うの目たかの目
独女のお役立ち情報
VIO脱毛

ケノン脱毛効果なしと言われる3つのデメリットと8つのメリット

ケノン脱毛効果なし

自宅用脱毛器の中でも断然人気のケノンですが実は脱毛効果なしとの口コミも少なくないようです。

数ある自宅用脱毛器の中でも今だ楽天でナンバー1のケノンの脱毛効果なしと言われる理由や筆者自身ケノン愛用者として感じた3つのデメリットと8つのメリットとを合わせて紹介します。

是非今からケノン購入を検討中の人は参考にしてもらえたら、と思います。

自宅用脱毛器ならケノンが一強です↓

ケノン公式ページで見てみる

ケノンの脱毛効果なしの真相

自称脱毛ジプシーの筆者も当然ケノン愛用者として5年間ケノンを愛用していました。

そこで今回は実体験を元にケノンが脱毛効果なしと言われる真相や、筆者自身の実体験を踏まえてケノンの脱毛効果なし、ありについての真相を考えてみようと思います。

ケノンが効果なしと言われる3つのデメリット

ケノン購入後5年間使用して、筆者自身が感じたケノンのデメリットと口コミを照らし合わせて考えてみたデメリットです。

  1. ケノンは光脱毛で効果遅い
  2. 光脱毛はVIOの黒ずみに効果がない
  3. セルフケアだから適正照射力が分からない

1:ケノンは光脱毛で効果が襲い

ケノンは自宅用脱毛器ですが、脱毛器の中でも光脱毛の種類になります。光脱毛はエステや大手チェーン店で展開されている安価な価格のプランで利用されている事がほとんどです。

その為医療脱毛に比較して効果は、かなりゆるやか、医療脱毛が5回から8回で完了のところを光脱毛の多くは、その倍の回数の施術が必要と言われています。

その為効果を感じにくい事が効果がなし、と思われる1番の要因かなと思います。

2:光脱毛はVIOの黒ずみに効果がない

自宅でこっそりVIO脱毛をする予定で購入した筆者でしたが、肝心のVIO脱毛には黒ずみがあるせいで全く効果がありませんでした。ケノンの公式ページにも黒ずみや色素沈着のある部位への照射は勧めておりません。

ケノン意外のエステ脱毛でもVIO脱毛を経験していた筆者ですが、確かにVIOの色素沈着や黒ずみには効果が無いと、やんわり説明された経験があります。

肝心のVIO黒ずみに脱毛効果が無いのもかなりガックリなポイントでした。

3:セルフケアだから適正照射力が分からない

そして最後にセルフケアと言う名の元の脱毛は適正な照射力が分かりません。

ケノンの取り扱いに最初は1番弱い出力から、徐々に強くして様子を見て照射するように記載してあり、当然その通りに使用する人が大半だと思いますが、筆者の感覚だと、そこそこの出力で照射を繰り返しコンスタントに行う事が1番大事です。

そしてコンスタントなお手入れと、適度な出力の強さこそ、自己判断の名の元お手入れをするからこそ、曖昧な目安となり適当なケアになりがちです。

適度な出力とコンスタントなお手入れ(2週間に1度)を1年しっかり続けて効果が無い人はそうは居ないと思いますが、自宅用脱毛器=家にあるからいつでも脱毛可能、となると不思議の人はいつでもできるから平気状態になってしまう人が多いのも人の常なのかなと思います。

結果忘れた頃、適当に刺激を感じない(痛くない)出力でセルフケアを行うと、ほぼ効果なしの結果になりガチです。

これらの3つの要因が重なる人が多いのが最大のデメリットかなと思います。

ケノン8つのメリット

対するケノンの8つのメリットも紹介しましょう。

  1. 2週間に1度の照射が良い
  2. 照射レベル1~10段階で選べる安心感
  3. やりたい時、気が向いた時できる
  4. 痛みや熱さはほぼ無い光脱毛
  5. ボディ顔も2種類のカードリッジで対応可能
  6. 眉毛脱毛器も地味に嬉しい
  7. エステ機能でWの美容効果
  8. VIOも黒ずみが無ければ問題無し

