飛ぶ鳥跡を濁さず
ここにサブテキストを入力できます。
陰部黒ずみ

生理前後の陰部に黒ずみが酷いのはホルモンバランスが原因?

黒ずみ

女性の健康状態のバロメータの大きな一つになるのが生理であることは疑いの余地がありません。

生理の激痛の悩まされる人もいれば、あまりにも大量な経血によって貧血で倒れてしまう程の女性もいる事は決して珍しくない事です。

個人的にはこの上記の悩みは現在までさほど気になった事はないものの、それだけが生理の悩みじゃないところが辛い所です。

私個人が今現在も進行形で振り回されているのが生理前症候群と言われる生理前の食欲増加にムクミや頭痛、そしていわれもない体調不良は一言では説明しがたい症状として長年不快感を感じているからなのです。

思春期の男性が男性ホルモンに振り回されるように、女性は初めて迎える初潮が来るだろう少女時代から、成人女性となり、人によっては母となり出産も経験してそして成熟期に入り、閉経を迎える頃に更年期などの症状でとっても苦しむ女性が多いのはあまりにも有名です。

この生理前症候群や閉経前後の酷いホルモンバランスの崩れによって体調不良になる事程深刻ではないかもしれませんが、もう一つ、おしゃれで生涯現役を目指し現代女性の気になる生理前後の変化がデリケートゾーンの黒ずみ問題だと思うのです。

これ非常に恐ろしいレベルで私個人は変化を感じます。

生理前症候群も結構酷く1カ月の半分は生理前症候群の状態で文字通りホルモンに振り回されている私ですが、何はともあれオマケのようなレベルとは言えこの黒ずみも気がかりな変化の一つとして、しっかり認識しているのです。

でも、まぁ仕方ないよね~と、身体の不調が第一とばかりに、意識してなかったけど、実はデリケートゾーンが生理前にから確実に黒い~って状態には不快感を感じていました。

こう考えると女性ってつくづく大変な生き物だな~と思うのです。

勿論体質もありますが本当に生理前症候群が酷い人は半端じゃないですからね。

生理前後に荒れるのは肌荒れだけじゃない~今回は生理前後や生理中のデリケートゾーンと黒ずみの原因と対応方法を徹底調査してみましたので是非女性なら一読してみて下さいね♪

ちなみに今全然生理痛もないし生理前症候群だって何それ?って人も関係ないって~って思わないで。

悪いけど女性は節目節目で体質が変わりますからね~どこでイヤ~なホルモンに振り回されるハメになるかは分からないんですよ。

と、いうことで是非こちらの生理と黒ずみとホルモンバランスについてを書いてみますね!

生理前後から陰部の黒ずみが気になる!

これは私自身の体験談から気になります!

気にならない人は、結構性格的に大らかな女性だと言って間違いないでしょうW
お手入れ
勿論個人差はありますが、生物学的に考えても間違いなく生理前後の陰部(デリケートゾーン)はホルモンバランスの崩れで黒ずみ化してくると思います。

余談ですが陰部等のビキニラインだけではなく乳首も黒ずんで見えるので、間違いなくホルモンバランスが影響して黒ずみはあると言い切れます。

私人は陰部のビキニラインと乳輪の黒ずみはハッキリ違いを感じるものの、人によってはワキなども黒ずんでしまうと感じている女性が多いようです。

体調が目に見えて低下することは勿論、寝ても寝ても睡魔が襲い、食べても食べても食欲旺盛になる。そして生理前10日程前からは頭がボーっとして、何してもフラフラする状態で、生理前数日間などは完全に生理前症候群の症状が強く酷い頭痛で必ずイブやバファリンなどの痛み止めを飲むのが十八番です。

そして顔もムクみがちでデリケートゾーンや乳房は張って乳輪は黒ずむ。これこの20年間の毎月のパターンです。汗

正直黒ずみは気になるけど、生理前症候群もかなり重症タイプなので、こっちのが深刻かもです。|д゚)

生理前後に黒ずみが酷くなる原因は何で?

まぁま話は反れましたが、いったん戻して~では何故生理前後に黒ずみが酷くなるのか原因を調査してみました。

それはですね~何を隠そう、女性ホルモンが大きく黒ずみには関係しているのです。

女性ホルモンの作用で身体に様々な変化をもたらすホルモンの種類は2つに分かれているのです。
1つがエストロゲンともう一つがプロゲステロン。

この二つのホルモンの働きによって微妙な身体の変化の現れ方が違うのが時に黒ずみという女性にとって嬉しいとは言い難い現象として身体に変化をもたらせるのです。

ではこれらのホルモンの大きな違いを紹介しますね。

エストロゲン
このエストロゲンの働きが一番分かりやすい状態になるのが生理終了後から1週間から10日間位を目安にして、全てとはいいませんが大半の女性が1カ月を通して最も体調がよく肌の調子や台車がスムーズに行われる時期です。

女性の肌の艶や張りが最も良い状態の時期に活発な働きをするのがこのエストロゲンの効果によって良い症状が現れれるのです。

プロゲステロン
そしてもう一つの女性ホルモンであるプロゲステロンが私達女性にとっては疎ましい症状として様々な体調変化の根源として知られるホルモンと言われています。

