うの目たかの目
独女のお役立ち情報
VIO黒ずみ

デリケートゾーンの臭いの原因と対策におすすめ専用ソープ3選!

デリケートゾーン臭い対策

生理や生理前後などのホルモンバランスの変化から女性はデリケートゾーンの臭いもエチケットの一つとして気になる問題です。

今回はデリケートゾーンの臭いの原因と、対策の為の生活習慣や、おすすめのデリケートゾーン専用ソープ3選を具体的に紹介したいと思います。

実はデリケートゾーンの臭いが気になっている人や、トラブルが多々あるかも、と言う人は特に参考にしてもらえたら、と思います。




Sponsored Link

デリケートゾーンの臭いの原因

何だか重いテーマですが避けては通れません。

まずは問題のデリケートゾーンの臭いの原因を明らかにしてみましょう。

  1. 生理前後のオリモノ
  2. 生理中の経血
  3. 暑さと蒸れがもたらす劣悪環境

生理前後のオリモノ

個人差はあるものの多くの女性が多少なり変化が現れるのが生理前のオリモノの量です。多い人は生理前からオリモノシートや生理パットが必要なくらい多量のオリモノが出ますが思春期から20代前半の若い女性程多い傾向があります。

当然ながらオリモノと汗や雑菌が混じった状態となりオリモノシートを頻繁に交換するなど意識しないとデリケートゾーンからは嫌な臭いがします。

生理じゃないからと定期的にオリモノシートの交換をしない人は、少し多いな、と感じたら意識してオリモノシートを交換するよう意識しましょう。

生理中の経血

生理前後のオリモノも臭いの原因ですが生理中の経血は更に劣悪な環境になります。生理中の経血や排尿の尿や汗が菌と混ざり合い、それらがデリケートゾーンの陰毛に少しづつ付着する事から悪臭と変化します。

これを避ける為には、やはり排尿に関わらず定期的な生理パットの交換と、経血の量が多い人はウォシュレットがあるトイレの場合積極的にウォシュレットを使用するなど経血を綺麗に洗い流すのがおすすめです。

経血とオリモノと汗にまみれたデリケートゾーンの状態はとても劣悪です。そしてデリケートゾーンは当然ながら密閉空間なので嫌でも湿度が高く蒸れた状態が続きます。

これらが総合して相当意識していても自分でも認識できるレベルで臭いが気になると言う女性は少なくないはずです。

暑さと蒸れがもたらす劣悪環境

生理前後や生理中の女性のデリケートゾーンが劣悪な環境なのは理解してもらえたと思いますが、それ以外にも暑い夏のデリケートゾーンは密着したショーツと陰毛との密集地帯でデリケートゾーンは自分が想うより菌の温床となり悪臭を放ちます。

これらを回避するにはどんな方法があるのでしょう。

今ではデリケートゾーンの持ち歩きシートなどもあるので、おトイレでの定期的なシートで拭き取るなども効果的な対策の一つでしょう。

それ以外の根本的な対策も紹介したいと思います。

デリケートゾーンの臭い対策のおすすめ

デリケートゾーンの臭い対策は冒頭の女性の生理現象によって起きる臭い減少なので基本はデリケートゾーンの清潔感を心がける事が1番の対策です。

でも、もう少し具体的で効果的なデリケートゾーンの臭い対策のおすすめも深堀してみましょう。

デリケートゾーンと生活習慣の解決策

  • 清潔な衣類・下着
  • 規則正しい生活習慣・食生活
  • 通気性の良いショーツ・ファッションを心がける
  • VIO脱毛する(ハイジニーナ)が効果的

さぁ具体的なデリケートゾーンの臭い対策におすすめの方法を紹介しましょう。直ぐに取り入れられる事から未来の自己投資の一つとしても選択着に入れて是非検討してみてください。

確実にデリケートゾーンの臭い対策に繋がると思います。

清潔な衣類・下着

当然ですが1番最初の入り口でもある衣類や下着はデリケートゾーンの臭いに関係ないと思わないでください。個人的いは多いに関係アリだと認識しています。

いつもクリーンな状態の衣類や清潔な下着を着用する事が身に付いている人は自分の臭いに更に敏感になるはずです。

意識して常に清潔な衣類や下着、髪や肌、靴、爪に至るまで綺麗=清潔と認識して清潔感を心がける事が第一のステップです。

人目に触れる全てが清潔であると、そうでない部分がことさら気になるものです。

規則正しい生活習慣・食生活

規則正しい生活習慣や食生活もデリケートゾーンの臭い対策に重要なファクターになります。しっかりとした睡眠時間、日が高い時間に起きて日が沈んで眠る、そして暴飲暴食せずに規則正しい食生活を心がける事は、冒頭で紹介した全ての清潔感(髪・肌・心)にまで大きな影響を与えます。

大量の飲酒や喫煙が習慣化されている人は、この際意識して変える努力をするのもおススメです。

通気性の良いショーツ・ファッションを心がける

その上で通気性の良い素材(綿100%やシルク)を選び、通気性の良いショーツのデザインを選びましょう。対極的なナイロンやポリエステルなどの化学繊維で強い締め付けでボディラインを整えるガードルやボディスーツはおすすめしません。

