うの目たかの目
独女のお役立ち情報
VIO黒ずみ

VIO黒ずみにハイドロキノンは効果無し!即効性無しの実体験レポ

VIOの黒ずみにハイドロキノンの効果があるのか?今や美白美容成分として市民権を経ているハイドロキノンですが、デリケートゾーンの黒ずみには効果が無し、と言い切れます。

ハイドロキノンの美白効果も認識しつつ、何故VIOの黒ずみにハイドロキノンが効果が無いと言い切れるのか2つの理由を実体験として紹介したいと思います。

VIOの黒ずみにハイドロキノンは効果無し!

単刀直入に言いますが、VIOの黒ずみにハイドロキノンは効果ありません。

言い切れる根拠は、筆者自身がVIOの黒ずみケアにハイドロキノンを使用した事がある事にあります。

美白効果の高さから近年ハイドロキノンは、美白ケアに余念がない女性の間でも効果の高さが評判の美白成分です。

でもVIOの黒ずみに筆者は1ヵ月ほど使用しましたが、効果は無かったと感じています。

そう全く効果は感じませんでした。即効性を求める筆者にはガチで効果は感じませんでした。

ただ顔の美白ケアと同じで、どれ程高級な美白美容液でも数カ月のスパンから数年のスパンで使用して、何となく効果を感じる、という緩やかな効果はあるのかもしれません事をご了承ください。

その理由とハイドロキノンが、どんな成分で、どうしたら高い美白効果を発揮する特徴を持った成分かを紹介する必要があると思います。

ハイドロキノンとは

ここではハイドロキノン成分について紹介したいと思います。欧米を中心に美白美容成分として知られるハイドロキノンは欧米でも「肌の漂白剤」と言われる程の高い美白効果が認められた成分です。

従来の美白成分として使用されていたビタミンC誘導体や、アルブチントラネキサム酸など美白ケアに余念がない女性が聞きなれた成分の何十倍もの美白効果があると言われている成分がハイドロキノンなのです。

そんな高い美白効果が認められたハイドロキノンが効果を発揮すると言われるのは以下の肌悩みに効果的だと言われています。

  • 紫外線などを浴びて出来なシミ
  • 加齢が原因で出来たシミ
  • ニキビやニキビ跡の色素沈着
  • 火傷やケロイド跡
  • 身体の黒ずみ

濃度が高い程、美白効果が高いと考えられますが、ハイドロキノンの効果が高いからこその副作用を加味して厚生労働省では市販の化粧品に配合されて良いとされる濃度を2%以内の許可としています。

それ以上の濃度は医師の処方の元でしか許可が許されていません。

とはいえ、筆者の場合は、いずれも医師の処方の上、ハイドロキノンを使用しています。2回使用していますが、どちらも皮膚科医と産婦人科と言う医師が処方してくれたハイドロキノンを各1ヵ月ほど使用しているので、1ヵ月での効果は無いと言い切れます。

VIO黒ずみにハイドロキノンは即効性無し

ハイドロキノンが高い美白効果がある事は、冒頭の紹介で理解してもらえたと思いますが筆者が使用したVIOへのハイドロキノンは残念ながら2度ほど使用していますが、効果を感じる事は全くありませんでした。

【実体験レポ】VIOハイドロキノン1ヵ月使用

実体験のVIOハイドロキノンは、どちらも市販のハイドロキノンではなく最初は皮膚科医の処方の元、顔の薄いシミにレーザー治療を相談に行ったらレーザーよりハイドロキノンを、との事処方された物をVIOにせっせと使用していました。

この時の使用は2カ月までは使用してないと思いますが1ヵ月半くらいはVラインの黒ずみに使用してみましたが、1ヵ月半の間全く効果を感じる事はありませんでした。

もう一つは産婦人科での処方で、今度は、しっかりVIOの黒ずみへの処方でハイドロキノンクリームを処方、濃度の高さは書いてありませんでしたが、こちらも量が10gくらいのミニジャーに入っていたことと、使用期限が、どちらも1ヵ月だった事から1ヵ月で使いきりました。

そして1ヵ月でのハイドロキノンはVIO全体にしっかり塗り込んだものの、効果を感じる事はありませんでした。

という事で結論は、美白効果が高いと言われるハイドロキノンですが短期集中での使用でVIOの黒ずみには効果無し、という結論となります。

VIOハイドロキノンは1年以上は見るべき

顔の美白やシミケアも同じように、レーザー治療のような即効性はありません。

強いて言うならば、ハイドロキノンも1年以上の長期使用なら効果があるのかもしれません。でも個人的に思うのですが、お顔の美白ケア同様なのですが年中無休で美白ケアに取り組む女性は少なく無いはずです。

一体どれ程、確かな効果を感じている人がいるのでしょう。

当然お顔の美白ケアは、保湿や潤い、艶感などVIOの黒ずみとは違う全体像の感触や総合点などの観点から効果を感じる視点も大きく違います。

何にしても美白もシミケアも色素沈着も根気がいる自宅ケアに、変わりは無いので、コツコツと日々のケアに取り入れて様子を見れる、という気の長い人にはハイドロキノンでのVIO黒ずみケアを試す価値はあるかもしれません。

ハイドロキノンとトレチノインの成功体験

結論はハイドロキノンでのVIOの黒ずみに効果を速攻感じる事ができず、途中でリタイアした筆者ですが、ハイドロキノンそのものの美白効果を疑っている訳でもありません。

理由はハイドロキノンでの美白や黒ずみケアに成功体験があるからです。

ただし、それはVIOの黒ずみではなく、乳輪の黒ずみケアですが、そして条件を加えるなら筆者の経験上、ハイドロキノンにはトレチノインのW使いが必須だと思っています。

トレチノインとは?

