飛ぶ鳥跡を濁さず
ここにサブテキストを入力できます。
黒ずみ

お尻ニキビの炎症やトラブル改善に必要な予防対策って何?

お尻ニキビアイキャッチ

お尻のニキビって誰でも一度は経験した事があると思いますが
いかがですか?

美尻の条件には黒ずみ対策など様々な条件が重なりますが
顔の美肌と同じで当然余計なデキモノの存在ニキビはトラブル
の大きな原因ですよね。

そんなニキビが出来てしまう理由や炎症してしまった時の改善
方法や確実な予防対策まで美尻に欠かせないお尻のトラブル原因を
追及してみましょう。




Sponsored Link

お尻ニキビの原因

毛穴に老廃物が詰まる事が大きな原因として顔にもニキビが出来るように、お尻のニキビにも何でこんな所にできちゃうの?と思いつつその原因になりそうな理由を探してみました。

外的要因

長時間椅子に座るなどの体重負荷による圧迫と摩擦
下着素材や極度にピッタリの衣服や生理パットの摩擦
あまりにもゴシゴシと強い刺激を与える洗い過ぎによる摩擦。
シャンプーリンス、ボディソープのすすぎ不足。

だいたいこれらが大まかな原因だと思いますが、この原因だとお尻の黒ずみ原因なんかとも被る理由な事が分かります。

お尻ニキビが炎症(粉瘤)化したら?

お尻ニキビの中でも深刻な状態なのが腫瘍のようなデキモノとなって赤く盛り上がり膿を持つ粉瘤の症状が出始めたら要注意です。先の小さなお尻ニキビと違い、皮膚の下に袋が出来て垢や皮脂が詰まる事によっていい気なデキモノになる事から大半の人はお尻のニキビが悪化したと思うようですが、この状態だとニキビではなくおできの場合が大半の方が多いようです。

また座ったり、衣服や下着と擦れやすい場所なだけに故意に潰れやすい場所なだけに、自然に潰れてしまっても、同じ場所に出来る事が多く、その段階になると、自宅ケアでは完治しにくい状態になっているので、専門医にかかる方が確実にい症状を収める結果になると言われている。

積極的に見せやすい場所ではないものの、放置する事によって、症状の悪化から更なる炎症を起こし雑菌が入ると確実に症状悪化で座るにも痛さを伴うような大きさになる場合も見られるようです。

お尻ニキビや炎症改善必要な予防対策

ではこんな、微妙な人には見えない位置なだけど、出来ると厄介なお尻ニキビの改善方法や、日常生活で出来そうな予防対策ってどんな事なの?こちらを徹底調査してみましょう。

お尻ニキビの予防対策

お尻を清潔に~

もうこれは基本中の基本ですが、やはりデリケートでお肌の弱い女性は、この清潔感をまずは意識してみましょう。

思っている以上におトイレなど雑菌が繁殖している場所でもあります。
出先のおトイレなんかも、やっぱりどんな人が使用したか分からないので
神経質かもしれませんが一工夫が必要だと思います。

雑菌シートなどで拭いて、さらなる清潔を心がけて。
生理用ナプキンやおりものシート使用時にはコマメに交換。
お尻ニキビが痒くでも本能のまま掻きむしらない。
下着は入浴にかかわらず毎日交換する。
デザインが可愛くても極端な締め付けの強い下着は避ける。
出産後やそれ以外でも補正下着などのガードルは避ける。
スキニージーンズなどのボディにフィットし過ぎる洋服は避ける。

お尻ニキビと食生活との関係

健康的な食生活を心がけジャンクフードを減らす事。
これがお尻ニキビと何の関係があるの?と思うかもしれませんが
意外に大きく関係あるようなのです。脂肪ですので、お尻ニキビも・・・

ハンバーガーや天ぷら、焼肉等の油っぽい食事を減らす。
糖分の多いケーキや揚げドーナツ、チョコレートも減らす。
ラーメンやインスタント食品やレトルト食品も意識して減らす。

充分な睡眠時間も大切

バラつきのある睡眠時間は健康的とは言えず、日々のストレスや肌のターンオーバーとの関係も大きく関係があるので充分な規則的な睡眠をたっぷりとる事も大切な要素です。

お顔のお肌同様、規則正しい生活に睡眠が欠かせない要素の一つなのはいわずもがなですが、当然美尻にも大きく関係あると考えられ、自律神経を整え最大限ストレスフリーな状態にするのには決まった時間の睡眠時間も大切な要素なのです。

デスクワークの長時間対策

これはデスクワークを仕事に持つ人には大敵な問題ですが、それでも最大限回避できるよう考えてみました。
座り続ける事で受ける身体のダメージは、立ち仕事よりも大きいと考えられ、美尻がテーマのお尻ニキビにも大きな関係があるのです。

ではどうしたら最大限お尻ニキビを回避する事が出来るのか?

まず負担を減らせるようお尻の黒ずみでも紹介したよう反発クッションなどで圧迫を和らげること。
理想は30分に1度立つなどの工夫で時間ごとに立つなど座りっぱなしの時間を減らす事。
正しい姿勢を心がける事。




Sponsored Link

お尻ニキビには保湿も必要

ここまでの上記の条件を気を付けた上で、やっぱり保湿も欠かせない条件として避けては通れません。
美しい美肌には確実にたっぷりの水分量があるように、お尻のニキビケアにも適度な潤いと水分量を保つ事は清潔でキメの整った美尻を叶える条件の一つなのは間違いないと考えます。

そうする事によってお尻の角質硬化を防ぐことが出来て、これまでの硬くなった角質も柔らかくすることが出来て、保湿する事により今後の摩擦や、お尻への刺激を保護することにより最大限ダメージの受けにくい美尻状態にキープする事が出来ると考えられるのです。

美尻にはピーチローズ

お尻専用のニキビ黒ずみ専用クリームです。
べたつかずサラッとした使用感でこれからの夏場の
熱い時期もムレの心配などはありません。

保湿成分もヒアルロン酸・コラーゲン・セラミド配合


お尻ニキビ炎症の時は病院へ

ここまで読んで下さった中でも先ほど紹介したでも膿を持ってて痛みも結構あると言う方は、自己判断より酷く悪化する前に医師にかかる事をお勧めします。

膿んだ状態を放置すると、炎症化が酷くなり完治も遅くなり、治っても酷い場合は傷跡として残ってしまう可能性も高いからです。そうなると美尻の条件からどんどん遠ざかる結果になってしまうので自宅でのケアではなく、信頼できる医師にかかる事をお勧めします。

まとめ

いかがでしたか、体質的なものもあるとはおもいますが、一度お尻ニキビが出来やすい方はこれらの事を意識して今あるお尻ニキビを悪化させずに、新なニキビを増やさない、をモット―に取り組んで下さいね。記事の内容には個人差がありますのでご了承下さいませ。ではツルツルの赤ちゃん美尻を目指しましょう~




Sponsored Link