飛ぶ鳥跡を濁さず
ここにサブテキストを入力できます。
陰部黒ずみ

黒ずみの原因はホルモンバランスの乱れ?正しい対策で解消目指す

芍薬

陰部の黒ずみに真剣に悩む女性が近年増えている事は需要にともなって様々な研究が進みそれによって効果のある陰部専用んおデリケートゾーンのお手入れケア商品が増えている事からも良く分かりますよね?

そんな実はあの子もこの子も地味に悩んでいたのね~状態の陰部の黒ずみの原因は今では様々は原因が想定されていますが、中には過剰な陰部周辺の脱毛などによって黒ずんでしまったり、セクシーなデザインの下着が増えた近年では合繊素材による摩擦によって黒ずみが悪化したりと色々な原因があると言われています。

その中でも女性特有の黒ずみ原因がホルモンバランスが元となって黒ずみ化してしまう~と言われている事です。
思春期が来たらどなたでも避けて通れない女性特有のホルモンバランスは閉経まで続くのですが、その避けられないホルモンバランスと黒ずみの原因と最大限に悪化しないように解消できる方法を今回は徹底調査してみます。

是非大なり小なりとホルモンからの影響の大きさに個人差はあるかもしれませんが誰にでも関係のあるホルモンバランスのメカニズムと黒ずみの関係を調べてみますのでお付き合いくださいね。

女性の身体とホルモンバランスの関係

芍薬
今回のテーマである女性の黒ずみとホルモンバランスとの関係は元来避けては通れないほど濃い関係がある重要な関係でもあるのです。

ある程度の年齢で思春期になった女性には初潮と言う女性特有の生理現象が現れますよね?

これが大人になった証拠として、多くの家でそうだと思うのですが私も大昔、お赤飯を炊いて自宅でひそやかにお祝いと言われた記憶がよみがえってきます。

そんなちょっと甘酸っぱい想いでもつかの間で、その後、人によっては気絶するほどの腹痛を感じたり、酷い経血でパットを付けているにも関わらず体操服が真っ赤化になってしまうほどの大量の経血など生理が来た事によって喜ばしい事のような、若く思春期だった女の子にしたらうっとうしいような複雑な生理と身体の付き合いが始まるのです。

その中でも身体の仕組みをコントロールする要となると言われているのが二つのホルモンの存在があるのです。

その二つがエストロゲン(卵胞ホルモン)とプロゲステロン(黄体ホルモン)と言われる女性ホルモンなのです。

この女性ホルモン特有の二つのホルモンの働きによって女性は生理に始まって出産や閉経などの女性ならではの機能を作用させる働きをしている女性にとっては必要不可欠なホルモンともいえるのです。

エストロゲン(卵胞ホルモン)
最初の初潮から最後の閉経になるまで生理周期にあわせて分泌量を増えたり減ったりの症状を繰り返し、肌や髪の若々しさを保つ為の重要な働きを左右するのもこのエストロゲンが大きいと言われています。

プロゲステロン(黄体ホルモン)
生理が始まってから2週間目に排卵が起きると目安として言われていますが、この排卵時に発生すると言われているのがプロゲステロンの働きです。

妊娠しやすい状態に身体をキープして妊娠すればそのままプロゲステロンは子宮内膜を維持して妊娠しない場合はこのプロゲステロンの分泌量は2週間かけて現象しその後に子宮内膜が剥がれる事によって生理となるシステムの要となっています。

ホルモンバランスと黒ずみの原因

ではこの二つのホルモンのうち最も陰部の黒ずみの原因となっているのはどちらのホルモンなのだろう?

これが意外にも肌の若々しさを左右するエストロゲンかと思いきや、排卵や生理の関係がより深いプロゲステロンが黒ずみの原因と言われている。

エストロゲン

何故か?それは肌の黒ずみやシミに影響力が強いと言われているのがこちらのプロゲステロンだということと、やっぱり生理前症候群の症状が強く出る時期で最もお肌があらゆる意味でデリケートで過敏な状態になる時期がこのプロゲステロン発生の生理前2週間前後の状態だということ。

このホルモン発生時に体内のメラノサイトを刺激する事によって色素沈着が進み顔にあるシミが生理前に濃くなったりなどの症状もこのプロゲステロン発生時に多い事は周知の通りなのでこれらの情報からもシミや黒ずみが強く発生するのはこのプロゲステロン発生時の生理前2週間が一番強い症状だと言われている。

言われてみれば~自分でも確かにそうかも!って感じですよね~

一番ホルモンバランスが崩れる時とは?

