飛ぶ鳥跡を濁さず
ここにサブテキストを入力できます。
黒ずみ

脱毛処理やり過ぎも原因?黒ずみや色素沈着どうしたらいい?

陰部脱毛

もはや現代人にとって陰部周辺のアンダーヘアーのお手入れは今やしてて当たり前の時代に突入したといっても過言ではありません。

脱毛処理と言っても当然通常であれば自宅での自己ケアから手を付ける方が大半だとは思いますが、毛のなかった場所に少しずつ、でも確実に毛が生えてくる事で違和感と妙ないやらしさを感じて、ついつい、ワキの処理と一緒に脱毛処理してしまうのがお手入れの始まりですよね?W

正直いってお年頃な年代では年中あまりこの脱毛処理に関しての意識は大差ないような気もしますが、それでもやっぱり冬場の寒いシーズンよりは、この夏真っ只中の海開きシーズンは、今まで大自然派だった人も慌てて海やプールに備えて一斉お手入れを開始するシーズン到来と言っても過言ではありません。

そんな脱毛処理と黒ずみや色素沈着との関係を今日は徹底調査してみようと思います。

脱毛処理のやり過ぎ伝説によって黒ずみになっちゃった~という私の経験からもこの因果関係を正しく調べてみようと思います。

是非自然派のみなさんも明日は我が身と思って一読してみて下さいね♪

アンダーヘアーのお手入れはもはや当たり前!

これに関しては、正直言って処理してない人の方が現代ではマイノリティー(少数派)なのではないでしょうか?

今やひと昔前とは違いワキの脱毛と聞いて、ビックリした私達の世代とは違い(アラフォー)です。

ハイジニーナ
脱毛と言ったらアンダーヘアーも当然やるでしょう?何ならハイジニーナでしょう?(無毛化)という程の時代です。

それは女性に限らず若い年代の男性の間でも毛深い事=清潔に見えない=の認識で濃い目のヒゲとアンダーヘアーやVIOのケアまでお手入れする美容期間が増加していると言われている時代です。

凄い時代ですよね?

メンズエステやメンズ専用の美容脱毛エステが都内では人気らしいですよ。

このような流れで今や脱毛と言ったらワキに限らずアンダーヘアーもお手入れはエチケットでしょ?な感覚の女性はおそらく多いと思います。

私の時代はワキの脱毛でさえ、何だか物凄い革新的な事に手を出す気分でしたが今やワキ脱毛なんて脱毛エステの中でも新規お客の勧誘として客引き用のワンコインを打ち出すなど、もう価格破壊状態に突入しているのです。

ワキなんかじゃお金にならないとばかりに力を入れだしたのが全身か、もしくはアンダーヘアー解禁でVIOの脱毛とさらに上を目指す人には陰毛のハイジニーナ化(無毛化)をセールスする時代です。

ロナウド
ちなみにあのサッカー界のレジェンド?ポルトガルのロナウドも全身脱毛で全身無毛化状態なんだそうですよ。

あんなスター選手に憧れて今や男性の中にも全身脱毛を取り入れる人が珍しくないというのだから時代の変化を感じますね。

凄い時代です。私自身も残念ながらの超絶剛毛多量に悩まされて自宅でコソコソとカミソリで剃ったり抜いたりの過去を振り返りながら、現在のアンダーヘアーの脱毛事情は凄いな~と感心している次第です。汗

脱毛処理のやり過ぎが黒ずみの原因になる?

はい!これやり過ぎ伝説ですよね~

正直体験者として思うのですがこれ黒ずみの原因になると思います。

結局大自然でいられないから自己処理での脱毛を始めるんですよね?陰部周辺のアンダーヘアーもワキ毛と同じで一度処理して二度と生えてこないとか、次生えてくるのに凄い時間がかかるとかじゃないですよね?汗

カミソリ
当然処理しても生きている以上、次の毛は毛根サイクル状直ぐに皮膚上にこんにちわをして黒々と現れます。

個人的には処理すれば処理するほど毛根サイクルは速く時短化しているのではないか~と思う程、カミソリ処理は速攻で生えてくるのです。

まだ毛抜きは遅くなりますが、カミソリ処理はもうほとんど男性のヒゲと同じで速攻です。悲しいくらいに。
そして沿って綺麗なワキや陰毛をキープして満足している私達悩める乙女が、速攻で生えてくる毛を放置できますか?

