飛ぶ鳥跡を濁さず
ここにサブテキストを入力できます。
酒さ様皮膚炎

肌断食の効果的取り組みと初期の離脱症状を最大限防ぐ5つの対策

肌断食

肌荒れの原因は人それぞれですが、日常生活の中で一番に
女性が思い付くのはやはり毎日の肌ケアで使用するスキンケア
があっていない?と思う事ではないでしょうか?

イマイチ使用したのはいいけど、肌が敏感になってしまった。
こんな肌荒れおかしくない?と何をしだしても調子の戻らない
お肌の不調期は誰でも経験があるはずです。

そんな女性の最後の手段にお勧めするのが肌断食です。

私も雑誌で何度か見た事はあったけど、いつも過保護に与える
事が当然の美容が身に付いていて最初はまるで他人事でした。

でも自分の酒さ様皮膚炎になったきっかけで必要に迫らえれて
肌断食始めたら、リバウンド状態が落ち着いてきた今、これまで
感じた事の無い様々な効果を感じているのです。

そこで荒治療ではありますが、あえて塗らない期間を作る
肌断食をご紹介したいと思います。




Sponsored Link

肌断食するメリット

ダイエットなんかに良く使用される言葉の断食。これを肌で行って見る行為を肌断食って言います。

当然肌の場合はダイエットとは違い肌に使用する全ての物を排除する~これが念頭に初めてみましょう。

スキンケア商品の全般とファンデーションやアイカラーなどのメイクアップなども排除するのが理想だと考えています。

これまで当たり前に与え続ける事で綺麗にさせようと肌に塗り重ねてきた石油系化粧品の数々を全てストップする事で肌本来の自然治癒力を高める効果。これが一番の狙いで、この力は誰もが持っている肌本来の姿でもあるのです。

簡単に言えばこの、自然に備わっているはずの力を引き出す方法が肌断食です。

酒さ様皮膚炎の私が肌断食で感じた効果

元々脱ステしてプロトピックの長期使用を余儀なくされて使用してきた私がついにプロトピックも効果が一切聞かずに困り果ててその症状から一念発起して自分で調べていきついた答えが酒さ様皮膚炎でした。

そこで脱プロを決意して当然の超絶リバウンド生活に突入。

久しぶりの超絶真っ赤な湿疹まみれな状態からようやく解放されたのは、ここ4日間くらいの話です。
脱プロして正直色々調べるうちに、これは正直2.3カ月かかるかもしれない・・・と思いつつ始めたからにはとことん貫き通す覚悟で始めた脱プロ酒さ様皮膚炎生活。

当初選択の余地なく始めた肌断食ですが、その炎症症状がようやく収まりつつある頃に、少量のワセリンを使用してそのまま今に至る脱プロ生活ですが、この4日間みるみる顔が綺麗な状態へと変化してきています。

まだまだリバウンド状態が広がった事で首などに赤みはないものの、細かな湿疹が広がっている私ですが、今の綺麗な状態は正直2カ月ぶりくらいかな~って感じです。

もっと簡素に改善した事を箇条書きに挙げると

ニキビ(細かな赤い湿疹)
吹き出物
肌荒れ(炎症)
毛穴
超乾燥肌

このどれもが化粧品でも、皮膚科医の勧めるプロトピックでも直せない日々が2カ月程続いていましたが、この脱プロ生活開始から肌断食開始してみるみる改善した症状です。

思い切って肌断食して良かった~脱プロもね。一時は外出も出来ない程の見事なリバウンド状態で目まいがするレベルの湿疹と炎症で顔は真っ赤か状態だったのに、今では嘘のような状態まで回復。想像より早い回復に喜んでいます。

世間で効果があると言われるメリット

私が感じた肌断食の感想意外にも世間で言われるそのメリットと評判はこんな感じです。

化粧ノリが良くなる
肌のキメが整う
肌の張りを感じる
極度の敏感肌の改善
オイリー肌の改善
毛穴つまりの改善

ありとあらゆる化粧品で溢れすぎているからこそ、原点に返って肌断食する事によって肌本来の力を取り戻す最終手段の肌断食がどんな高級な化粧品よりもお金を掛けずにここまで効果があるなら試してみる価値はあるかもしれません。

肌断食の効果の始まり

では始め方の方法とその期間ってどれくらいかのかが目安が分かりませんよね?
そんな肌断食を知らない人の為に始め方をご紹介。

肌断食から初期の離脱症状とその関係

本格的に初めて1カ月くらいで初期の離脱症状が現れる人が多いと言われています。それが肌断食開始から一時的ですが症状が悪化したような現象が現れる期間の初期状態となります。