先程のエストロゲンとは真逆の生理前症候群などが出始めるのがこのプロゲステロンの働きによって現れます。

排卵後から出やすい症状で、妊娠期に控えてより妊娠しやすい身体をサポートする効果があるホルモンなので、食欲旺盛になったり、乳腺が張ったり、それらの体調の変化から気持ちも不安定になりやすくさせる効果があるのです。

そして今回のテーマでもある陰部や乳輪の黒ずみ化が最も目立たせているのもまたこのホルモンの活発化により黒ずみが目立つようになるのです。

何といっても自然の原理で妊娠をサポートするタイプのホルモンなだけあり、その変化は著しく、排卵後の女性の身体から妊娠期なども常にサポートするホルモンなので妊娠から出産後もこのプロゲステロンを多くする働きから、黒ずみの原因であるメラノサイトを刺激することがより黒ずみ化してしまう原因だと言われているのです。

避けられない自然の原理とは言え、よくよく考えると人間の(女性)の身体って神秘的とも言えますよね~

だって目に見えない所で体内では盛んに妊娠期を望むと望まずの選択無しに女性の身体にはそういったシステムが自然に組み込まれているんですよ~凄くないですか?

当たり前に来る生理や排卵、そしてそれにまつわるホルモンバランスによる女性の身体の変化もごくごく自然に行われる事が例え黒ずみというオマケ付きでも、凄いな~と思うのです。

まぁかといって黒ずみや生理前症候群は、毎月の事とは言え女性にとっては歓迎できる症状ではないですどね。

ということで、話は戻って黒ずみを左右する二つのホルモンのうちプロゲステロンが大きな原因としてメラノサイトを刺激することが、今回の黒ずみの原因ということは分かりましたが、自然の原理であり女性にとってなくてなならない二つのホルモンは止められるものではありません。

ではどうしたら最大限、生理前後や生理中の黒ずみ化を抑える事が出来るのでしょう~

生理を止められない以上そんな方法があるのでしょうか?

もう少々黒ずんだって仕方無いんじゃないの~と思いつつ、ここはお顔のケアと同じ原理に戻って考えると、やっぱりお手入れ次第でデリケートゾーンや乳輪にワキの黒ずみが温和出来るという情報があったのです。

だって顔に置き当てて考えたら納得ですが、先程も言いましたが生理前の1週間はそれ以外の期間に比べて若い女性なら尚更肌荒れしやすい時期に突入しますよね?

若い女性というのはそれだけ女性ホルモンが活発だから分かりやすく悪い時(超肌荒れ)も良い時(美肌状態)もハッキリと顔の肌に現れるものなんです。

私も20代なんて生理前はニキビがたくさんできたり時には凄い敏感でビックリするくらい肌荒れ状態になったり。

それが生理がきたとたん、またあからさまな変化としてムキ卵みたいに艶々の美肌状態に変化するんです。

女性ホルモンの力ってすごいですよ~現在40代。残念ながらこんな劇的変化は嘘のようになくなってしまいましたが。汗

ですのでこの生理前の時期にニキビや肌荒れするからとお手入れを放棄する女性っていますか?

正直いませんよね?いつもより念入りに少しでも無用な肌荒れ対策としてお手入れを入念にすることで美肌をキープしようとしますよね?

これとデリケートゾーンの黒ずみも要は同じ事が言えると思うのです。

当然お手入れ放棄した肌より念入りにお手入れした肌の方が状態が良いはずです。

デリケートゾーンの黒ずみにもお手入れをプラスしてみる。

この概念を取り入れて欲しいと思うのです♪

生理前後こそ丁寧な自己ケアが大切

じゃどうやってお手入れしたらいいの?と思いますよね?
芍薬
デリケートゾーンの中でも生理前後に影響を受けて黒ずみ化して見えるのはやっぱり生理パットなどの摩擦などを考えても陰部のビキニライン周辺が一番黒ずみを感じやすいと思います。

蒸れや生理パットの摩擦で皮脂や雑菌などの宝庫となる陰部は、生理前より当然黒ずみやすい環境になります。

でも、だから仕方ないよね~と今までのように放置していたのでは何の改善にもならないので是非この段階で自己ケアの一つとして保湿や黒ずみの原因となるメラノサイトの過剰な働きを鎮静化する為のお手入れクリームを取り入れる事をお勧めしたいのです。

ちなみに肌の黒ずみ化には、大きく分けて日焼けと乾燥だと言われています。

陰部ですので日焼けの心配はないにしても乾燥は想定外!

でも下着やパットのスレから結構私達が思うよりデリケートゾーンは乾燥しているみたいなんです。

陰部の黒ずみケアにはこちらの記事も詳しく説明していますので是非御覧になってくださいね♪

陰部の黒ずみは改善出来る!

生理中の黒ずみ対策注意点!

