的な治療方法ではない。
あくまでも短期的にどうしようもない症状(特に酷い症状の皮膚炎やアトピー性皮膚炎
に)短期的に使用する事で効果的な治療方法の一つはない。

尚その場合、極度のアトピー性皮膚炎等の悪化した状態での使用方法には
ステロイドで炎症を抑える。(この際微量のステロイドでなく強めのストロング
タイプのステロイド)で短期集中で使用、その後プロトピックを塗るのが定石だと言われているそうです。

極度のアトピー性皮膚炎の人の悪化状態では上記のような使用方法が効果的で確実な治療方法だと今でも認められているそうです。

どちらにしても、今回の事で20年来皮膚科医にかかった私なりの見解は、医師任せにはしない。

 

プロトピック副作用ほてりまとめ

皮膚科医に言われるまま、長期のステロイドや、それに続くプロトピックを使用してきた筆者が体験した副作用は結構悲惨な状態だったと思います。

あの赤み、ほてり、ヒリヒリ、かゆみは本当に独特で、それが酒さ様皮膚炎だと誰1人指摘してくれる皮膚科医がいなかった事にも驚きを感じました。

顔に出るアレルギーや湿疹は女性なら誰もが強いストレスを感じるモノだと思います。

あらゆる名医と言われる皮膚科医を探し訪ねたにも関わらず、誰1人酒さ様皮膚炎だと診断してくれた医師はいなかったのです。

30年近い年月の間ステロイド、プロトピックを使用してきた私の症状は間違いなく酒さ様皮膚炎だったと思います。

それが証拠に脱ステ、脱プロの期間を経て今では、完全に完治、5年間の間、あれほど1ヵ月と開けずに通い続けた皮膚科には足を踏み入れていません。

是非みなさんも医師の診断が全てと思わず、皮膚アレルギーの人でステロイド、プロトピックを使用している人は一度思い切って脱プロ脱ステをチャレンジして見て欲しいと思います。




Sponsored Link