多様な化粧品に頼り過ぎのスキンケア

開始から1カ月~2カ月くらいの期間

これまで私のように日常生活の中で敏感肌に揺らぐたびにステロイドやプロトピックで抑えていた人や薬まで使用しなくても高級なお化粧品でコントロールしていた人は、この期間に自分本来の肌の悪化状態が吹き出てくる人が多いそうです。

肌の自然治癒力を育てる

開始から1カ月から3カ月くらいの期間

これはあくまで目安です。もっと早く症状が落ち着く人もいますし、私の場合は離脱症状からまだ1カ月たっていませんが3週間目でリバウンド期間を終えて今ではグングンと明かな改善方向へと向かっています。

健康的な美肌の基本を目指して

開始から3カ月以降の安定期間

肌断食の継続によって肌本来の自然治癒力が高まって自然な状態にターンオーバーが起こせるような状態まで戻せている期間で、この辺りまでくると日常的な肌の不調は化粧品などからではなく日常生活の中での食生活や睡眠時間に人間関係などから受けるストレスが原因だと自己判断が出来るようになってきます。

この上記の流れからいっても最初の段階で現れる症状悪化さえ乗り切れたら、それ以降はどんどん肌断食の効果を感じられるような自然治癒力が取り戻されてくると考えられています。

私の場合は脱プロ状態で薬からのリバウンドがかなり酷かったですが通常でも少し肌荒れ状態が出たりする人の報告がある位で人によってはその悪化症状がまったく出ないという人も沢山見えるみたいなので、決して肌断食=悪化症状が出ると言う事ではありません。

肌断食で離脱症状が酷い時

ここまででいかに肌断食が最後の荒治療とは言えその効果が素晴らしい結果を招いてくれる事をご紹介出来たかと思いますが、それでも、日々乾燥対策や美白対策、肌の張り対策と大金をつぎ込んでお化粧品でのケアを行っている女性にはやっぱり『肌断食』を行う事によってガザガザの肌にならないか?ボロボロのシワシワにはならないか?など心配が付きませんね?

それは当然だと思いますし、私自身も今までそう思いこの『肌断食』に取り組めなかった大きな理由の一つです。

極端に見える好転反応の捉え方

先ほども触れた一時的な肌断食による初期段階の症状悪化が見られる場合の典型的な症状です。

顔の酷い皮剥け
極度の乾燥状態から粉拭き状態
皮膚表面の過敏状態からピリピリとした痛み
肌のツッパリと火照り(軽い炎症)

このような急激な変化によって起きる好転反応を普通であれば『肌断食』のせいでこの症状を起こしてしまった。と思う人が多いと思います。でもよく考えてみて、この状態こそが今まで薬や過度の化粧品で抑えていた肌内面の症状かもしれませんよ。

究極に悪化した時の対応

そうです。こうした肌の変化は肌断食を推奨している人なっどによると、好転反応でも悪化でもない、本来の肌状態が一時的な肌断食によって表に出始めている状態だと言われています。

私もそうでしたが、日ごろのお手入れや、少しの過敏状態でもステロイドやプロトピックを常用していると肌はそれに慣れた状態で根本からの完治ではなく肌表面のトラブルを隠す事で収まって見えていただけなのです。

そんな状態でスキンケアを上へ上へと重ねても良くなるものも良くなるはずがありません。
誤魔化し続けて過度なクレンジングや洗浄力の強い洗顔料での洗顔や化粧水や乳液でのお手入れも、表面上のお手入れでしかないのです。

だからこそ、直視できない程の肌反応で一時的に悪化した状態でも、一度それらをリセットするつもりで我慢が必要になります。ここで元の高級化粧品に手を伸ばしてはいけません。

あまりにも肌乾燥が酷くで我慢できない状態の人だけサンホワイト等の(ワセリン)で最低限の保湿だけしてこの時期を我慢する事が重要だと思います。

ちなみに私も元々かなりの乾燥肌で炎症が収まらないうちは何もかも塗らない完全な肌断食を行いましたが炎症が収まってからは直ぐにサンホワイトで保湿だけは行うお手入れいシフトチェンジしています。




Sponsored Link

肌断食を中止するべき反応とは?