答えはNO!です。

もうチクチクした状態で生えてくる毛が気になって気になって、ついつい皮膚上から黒い点々で顔を出す陰毛や腋毛に耐え切れず、毎日のようにカミソリ処理を始めるハメになるんですよね~

当然たまには力が入りすぎてワキも、あろうことかデリケートゾーンも切ってしまったり、剃るならやっぱりなるべく毛根の元から沿ってツルツルをキープしたいと思うあまりの結果でどれほど無駄な血を流したか・・・

この繰り返して元々デリケートで身体の皮膚の中では一番薄い部位と言われるワキや陰部はカミソリの刺激に肌は傷つき、メラニンは刺激され、当然肌を守る働きをするメラニンは過剰にメラニンを作り出す事によってその刺激からお肌を守ろうと働き出すのです。

陰部脱毛
その結果、メラニンの蓄積で正しいターンオーバーが出来なくなった陰部やワキの色素沈着がたまり黒ずみ化へと残念な結果となってしまうのです。

今であればこのブログのお陰もあってよ~くこの肌のメカニズムと黒ずみのシステムが理解出来ますが当時の私は気が付くはずもなく、アチコチ切ってもお構いなしでした。

ムダ毛がボウボウよりもリスクは無いって位の感覚です。|д゚)

タラればの話をしても仕方がないのですが、当時の私が少しでもこの認識があればもう少し慎重にアンダーヘアーの処理方法を行い、その後のケアも正しく行っていたらここまで黒ずみ化することはなかっただろうな~とかなりブルーな気持ちにもなりますが、振り返っても仕方ありません。

過ぎたるは風の如し~なぁんてW

もし、私のように黒ずみに悩んでいる~という人は陰部周辺の黒ずみケアについて詳しく書いているブログがありますので是非一読してみて下さいね♪
陰部の黒ずみ色素沈着や摩擦は美白ケアや保湿で改善できる!

これからがありますので、過去を振り返らずに、今出来るベストを尽くして今後の未来に備えたいと思います。

では、その後様々な処理法で取り組んできた私の体験談と、そんな中でどうしたらより黒ずみにくいのか?
そして既に黒ずんでしまった肌にどうアプローチをしているのか説明させていただきますね。

自己処理が一番やっかいな黒ずみの原因と色素沈着

やっぱり思春期位から陰毛が生えてくる方が多いということで、余程の事が無い限り通常では自己処理が抜群に多いの結論で黒ずみの原因を振り返ってみましょう~

一番多いのがカミソリ

当然手に取りやすく確実に毛を処理できる道具の一つとしてカミソリが一番ポピュラーです。
でもこのカミソリがやっぱり一番厄介な後々の黒ずみや色素沈着の原因となるのですね。

等ブログでも何度も注意してますが黒ずみの一番の原因は摩擦による刺激です。カミソリ処理の場合摩擦を通り越して、先ほどの昔の私のように度々お肌を切ったりするトラブルが絶対避けられません。

このカミソリで肌を切るという状況が最も厄介で傷から細菌(ブドウ球菌)が侵入し、炎症となり、その炎症が刺激から守ろうとする肌のメラニン量が増える事で過剰にメラニンが生成されお肌の新陳代謝が間に合わなくなり黒ずみ化に変わるのです。

要するにお顔の日焼け(紫外線から)肌を守るのに肌が黒く変化することと同じ原理なんですね。

注意するべきこと!

でもどうしたって一番カミソリ処理がしやすいからやめられない!という人にはこちらを気を付けて。

過去の私も含めワキや陰毛や他のムダ毛もお風呂場でのカミソリ処理が一番多いと思いますが、これが一番お肌にはよくないようです。

まず環境から言ってお風呂は湿度が高く雑菌が繁殖しやすい事。
湿度とお湯につかって柔らかくなった肌は皮膚を必要以上に削ってしまうから。

正しいケア

★まずは毎日のカミソリ処理は避ける(最低でも2週間あける)
★乾いた肌のカミソリとお風呂場のたっぷりの石鹸にカミソリもNG。
 シェービングクリームか肌の弱い人にはワセリンもお勧め。
★最低でも新しいカミソリを使う。(古いカミソリは超危険)
剃り方は毛の流れに沿って剃る。間違っても逆ぞり禁止!
脱毛後は肌を清潔にしてとにかく保湿して刺激を与えない。

毛抜もヤバい

毛抜きもかなり問題です。第一にこの毛抜き行為自体が毛穴内部の毛を強引に引きちぎっているのと何ら変わりが無い事。この強引な行為によって一番危険なのが埋没毛。そして異様な刺激を毛抜きによって受けた肌はメラニンの大量生成。見ようによってはカミソリよりも質が悪いと言われるのがこの毛抜きでのお手入れです。

毛抜き
ダメージの酷い時は「毛嚢炎」という赤いニキビのような発疹が炎症となりデキ白い膿に変化する症状です。

だいたい毛抜きのお手入れ経験がある方なら経験があるのではないでしょうか?

これほど刺激を与える事によって当然色素沈着の可能性が上るということの現れです。

注意すべきこと!

でもやっぱり毛抜きだって辞められない~という方にこれだけは守って!

