飛ぶ鳥跡を濁さず
ここにサブテキストを入力できます。
整形

ヴァニラは現在も整形モンスター!両足骨切断計画と自傷行為の過去

ヴァニラアイキャッチー

今や美容整形など若い女性の間でも芸能人の間でも当然
のお約束状態の美容整形。

誰もが綺麗になれる可能性を秘めた美容整形の虜になって
しまった整形モンスターと呼ばれる女性の中に代表的な存在
としてヴァニラを知らない人は居ないだろう。

彼女がこうなった過去の生い立ちには両親の愛情不足と
モラハラがその引き金になった事は言うまでもない。

壮絶な整形街道を突っ走るヴァニラの現在と両足骨切断
計画の今を追ってみよう。

第二のヴァニラにならないために~綺麗でいる事は大切
だけど命に代えられるはずはある訳ないのだから~




Sponsored Link

ヴァニラが整形モンスター化した過去に驚愕

美容や整形等の女性達のコンプレックスをテーマに更新している
当ブログですが、今更、美容整形に反対などとシラケた事を言う
つもりも毛頭ない私ですがそれにしたって時たま現れる中でも
超絶ぶりの整形モンスターヴァニラに関しては心が痛むレアな
ケースの女性の一人です。

いくら自己責任の上とは言え今や日本中でその名を知らない人が
いない程、テレビ出演でここまでの生い立ちと、その並々ならぬ
整形に賭けた高額な金と、月日を考えると重度の整形依存症では
かたずけられない過去があったのです。

ヴァニラの生い立ち

どんな顔で生まれてこようが両親だけはその存在を全肯定して可愛がる。

それが通常の親心だと勝手に思い込んでいましたが、中にはやっぱり
異例の親が存在するようなのです。

それがバニラの父親で、ヴァニラが幼少期に

『ブスと言ってイジメられた』

心細くも父親にこう相談した彼女は父親から驚愕の言葉
を聞かされて更なるどん底へと落とされる事になる。

生い立ち
それも現在に至るまで、恐らくはそのトラウマを引張っている。

彼女の父親はこう言ったそうだ。

『ブスなんだから我慢しろ!』

彼女によると彼女の父親は凄い子供嫌いだったそうだが
あまりにも酷すぎる父親のこの返答に当時何歳だったか
分からないが恐らく『ブスと言われた』と相談するくらい
だがら小学生低学年辺りではないでしょうか?

この言葉がどれほど現在のバニラの人格形成に影響を
与えたのかは今でも現在進行形で美容整形をヤリ続ける
彼女を見れば一目瞭然だろう。

そんな父親の言葉に傷付きながら止むことのない学校での
壮絶なイジメにも『いつか周囲を見返してやる~』

そう心に近い笑わなくなった彼女を周囲は更に

『鉄仮面』とあだ名を付けて笑い者にしたというのです。

この時の逃げ場のない彼女の感情はいかほどだったのか?
知る由もありませんが、18歳でヴァニラは広島の実家から
出て美容整形の第1歩を踏み出すのです。

ヴァニラのこれまでの整形遍歴

そんな多感な幼少期から少女時代を送ったヴァニラがその後
整形に費やした金額と整形箇所はかなり壮絶の一言です。

既に東京美容整形の看板娘になっているヴァニラは最初大阪で
キャバクラ勤めなどの水商売をしながら段階別に整形するのですが
もうやり出したら止まらない、止められない状態になってその金額は
合計3000万円。

骨きり

そして整形箇所はあらゆる箇所を整形しまくりで
してない所を挙げる方が難しいレベルの立派な大改造
ぶりで、完全なる整形依存症はもはや否定できないレベルです。

一応ざっくりと情報が出ている整形箇所を挙げてみました。

目:埋没法=切開法=目尻切開法
鼻:プロテーゼ挿入=4回
アゴ:ヒアルロン酸注射
腕:脂肪吸引
腹:脂肪吸引=2回 脂肪溶解注射
胸:シリコン=2回
頭:何の手術か不明頭蓋骨にボルト数本・・・

自称年齢が2013年で26歳だった彼女ですが実際は10歳位
サバ読みしているらしく35~36歳くらいでは~と言われる
彼女ですが18歳から17年間の間に彼女が美容整形を行った
回数はゆうに30回以上。