でも、乾燥や肌表面のピリピリした状態に私のように脱プロ状態で酒さ様皮膚炎のリバウンドもかねての肌断食の人の中には症状の超悪化や我慢出来ない状況の乾燥など出る症状は様々だと思います。

血が出るほどの乾燥や痛みを伴ったり酷いリバウンドで膿が出たりの状態の人はこのまま続けるよりも一端肌断食を停止して信頼のおける皮膚科医にかかる事をお勧めします。

肌断食の効果の高め方と離脱症状を最大限抑える5つのポイント

私のように酒さ様皮膚炎の脱プロ状態での肌断食の人もいれば通常の敏感肌でどんなスキンケアにしても敏感な状態が収まらない人や、いつものスキンケアラインで全く調子が出ない人。これらの人は段階別いよって始める方法がお勧めです。

敏感肌化粧品にシフトチェンジする

本格的な肌断食を始める前に2カ月から3カ月くらい敏感肌用のスキンケアラインに変えてみるのも一つの方法です。
その他にも合成の強い界面活性剤やポリマー配合の化粧品を避けてみるなども一つの方法です。

オーガニック化粧品に変えてみる

当然これら配合の化粧品を避ける事によってかなり使用出来る化粧品は限られる事は間違いありません。
だって化粧品の大半が先ほど話した合成の界面活性剤使用の物が大半だからです。

私も極度の敏感肌だった事でアレルギーを起こしやすい肌質だったせいで、この辺りは元々かなり敏感に調べて使用していたから色々使用した中で他に浮気しては戻ってを繰り返しているHANAオーガニック化粧品はその中でも天然成分で肌バリア機能に関わるセラミド成分を自ら作り出せる事をコンセプトにしてるので、安心して使用できる化粧品でした。

「肌断食」前の肌のベースづくりには持ってこいのコンセプトHANAオーがニック

HANAオーガニックトライアルセット

クレンジングを辞めてみる
そして一番肌に負担を掛けると言われているクレンジングの見直しをするのも重要かもしれません。石油系の化粧品やコスメラインなどがほとんどとは言えその大半は余程のウォータープルーフでない限り潤石鹸で化粧も落とせると言われています。部分的なメイクはポイントアップリムーバーなどで落とすようにしてクレンジングも潤石鹸にスフとするのもその後の肌断食に備えて効果があると言われているそうです。

本格肌断食前に週末断食と夜断食を取り入れる

この敏感肌用化粧品と同時に行って欲しいのが週末肌断食です。本格的な肌断食の前に週末だけ利用してプチ肌断食でベースを作る事がお勧めです。

具体的には金曜日の夜から日曜日の夜まで何も塗らず、乾燥を感じる部分だけ微量のワセリンを使用する。
これだけで結構私は調子が良かった覚えがありますので、いきなり始める前にベースとしてこの週末肌断食も結構お勧めです。

体内からの栄養素と食生活の見直し

極度のダイエットが肌に与える影響に大きく関係する事も当然の流れだと考えられますので、この時期のむやみなダイエットや偏った食生活も内面からの肌の自然治癒力を強めるのに重要な役割だと考えられます。3食バランスの良い食事を心がけるのは当然の事っですが、その3食の食事内容も極端な油物や肉類などに偏らず、健康的な煮物や緑黄色野菜を中心とした和食を心がけて決まった時間に食事する事も大切な要素となります。

充分な睡眠と禁煙の関係

そして充分な睡眠も言うまでもありませんが、これが出来そうでなかなか出来ない人が多いので最低でも一日7時間睡眠はとる事。どうしても仕事のサイクルで仕方が無いという人以外は基本は夜11時から12時の間の就寝を心がけて朝6時から7時の目覚めを意識する事。

そして言うまでもありませんが喫煙は美肌の大敵です。アレルギーやアトピーの人は当然ですがそうではない人も喫煙が身体いもたらす悪影響を考えたら絶対に禁煙する事をお勧めします。

詳しい喫煙の悪影響はここでは述べませんが、美肌どころか健康被害も確認されている喫煙を辞めない理由がわからない位に体に良くありません。

つべこべ考えず禁煙する事をお勧めします。

健康的な汗をスポーツで取り入れる

そしてラストに健康的なスポーツでの汗をかいて運動する習慣を取り入れる事でストレスの発散と健康的な汗との相乗効果で血流を良くして体内の毒素も出しやすい身体を目指す為には運動不足の解消も一つの解決方法だと考えられます。

まとめ

美容の世界も医学の世界と同じで日進月歩の世界で日々新しい製品が私達の女心を満たすべく開発されています。
だから飽くなき美を追求して次から次へと女達は移り気に色々手に取るのですが、そんな終わりの無い欲求に肌本来がやり過ぎてギブアップしてしまう状態は最悪の状態だとも言えますよね。
だからこそ取り入れて欲しい、『肌断食』結構初めは抵抗あると思いますが大丈夫。
自分の持っている治癒力を信じて是非より良い美肌を目指して自活肌を育てていきましょうね。




Sponsored Link