★まずワキでも陰部でも毛抜き前は清潔にして行うこと。
★当然毛抜きだって清潔にしたモノを使用して。
★終了したら必ず毛抜き部位を冷却して。

正しいケアは?

★お勧めはお風呂上りの清潔な状態で行います。
★でも蒸しタオルで毛穴を広げてからが尚お勧め。
★毛の流れに沿って毛抜きする。
★終了したら冷却(濡らしたコットンで冷やすのもOK)

フラッシュ脱毛や専用エステも黒ずみの原因になる

今や自宅でのケアではなく専用エステでのお手入れを取り入れている方も多いと思います。私もお金のなかった学生時代はともかくあらゆる脱毛機関や脱毛器を購入もしてか、な、り大金をつぎ込んでいます。汗

それでもトラブルは起きている!のリアルな情報も~決して専用機関でも完璧じゃない。

フラッシュ脱毛

一番今ではポピュラーではないでしょうか?要するに光脱毛ですね。これは痛みもなく黒い毛根に光が反応して毛根を焼くというシステム。毛根だけにダメージを与えて毛を生えなくすると言うシステムなのでとっても確実で取り入れやすい脱毛法です。

でも一部では部位によって正しい適切な光の出力レベルがあるのに、その人に合わない強めの出力でヤケドが起こってしまう人のトラブルもあるそうです。
ヤケド
これに関してはヤケドを起こしやすいケロイド体質のような方が、自分で自覚症状が無く施術を受けてこのようなトラブルになる経緯が多いようで、どちらかというと肌の黒い色素を持つ人や、日焼け状態で施術を受ける人がこの光脱毛のシステム上、肌の色素に対して反応する光脱毛にはあるようです。

とは言え最も私が受けた施術の中でも余程強いレベルの出力で受けなければ痛みやリスクの少ない施術だと思いますが、上記のようなトラブルがあることと、それらの軽度のトラブルによって肌が黒ずみ化の状態になる可能性もゼロではない。という解釈でとらえてくれたら良いかと思います。

こう考えると正しいエステ選びも重要な要素となりそうです。

しっかりリスクテイクしてお店選びもジャッジしてトライすることが必要だと思います。

そしてもちろん正しい施術を受けてもしっかり施術後は冷却して、保湿も忘れない、アフターフォローまで行ってくれるエステ選びが大切なポイントでもあると思います。

ニードル脱毛

これ私が一番最初に行ったワキ脱毛ですね。今ではVIO脱毛で光脱毛で対応できない部位に使用される事が多いと聞きますが、このニードル脱毛は本当に強烈な痛みを伴います。

正直言って私は大失敗。このニードル脱毛で激しいワキに激しい炎症を起こして、今でも毛穴はブツブツ状態です。

施術の際はタオルハンカチを噛んで耐え忍んだレベルの痛みです。一本一本の毛穴に針を刺して毛根を焼きながら脱毛するこの方法は、正直麻酔でも取り入れない限り、二度と受けようとは思えません。汗
脱毛
これくらいの状態にワキが真っ赤っかでした・・・

最初の施術なので確か19歳か20歳位の経験でしたが施術後は軽度のヤケド状態でしたよ・・・

当然今のワキの毛穴と黒ずみはこのニードルの施術が原因だったと思っています。

万が一このニードル脱毛が必要な方は最先端技術で麻酔を用いるクリニックにすることをお勧めします。

そして麻酔後も相当腫れたり、するはずなので正しい冷却と保湿で色素沈着を収めるように指導できるクリニックである事の確認を忘れないようにすることを経験上お勧めします。

信頼のおける施術士と技術力が重要になることと、間違いなく熟練した信頼のおけるクリニック選びが最重要問題だと思います。

陰部周辺のデリケートゾーンは正しいケアが大事

いかがでしたか?とにも書くにも自宅でのカミソリ処理や毛抜きに始まり、たとえクリニックでの施術でも絶対安心ですは残念ながら世間一般の商売上のキャッチフレーズです。

正しいケアとリスクを自分で理解した上で、間違いのない脱毛後のケアを自分でも行う事と、いち早くお肌を正常な状態に戻してあげる手助けをする必要があるのです。

刺激に弱いデリケートゾーンのお手入れをする以上、最低限のリスクテイクとして、その後のアフターケアーをしっかり行うことで見違えるようにトラブルが減り、陰毛もトラブルも黒ずみもないの三拍子を目標に必要であれば専用クリームも取り入れて積極的にケアに取り組んで下さいね。

だって自然の無法地帯でいられないんだから~いじって毛を無くす以上、狂わせたお肌のターンオーバーとメラニンのバランスも整えるのはもはや当然のケアなのかもしれませんよ。

後から後悔しないためにも、見えない部位の陰部周辺はとにかくデリケートな部位なのでお顔と同じように優しくアフターケアーを取り入れて下さいね♪