費やした金額は3000万円以上と言うから驚きです。

今ではタレント活動もしやすいとの事で大阪から東京
新宿に引っ越してきた彼女は東京美容外科の看板娘として
整形費用は一切かからないとの事・・・

これって尚更ヤバくないですか?汗

ヴァニラの自傷行為は現在も続く

本名、水野乃里江でタレント名ヴァニラはその悲し過ぎる
過去に18歳から実家を出て自立してこの17年の間
30回以上行った美容整形。

果たしてここまでする必要があるのか?と思うレベルで
以前テレビ出演していた時には、そのクリニックでの
カウンセリングで豊胸手術を受けなおす現場の映像で

『もう既に危険水域で、これ以上は大きく入れられない!』

こう言い放つ担当医に、

ヴァニラ
『入れてくれなきゃ嫌!もっと~もっと~先生大きくして~』

豊胸手術に必要な全身麻酔で意識朦朧の中うわごとの
ように
胸
ちなみに元々Eカップだったらしいです…充分やろW

『綺麗になった?綺麗にならなきゃ~』

と言い続ける彼女は、もはやこの世のモノではない異次元
レベルの危険水域な精神状態なのは明らかでした。

テレビ番組で出演していた女医たちも口を揃えて
今の彼女の鼻の状態もかなり危険なレベルな事を
超真剣に訴えており、

『これ以上の整形は絶対にするべきではない』

そう口々に説得する医師たちにヴァニラは
どこ吹く風で『理想の顔フランス人形には程遠い』

「この鼻の形で生きていくつもりはないから。死んだ方がいい。」

こう迷いなく言い放って女医達も口あんぐり状態だった
のを強烈に記憶に残っています。

ヴァニラやべ~最強過ぎる・・・って感じですW

でも、彼女のこの整形依存状態こそ、精神心理学上では
自傷行為と言われているのだそうです。

かなり納得です・・・




Sponsored Link

ヴァニラの両足骨切断計画の現在の様子は?

この止まらない綺麗の追及に彼女はまさかの両足骨切断計画
をエレビで公開発言してました。

この聞いただけで超恐ろしい、両足骨切断計画とは?
152㎝のヴァニラは低身長な事もかなりコンプレックスの様子。

でもってこの世にも恐ろしい両足骨切断計画は通称イリザロフ法と
言われる自身の足の骨を切って伸ばす手術らしく、その方法は
内側法と外側法と種類があるそうですが、とても困難な手術と
言われる中、かなりの激痛を伴う手術としても有名なんだそうです。
両足骨

中国やドイツ、インドや韓国まで行って行う人もいる手術
らしく、方法も聞いただけでムンクの叫び状態の超絶大手術。

”まず1日に1ミリずつ伸ばすので1センチ伸ばすのに10日かかります。
骨は切断して延ばすのですが周りの筋肉や神経はそのままなので延ばすたびに神経などがひっぱられてきて、かなりの激痛を伴います。そのため段々0、5ミリずつしか伸ばせなくなってきます。
また、延ばした部分の骨がくっつくまでに延ばした期間の倍かかるので3センチ延ばすのに最短で3ヶ月はかかります。そこからリハビリになるのでかなり時間がかかります。 ”

”俺は重度のO脚で膝に負担がかかり、将来歩けなくなると言われたのでこの手術をしたんだ。
骨に金具ぶっ刺して無理矢理させれるリハビリはしんどかった。
金具入れてる周りの皮膚が毎回グチャグチャになってたな”
引用元 http://totalmatomedia.blog.fc2.com/?no=645 

しかも半年以上寝たきり状態の超ロングランのダウンタイムなんだとか、費用は焼く800万円らしいけど、ここまで行って5センチ伸ばすのがマックスらしい・・・

超ハイリスクな手術なんだそうです。

ヴァニラがこの両足骨切断手術を踏み留まる事を願うばかりです・・・ヤバすぎます。

ここまでのハイリスクで152㎝が157㎝になったとこでどうなん?って感じです。汗

ヴァニラ信者も続出中人気の秘密

プチだなんだと整形に馴染みのある女性も多い現代人の中でも
この筋金入りのヴァニラの整形街道はまさにモンスター。

だけど、このモンスターぶりに恐怖を感じる所か、憧れる女子が
信者化となって増加中らしいのです。
ヴァニラ信者
歯に衣着せず堂々と
「美容整形で美しくなることは悪いことじゃない。
そういった偏見をなくしていきたい!」

そう発言して、そして今だに究極の整形モンスターとして
究極の美を追及するヴァニラの生き様や考え方は、多くの
美容整形に悩む女性に共感を覚えさせヴァニラ信者までが
表れているんだそうです。

時代が生んだモンスターヴァニラは自分の顔のコンプレックスに
悩みながらも世間体を気にして1歩が踏み出せない多くの女性を
後押しする存在になったのかもしれませんね。

おわりに

私もヴァニラまでも行かずとも目の修正手術を望んでいる一人です。整形って図らずともやり出したらヴァニラまで極端では無くてももっともっとと言う欲求が強くなるのは間違いないかも、でも彼女の場合はやっぱり根底には父親が罪だな~と思うのですがいかがですか?少なくとも私の母親は初めて整形を打ち明けた時とても悲しい顔をしたのが忘れられません。自分の為に綺麗にしたのに母譲りの顔にメスを入れた事を母親には申し訳ないと思えます。でもヴァニラのような両親なら~と思うと彼女を一概に否定は出来ない。ただもうこの辺りで止めなくちゃマジヤバい感じなのでストップヴァニラって感じです。




Sponsored Link