この上記の二つの女性ホルモンによってホルモンバランスは形成されておりお肌の調子も同時に左右するのですが一番崩れる時はやっぱり生理前の2週間当たりがホルモンバランスの乱れがあると平均して言われている。

だが人によっては排卵痛など生理後の排卵痛によって腹痛を訴える女性もいるのでその症状は千差万別ともいえるが平均して生理前の2週間から10日程前からホルモンバランスは崩れだし、身体のムクミや乳房の張り、肌荒れや頭痛など様々な深いな症状として現れる事で知られている。

体重増加
そして最も太りやすいと言われるのもこの生理前の2週間から10日間が体重増加がしやすい時期だ。

逆にダイエット開始には生理開始から2週間以内が最も体重を減少しやすいと言われるのもこの二つのホルモンバランスと女性の体調を示す事実だと思う。

ホルモンバランスが崩れる原因の正しい対策

ここまでで何となく女性とホルモンとの微妙な関係を理解してもらえましたか?
でもねこれまで説明したエストロゲン(卵胞ホルモン)とプロゲステロン(黄体ホルモン)は実は脳から分泌されるとも言われているんですよ。

え~脳?と私も最初は思いました。

でもよくよく考えたら非常につじつまの合う話なんですよね~

非常にデリケートで繊細な身体である事は知っての通りですが何故これほどまでに繊細なのかというと、脳に受けるストレスもホルモンバランスの崩れに影響を受けるからなんです。
ストレス
根本が脳から分泌されるエストロゲンとプロゲステロンのホルモンは日ごろからの日常生活で私達が受けるであろうストレスや過労にも大きな影響があるのです。

当然ですよね?強いストレスを受けた脳からまともなホルモンが分泌されるわけがないのです。

ストレスを感じる事によって適切なホルモン分泌の指令が出せなくなる~

この因果関係が生理や排卵だけにとどまらないホルモンバランスの崩れの原因だと考えられるのです。

では生理や排卵意外でのホルモンバランスがストレスなどの悪影響で乱れる事が分かったうえで他にどんな因果関係があるのかチェックしてみましょうね。

生理前症候群が無くたってこっちが原因でホルモンバランスを乱している可能性も大なので是非みなさんもチェックしてみて下さいね♪

意外に当てはまる項目が色々あるかもしれませんよ!

ホルモンバランスの乱れ10をチェックする!

生理意外でもホルモンバランスを崩す原因は本当に人それぞれです。

日常生活の様々な部分で充分バランスを乱している可能性も高いので関係なわ~と高をくくらないで是非チェックしてみて下さいね。

1:人間関係で悩みがある

2:職場が超絶ブラックで残業が異常に多い

3:睡眠時間が年中7時間以下

4:昼夜が逆の生活化となっている

5:カフェイン摂取が異常の多い

6:お酒大好き

7:喫煙は1日1箱

8:肉食でジャンクフードも大好き

9:万年運動不足

10:年中ダイエットマニア

この上記のチェックで2つ以上確実にひっかっかかるとホルモンバランスのイエローカードです。
5つ以上でレッドカード。7個から8個だと緊急事態です。汗

ホルモンバランスを整えて黒ずみを最小限に解消目指す!

このように生理や排卵しいては妊娠などの女性ホルモンとの関係と、生活習慣や日々の過剰なストレスが原因となってプロゲステロン(黄体ホルモン)を多く分泌させてしまうことで肌の黒ずみの原因と言われるメラニンを生成してお肌の色素沈着を起こしてしまうというホルモンバランスの繊細なシステムが理解してもらえたと思います。

では具体的にホルモンバランスの乱れを最小限に抑えてバランスを整えるべく解消法をご紹介しましょう~

基本的に生理や生理不順、そして私のように生理前症候群が強烈に酷い症状が出る人も体質の差こそあれ基本は酷い人程身体を冷やさない事(特に下半身)そして乾燥を避け保湿を心掛ける事。

そして最後はやっぱりチェック項目の10個を整える事が大切な基本項目です。

具体的にはストレス・食生活・睡眠不足・運動不足の4つに分けらる注意点があります。

ひとつづつ見ていきましょう。

ストレス
上記のチェックにもあったように過度な職場での人間関係や異性関係などで深刻に悩んだりしている人は、一番良いのは人間関係の解消だと思いますが、ある程度こちらから歩みよっても改善出来ない相手は最初からご縁のなかった人だと割り切ってあえて、こちらも距離を置く事がお勧めです。

また無用な上司のパワハラも現代のブラック企業の増加と共に避ける事が出来ない悪式事実です。

この場合は一人で抱え込まず、あまりに常軌を期した行動や言動だと感じる言動を受けた場合は、受け身で泣き寝入りばかりで無くICレコーダーなどで上司の暴言や暴力を録音。来たるべき時に備えてロックオンも必要な現代の世渡り方法です。やっぱり自分を守ってくれるのは自分が一番です。強い気持ちで断固立ち向かって下さいね!