それでは今回はトレチノインについて簡単に紹介したいと思います。

トレチノインはビタミンA誘導体といい化粧品として人気がある成分が、これを温和したコスメとしてエイジングケアに使用される事が多いレチノールがあります。

レチノールもシワや小じわ、ニキビ、ニキビ跡に効果的な成分として知られていますが、トレチノインはレチノールより更に、その効果が強くお肌のターンオーバーを早めシミやシワのピンポイント使用で剥離させる効果が高い事で欧米ではFDA(食品医学品局)に認定された若返りの成分として使用される成分です。

特徴
  • 使用2日~10日間は強い炎症が起き赤み、皮むけ、猛烈な痒みが伴う
  • 顔など紫外線の影響を受ける部位は日焼け止めを塗る
  • 妊娠中の使用や、その可能性がある人の使用はやめる
  • 使用期限は開封から2カ月で要冷蔵

ハイドロキノンはトレチノインとのW使いが鉄板

このトレチノインのお肌の剥離効果は効果が高い事のリスクとして刺激が強いのも成分の特徴ですが正しいトレチノインの使用でシミやシワなどの肌を剥離して、剥離した部位に肌の漂白剤と言われる程美白効果の高いハイドロキノンで美白するW使いが1番効果があります。

1:黒ずみ箇所にトレチノインを薄くはみ出ないように塗ります(1日2回)

2:2日~10日間は皮膚が強い炎症を起こし痒み、皮むけ、猛烈な痒みが襲います(この間メラニン色素を排出して皮膚の外に出す効果の表れです)

3:2週間から8週間で炎症や皮むけ、痒みの副作用が収まります。

4:この間トレチノインと同時にハイドロキノンをトレチノインの上にトレチノインより大きめに塗るようにします。

5:トレチノインの最初の剥離効果や炎症が酷く赤身が酷い時は一旦トレチノインを中断してハイドロキノンだけ使用します。

シミ取りには1ヵ月から3ヵ月、シワには半年のスパンが治療の目安です。

ハイドロキノンとトレチノインの限界は乳輪美白

上記のハイドロキノンとトレチノインのW使用で筆者は乳輪の美白をしています。

効果は絶大、但し上記ポイント説明の通り、3番のようにトレチノイン使用による強い炎症と猛烈な痒みが半端なく、掻きむしってはダメだ、と思いつつも我慢出来ない猛烈な痒みに襲われて、何度も掻きむしって乳輪が真っ赤になるという緊急事態に襲われます。

そんな時は休薬期間と割り切り、数日トレチノインを塗らずに炎症と赤身が収まるのを待ち、その間もハイドロキノンは薄く塗り続けます。

赤み(炎症)が収まったら、繰り返しトレチノインとハイドロキノンを塗るの繰り返しで3ヵ月ほど朝晩使用して、ピンクの乳輪の出来上がりです。

これはガチで絶対効果があります。体験者として言い切れます。

VIO黒ずみにハイドロキノン&トレチノインは無謀

乳輪美白で効果があったトレチノインとハイドロキノンの美白ケアで、当然VIOの黒ずみもコンプレックスだったのでVに使用しています。

結論は途中挫折しているのですが簡単に言うと、上記でも説明したように、ハイドロキノン単体では感じないトレチノインによる猛烈な痒みと炎症が我慢できません。

事故レベルの痒みと炎症、(Vは乳輪より広範囲の為尚更です)無視できないレベルの猛烈な痒みや炎症を我慢できると思える人がいるならチャレンジしてください。

筆者は、とてもじゃないですが我慢できません。強烈すぎます。

という事でトレチノインとハイドロキノンのW使用なら、乳輪美白が成功したように、ある程度のシミやシワには間違いなく効果がある、と思います。

ただ広範囲であるVIOとデリケートゾーンと、ただでさえ敏感な部位に、あの猛烈な痒みと炎症を我慢できる人はそうは居ないかな、と思い筆者は速攻リタイアを決意しました。

いくら何でも無理があります。

VIO黒ずみにハイドロキノンまとめ

それでは今回のVIOの黒ずみにハイドロキノンは効果があるか?をまとめます。

  • ハイドロキノンでVIOの黒ずみは短期集中は絶対効果無し
  • 長期戦での使用なら黒ずみへの効果は未知数
  • ハイドロキノンはトレチノインとのW使用が1番効果的(実体験・乳輪)
  • ハイドロキノンとトレチノインをVIOに使用は不可能(実体験)

ハイドロキノンとトレチノインの効果が絶対なのは乳輪美白を経験している筆者には絶対ある、と言い切れますがハイドロキノン単体では、少なくとも目に見える即効性は求められない。

ハイドロキノンとトレチノインをVIOに試した経験があるが、とてもではないが人知を超えた炎症と痒みに襲われVIOの黒ずみなどどうでも良くなるレベルの炎症でした。

とはいえ効果が、あるかないか不確かなハイドロキノンのみをVIOの黒ずみケアをし続けるのは正直億劫、別の方法を模索してVIO黒ずみケアを続行したいと思っています。