1:2週間に1度の照射が良い

通常のサロンでも1ヵ月に1度の施術が多く医療脱毛に関してはレーザーの出力と脱毛効果の高さから2カ月に1度の施術を推奨するクリニックが多いと思います。

そんな中セルフケアのケノンは自宅に居ながら2週間に1度のコンスタントな脱毛が推奨されているので気軽にボディケアの一環で取り入れる事が可能です。

マメなセルフケアが大好きな女子にはもってこい。

2:照射レベル1~10段階の選べる安心感

セルフケアとはいえ、脱毛の出力もケノンの推奨するように1からスタートして徐々に出力を上げて様子を見ながら脱毛できます。

痛みに弱い人は回数を続ける事で着実な効果が得られるし、少し早く効果を感じたい人は平均より少し高め設定で出力を選ぶなど、1から10なら幅広く選べて安心感もありますよね。

3:やりたい時、気が向いた時に出来る

サロンやクリニックのように予約必須の必要もなく、気が向いたらいつでも気軽に出来るのが自宅脱毛器の強みです。

そしてお風呂上りやお休みのリラックスタイムに気負いなくできるのもケノンの強み。他人に施術してもらうと出かける前からファッション、ヘア、メイクを考え、その上同性とはいえ妙な緊張感を持って施術してもらうので苦手な方は少なくないでしょう。

ましてやサロンも医療クリニックも当日キャンセルでキャンセル料が発生するところも少なくないので体調の変化が著しい女性には尚更ストレスになりますよね。

4:痛みや熱さはほぼない光脱毛

痛さの尺度は人それぞれですが、痛みに弱い人って世の中少なくありません。

敏感な人には光脱毛のケノンや自分で出力を選べるケノンは、ストレスなく続けられる理由の一つになるかもしれません。

医療脱毛やサロンでも痛さを理由に途中挫折する人って多いらしいので。

5:ボディも顔も2種類のカードリッジで対応可能

ケノンは全身に対応可能な自宅用脱毛器ですが、顔もボディも使用可能だけど、顔やVIOなど細かいパーツが心配になりますよね。

でもケノンなら特別なテクニックがなくても2種類のカードリッジがあるので顔の鼻下や額VIOのIOラインなど細かいパーツでも楽々照射が可能です。

6:眉毛脱毛器も地味に嬉しい

眉毛のムダ毛って地味に気になりますよね。絶対なくていい所で毎回必ず毛抜きで抜いてお手入れしてる、そんな眉下のムダ毛には眉毛専用の毛抜きがケノンにはついています。

嬉しい眉毛脱毛も可能なので、これ地味に得点高いと思いますよ。

7:エステ機能でWの美容効果

ケノンには脱毛だけでなく美肌効果のあるエステ機能も備わっています。余程の敏感肌の人でない限りケノンのエステ機能も想定外に評判がいいので脱毛と一緒に美肌のお手入れもしてみるとWでお得です。

8:VIOも黒ずみがなければ問題なし

VIOの黒ずみには光脱毛であるケノンは効果を発揮しない、と冒頭で説明しましたが、黒ずみがないわ、という人は問題ありません。

多くの女性はIラインに黒ずみが集中していると思うのでVラインを自然な脱毛なら何ら問題ありません。

ケノン公式ページはこちらから☟

家庭用脱毛器ケノンをもっと詳しく

ケノンVIO粘膜ギリギリ効果(体験レポ)

高額家庭用脱毛器も美容エステでのVIO脱毛も経験済みの私が、まだまだVIOの気になる部分が粘膜ギリギリへの脱毛です。

だってVIOの外側の毛は脱毛出来ますが内側(粘膜)に近くなればなるほど効果が無いのです。(エステ脱毛も含め)

だからこそケノンに期待して購入しましたからVもIもOも粘膜ギリギリへの効果は期待地が高かったのです。

ケノンVIO粘膜ギリギリは効果無し!

ここもせっかちな人の為に結論から、VIO粘膜ギリギリケノンは効果ありません!