身体に強いストレスを与えるし、締め付ければ締め付ける程、デリケートゾーンに臭いがこもるので全くお勧めしません。

理想的なショーツは好き嫌いはあると思いますがTバックや、逆にふんどしパンツのような開放的なモノがおすすめです。

VIO脱毛する(ハイジニーナ)が効果的

最後が究極的で1番デリケートゾーンの臭い対策には効果的だと言い切れるVIO脱毛をしましょう。その中でもハイジニーナが鉄板でおすすめです。

ハイジニーナ(無毛)にどうしても抵抗がある、と言う人にはせめてIOラインは無しのVIOラインの医療脱毛をおすすめします。

デリケートゾーンの臭い対策には間違いなく、この対策が1番効果的です。理由は明白でオリモノでも生理の経血でも汗も尿も全ての生理現象は残念ながら陰毛に微量ずつ残り、それら菌が腐敗したモノが臭いの原因の最たるモノとなります。

生理現象である排尿も生理もオリモノもデリケートゾーンの汗も止める事は不可能ですが、もう一つの原因である根本的な原因の陰毛を処理すれば、それらが一気に8割から9割は解消されるでしょう。

想像以上にデリケートゾーンの陰毛は女性の生理現象の臭いの元となっています。色々な不快から解消されるVIO脱毛(ハイジニーナ)はデリケートゾーンの臭い対策にも、それ以外にも超おすすめの良い事だらけの対策と言い切れます。





Sponsored Link

デリケートゾーンの臭い対策におすすめ専用ソープ

本当に生理が多い人やおりものの酷い周期の時などに使用したりと使い分け出来るようなデリケートゾーン専用の石鹸も大きな手助けになると思います。

現在出回っている口コミランキングから評判の良かった商品を勝手にランキングでご紹介します。

 

イビザソープ

陰部石鹸

薬用イビサソープは、口コミNo.1ワックス脱毛サロンIBIZA WAX(都内5店舗※2016年10月現在)が開発してる事で
有名なんだって。私も雑誌で見て知ったのが最初だったの。
デリケートゾーンで悩んでいる女子の声をサロンスタッフが聞いて、それを商品づくりに活かしたことから、商品ありきではなく、悩みありきで生まれた商品だから効果があるのは当たり前。
テストを重ね商品化したものを店舗で販売したところ95%以上の女性が満足してリピータになるんだって。
商品に関してはジャムウ成分の他に薬用成分を配合。医薬部外品として厚生労働省に認可、登録されている効果、品質ともに国のお墨付きの商品です。

イビザの提案と強み

デリケートゾーンの臭いにお悩む女性に向けて。
生理中の経血の臭い、オリモノの臭いを徹底ブロック。
陰部の適度な潤いは残しながら黒ずみケアの嬉しい効果も。
天然成分と無添加で敏感肌の女性にも優しい。
泡タイプで泡立てる必要無しの簡単ワンタッチが嬉しい。

 

万が一合わない時は28日間の返金保障もあるからお試ししたい人にも気軽に試せるからおすすめです!



 

ジャウムソープ

陰部石鹸

これもかなり陰部専用石鹸の中では有名だから知ってる人も多いと思いますが、一般的も人気商品のようです。

このジャウムソープの人気は洗浄力の高さより素材そのものの優しい天然成分と植物由来が陰部を優しく洗浄。

ニオイの元の雑菌を増やさない効果があって日本人特有のデリケートゾーンやニオイケア成分が配合されているのも大きなポイントの一だそうです。

こちらは黒ずみにも効果のある成分配合なので価格で迷ったらこのジャウムソープも安心してお勧め出来ます。



 

コラージュフルフル泡石鹸

陰部石鹸

 

ムレによる痒みが勃発した時に優しく対応してくれる製薬会社から発売されている事がある種の証明となっています。

デリケートゾーンの強いかゆみやニオイでも解決してくれます。

もうムレてしまって痒みが出てしまったデリケートゾ-ンには普通の石鹸はかなりの刺激に感じるはずなのでトラブルがある人にも低刺激でおススメできるソープの一つです。

コラージュフルフル泡石鹸は悪い菌の増殖を抑えてくれるので、デリケートゾーンの菌の状態を正常に戻してくれる効果は抜群です。

もちろん性病なんかの本格的な痒みだとちょっと手遅れな場合もありますが、清潔に保ってムレが原因の痒みにはピッタリです。

それと固形石鹸と違いポンプ式の泡で直ぐにデリケートゾーンだけ洗浄できるのも面倒じゃない使いやすさのお勧めポイントです。

 

価格も手に取りやすい低価格で妊婦さんにも使用できるのもお勧めのポイントですね。



デリケートゾーン臭い原因対策まとめ

多様する現代人の悩みは陰部にまで至る今、改めてこの時代に生まれた事に感謝を感じたりします。だって江戸時代とか明治ならやっぱり色んな意味で衛生面でも気持ち良く生活できる訳ないですもんね~そう考えたら綺麗を諦めない女として益々心地良いライフスタイルとベストな自分を目指す事こそ美しい自分に近づく道のりなのかもしれませんね。




Sponsored Link