そしてもう一段回黒ずみ対策の注意点をあげてみましょう~

今まで無法地帯だったデリケートーンの黒ずみ対策ケアです。

振り返ったら結構身に覚えのある行為を無意識のうちにしている~って事は結構あると思いますよ~

私自身がそうだったので(笑)

無意識に日常生活の中でルーティン化していた行為が黒ずみ化を後押ししていただなんて~って当時は結構びっくり。

でも注意点なんだってしっかり理解してくれたら充分今後の対策となるので是非一読してくださいね♪

ハードな脱毛は要注意

これ一番反省しました。汗

自慢じゃありませんが現在にいたり極太大量の陰毛に昔から手こずっている私ですが、脱毛器はじめカミソリや毛抜きなんて日常茶飯事で使いまくっていたのです。
黒ずみ

当時若かったのも当然ありますが、いつ何時、彼氏と何があるか分からない~とムダな努力と方向違いの発送で念入りにお出かけの度に生理前後とか生理中なんて関係無しでお手入れしまくり状態だったのです。

最もデリケートゾーンが敏感なこの生理前後の陰部のお手入れがどれほど悪影響を与えていたのか~このブログを更新するに至り、コツコツ調べつつ興ざめしたのは言うまでもありません。

脱毛というお手入れ事態はもはや避けられない現代人のマナーの一種ですが、この生理前後は是非避けるべきです。

毛抜きで毛根から引きちぎる行為やカミソリで毛と一緒に微量の皮膚を削る行為が、一番デリケートな時期でプロゲステロンが発生するこの時期のこのようなハードなお手入れは陰部よ黒ずみ化して~と応戦する行為と何ら変わりありません。

生理前後や生理中のハードなお手入れは控えるようにしましょう。

陰部専用石鹸で常在菌ケアで清潔感UP

そして、生理中の大量の経血によるデリケートゾーンの不快な環境を考えて、陰部の清潔感を保ちつつ、必要とされる悪菌から守る効果がある常在菌をキープしやすい環境を整える効果がある専用石鹸も重要なポイントです。
手術

何のトラブルも一切ないしニオイも気になった事ないの~って人は特別枠で、通常であれば何らかのトラブルを感じたり、暑い夏場にニオイが気になったりはありがちな悩みですよね~

そんな極普通の悩みを解決してくれ、より良い環境へと導いてくれる専用石鹸を一度お試しあれ!
個人的にも使用して良かったと思う費用対効果の高い石鹸が現代ではあるんですよ♪

私が勧める陰部専用石鹸はこれがお勧め!

陰部専用クリームでとにかく保湿する

そして締めには生理前後の敏感で乾燥肌に傾いて黒ずみ化しやすい状態に傾きがちなデリケートゾーンのお勧めがこの保湿クリームです。
ハーバルラビット

いつも顔に使用している化粧水なんかでも良いのですが、その時は添加物や強い美白成分の入ったものは避けて無添加や敏感肌用を取り入れる事を奨励します。

そして締めには、石鹸同様考えた事がなかったかもしれませんが、陰部専用の保湿クリームがお勧めです。

デリケートゾーン専用というだけあって、黒ずみ対応に商品開発された現代人の悩みである女性のデリケートゾーンの終点を当てて開発されたクリームは、正直速攻性はないものの、しっかりとじっくりと継続して使用し続ける事で着実に黒ずみを解消してくれるのです。

だってデリケートゾーン専用だけの為に開発されているのです。当然と言えば当然ですが、現代の医学や美容は日進月歩な世界です。

その昔は考えられなかった悩みが今では嘘のように解決することが珍しくないのですから是非費用対効果の高いデリケートゾーン専用クリームを黒ずみしがちな陰部のビキニラインや乳輪などには絶対にお勧めです。

世の中の女性に需要が多いのでしょう~いろいろありすぎる中で個人的に3年弱使用し続けているこの専用クリーム結構お勧めなので是非こちらの記事も御覧になってみて下さいね♪

私が勧める黒ずみケアクリームベスト1

生理を制するのは女の健康バロメーター

いかがでしたか?今まで何となく生理前後の身体の不調やデリケートゾーンの黒ずみにも気が付きながら自然の原理だししかたないよね~と諦めていた人にはちょっと耳が痛い情報だったかな~と思いつつ。

是非知ったからには黒ずみ化しやすいビキニラインや乳輪の黒ずみも諦めないでって感じです。

生理を止める事なんてできないけど、生理は上記にも述べなしたが自分のその月々の健康状態を知る一番手っ取り早いバロメーターでもあるのです。

是非仕方ないじゃんね~と諦めずに、この生理周期を逆手にとってコントロールするくらいのつもりでお肌の調子と同じようにデリケートゾーンも乳輪も脇だった黒ずませない!をモットーとして生理の前も後も最中もキレイを目指して身体のケアに取り組んでみて下さいね。

意外にも最初はバカバカしいと思っていた陰部専用石鹸や陰部専用クリームが正直言って最初は半信半疑だったのに使用を初めてから今では欠かせない自分のお手入れケアの七つ道具に入っているんです。

今の専用ケア商品は五感にも響くニオイや使用感など様々な工夫が凝らしてあるので、先入観でブロックせずに取り入れる事で視野も広がって悩みも解消出来たら一石二鳥ですものね。