ここまで読み勧めてくれた、あなたなら察しがついたでしょうが、小さめトライアングルの形に整えられた私のVIOは粘膜ギリギリラインだけ毛がっもっこり状態です。

だからこそケノンでVIOの粘膜ギリギリ効果を狙い購入したのです。

当然VIO全剃りで中側の粘膜部位への集中照射を1ヶ月に1度の割合で10回程は懲りずに照射しました。

そして部位がデリケートゾーンなだけに痛みや熱さを恐れてわざわざアイスノンでVIOを照射前にはチンチンに激冷えさせて照射レベルも5や6の高め照射でチャレンジしてます。

でも10回以上のお試しで、私が出した結論は、効果無し。

ケノン脱毛効果まとめ

  • 脇や手足などボディ脱毛にはケノンの脱毛効果は高い
  • 顔の産毛にも対応の高スペック脱毛器
  • 旦那や思春期の子供の体毛など家族で一台が費用対効果が良い
  • エステ機能もついてWの美容効果
  • 通常のVIOなら脱毛効果あり。
  • VIOでもマニアックな粘膜ギリギリラインには効果無し
  • 背中などはセルフケア出来ません
  • 効果はあるけど回数はこなす必要大大大

結論から言って、費用対効果を考えたら上記の条件からも下手な街の美容エステで長いローンを組んで通うより自宅ケアで家族に1台で完結するのでケノンはお買い得だと思います。

ケノン公式ページはこちらから☟

家庭用脱毛器ケノンをもっと詳しく見る

何より価格帯の安価なことや、購入者ユーザーの多さが信頼の証です。

全身脱毛したい人や、子供さんが見える方、最近では男性のヒゲ脱毛もエチケットとして営業職の方などは積極的に受ける人が多いと聞くので家庭に1台あっても良い脱毛器だと思います。

ただ私のようにマニアックに色々な脱毛を繰り返し最後の砦とばかりに難関部位の脱毛を完結させたいと言うゴールがハッキリしている人には向いてないのかもしれません。

VIO脱毛はやっぱり医療レザー

美容エステ脱毛もダメ、家庭用脱毛器ケノンもVIOの粘膜ギリギリラインに効果はありませんでした。

それでも諦められなかった私が行きついた先が、探しに探して唯一の望みとして見つけたのが医療脱毛だったのです。

ただし医療脱毛でもVIOの粘膜ギリギリの施術を認めているクリニックは一部です。

是非通常のVIOラインなら問題ありませんが、私のような粘膜ギリギリの内側のVIOヘアを無くしたい方や、毛量を少なくしたい方、もしくはパイパンにしたい方、そうした方には是非、医療クリニックの粘膜ギリギリ施術が可能だとうたったクリニックを探しましょう。

これかなり重要ですからね。

私も途中で気が付いいて「ハッと」我に返りました。

粘膜ギリギリラインを照射してくれないなら意味ないじゃん!

粘膜ギリラインはアリシアクリニック

そうした中で医療脱毛でも、しっかりVIOのハイジニーナ脱毛(パイパン)施術をメニューに入れてるクリニックは現在ではとっても多いです。

海外志向なのか、有名アスリート(ロナウドや香川慎二)さんらが全身脱毛VIOも含むを脱毛している事が本人の口から公表されたりとかの影響なのか・・・

一気にこの1~2年でハイジニーナが浸透してます。

でも重要なのはハイジニーナでも粘膜ギリギリ照射が可能なクリニックです。私もつい最近までハイジニーナ脱毛をしているクリニックで某有名美容整形外科とアリシアクリニックとでかなり迷っていました。

それは両クリニックがハイジニーナ脱毛メニューがあったらてっきり粘膜ギリギリ施術が可能だと思っていたのです。

ところが某有名美容整形外科クリニックは粘膜ギリは許容してないとの情報を見つけたのです。危ない所でした・・・

私からしたら粘膜ギリギリラインを施術できるかできないかでハイジニーナ(パイパン)が可能か否かの分かれ道です。

その点アリシアクリニックは、ハッキリ自身のホームページでも粘膜ギリギリラインの施術が可能と好評されています。

もうアリシアしかないって感じです。

粘膜ギリギリはその決め手としては、かなりのボーダーラインなので是非みなさんもVIOの粘膜ギリギリ照射をして欲しい願望がある人はアリシアクリニックに決めて下さい。

私の心は完全にアリシア1本です☟

アリシアクリニック公式ページ