食生活
そして不規則な生活の中一人暮らしなどで食生活もジャンクフードが大半だとか、好き嫌いが元々多く肉類が異様に多い、お酒が大好きで晩酌が止まらない~喫煙もストレス解消に辞められる訳がない~こんな主張が聞こえてきそうですが、あまりにもチェック項目に当てはまる人はやはり全てではなくてもせめて食生活の改善を心見る必要があります。

何故かと説明するまでもありませんが、ストレスの少ない健康な身体と食生活は切っても切れない関係です。

自分の心がけ次第で改善できるべき所はきたるべき老後に向けても是非見直す必要が長い目で見ても絶対にあなたの為になる事は間違いないからです。
キュウイスムージーアイキャッチー

油ものが好きでも週末だけの楽しみにする。肉類も週に2回までで他の曜日は意識して自律神経の働きを助けるカルシウムを含む乳製品・小魚・ごま・ひじき等や女性ホルモンと同様の働きをする大豆イソフラボンを含む納豆や豆腐、女性ホルモンの分泌を促すビタミンB6を含むマグロ・カツオ・レバーマグネシウムを含む海藻全般類がホルモンバランスに関わらず健康上絶対に良い事は間違いないのです。

食物繊維を豊富に含む玄米・豆類・おからや発酵食品の代表でもある納豆も積極的に取り入れる事でバランスの良い健康的な食生活を保てると思います。

運動不足
元々運動大嫌いって人も超インドア派です~って人も安心してください。
特別な運動をしなくても日常生活で運動不足を意識して補う事は意外に簡単。特に都心にお住まいなら尚更ね。笑

ということで、私のお勧めは朝晩の軽いストレッチ位を取り入れられるならなお良いんだけど、それも今の生活習慣じゃ継続することは難しいな~という人。そんな人には例えばエレベーター使用を禁止して全て階段使用に決める!や、電車通勤の人なら早く帰宅できる時は一駅歩く等、結構シビアな決断かもしれないけど、要するに少しでも身体を動かす工夫をしましょう~と言いうことです。

運動と言えば何も激しく走ったり飛んだりが全てではありません。

でもある程度の運動量と消費量を保つならちょっとダイレクトに階段禁止令や一駅徒歩令など自分に厳しいルールを取り入れる事も必要なのかもしれません。

短時間のこうした運動を習慣付ける事によって自立神経の活性化と、乱れつつあるホルモンバランスの軌道修正が出来る効果が運動にはあるのですから~是非、運動嫌いとシャットアウトしないでどこかで身体を動かす習慣を取り入れてみて下さいね。

ホルモンバランスの崩れで出来た黒ずみにはこれ!

そして最後にここまでホルモンバランスに気を付けても崩れてしまった=黒ずんでいる=と残念な結果になってしまった人には黒ずみの原因でもあるメラニン対策をお勧めします。

想像している以上の生理前のホルモンバランスの崩れで起こりうる陰部周辺や乳輪などの黒ずみ現象は毎月リアルな現象として身体に発生します。

そんな1カ月の間で最も敏感でデリケートな状態に心身共になっている状態の陰部の黒ずみやバストトップの黒ずみに最もお勧めと言われているのがこちらの自宅ケア用クリームなのです。

詳しくはこちらからチェックしてみて下さいね!


イビサクリームは、口コミNo.1ワックス脱毛サロンIBIZA WAX(都内4店舗※2016年8月現在)が開発しております。

デリケートゾーンで悩んでいる女子の声をサロンスタッフが聞いて、それを商品づくりに活かしたことでも知られる
商品ありきではなく、悩みありきで生まれた商品です。

その結果、圧倒的な満足度を得ることができ、2016年1月に行った「デリケートゾーン 美白ケア商品」による
インターネット調査では人気No.1を獲得し、デリケートゾーンの黒ずみ対策クリームといえば、イビサクリームという意識が一般の方にも浸透しつつあるレベルの陰部の黒ずみに効果的と調査済みの専用クリームです。

トラネキサム酸を有効成分とし、厚生労働省から医薬部外品の認定も受けているのでお肌の敏感な方でも安心して取り入れてもらえるクリームな事は間違いないようです。

是非色々なステップを取り入れて少しずつ避けられる事の無いホルモンバランスと上手なお付き合いをしていきたいですね。