飛ぶ鳥跡を濁さず
ここにサブテキストを入力できます。
陰部黒ずみ

黒ずみが気になるのは老化現象?原因と対策で年齢不詳を目指す?

カルメン

若い頃は全く気にならなかった身体の黒ずみ。年齢と共にデリケートゾーンはじめ脇や乳輪の黒ずみが気になるのは何故なのでしょう?

この年齢による黒ずみは老化現象の一つなのかもしれません。若い頃には全く気が付かなかったのはその現象が現れてなかったから?人の身体の成長期は18歳がピークだと言われています。

昔から言われる『25歳はお肌の曲がり角』と言うのは曲がるどころか完全にくだり坂に突入しているともう言われる時期なのです。表面上はその老化現象は緩やかなため分かりにくいですが、着実に老化は始まっている。

そんな避けては通れない老化と肌の黒ずみとの関係や原因に着実な対策をとる事によって現代では年齢不詳肌も目指すことだって可能な今お手入れを放棄することは無謀なのかもしれません。

是非生きている以上逆らう事の出来ない老化現象とどう向き合っていくのか、今一度確認して覚悟を持って知る事で確実に対応できる方法があるなら、逆らってみようじゃないですか・・・

日焼けだけが肌を老化の原因じゃない!緩やかに確実に影響を受けて黒ずみだす私達のデリケートゾーンや乳輪や脇などの黒ずみにどう対応したらよいのか徹底調査してみました。




Sponsored Link

身体の黒ずみは老化現象が原因なの?

老化

人の身体の成長期は第一次成長期と第二次成長期に分かれて全ての成長Maxのピークが18歳だと言われています。

それ聞いて当然愕然としますが、18歳がピークと言うことはそれ以降は、目に見えて分かりにくいものの、緩やかに
下降線をたどっていくと言うこと。良く聞く『25歳はお肌の曲がり角』、これに関しては曲がる処がとっくに下降線上を歩いているだけの事と捉えるのが生物学的には正しい解釈なのかもしれません。

女性の気にする老化現象の一つに、分かりやすさでシミやシワやたるみなどが良く雑誌などでも特集されていますが
様々な老化現象の一つの中でも肌の黒ずみも大きなその現象の一つと言われているのです。

特にお年頃になって女性は顔に関しては様々なお手入れを始める人が多く、日本人女性に関しては日焼けに対する意識はかなり高く美白美容化粧品などは人気アイテムですよね。

でも顔はお化粧をすることでお手入れの意識を持っている人が多いと思いますが、ボディのデリケートゾーンや脇お尻などの摩擦する部位も確実に年齢による黒ずみが表れてくる場所だと言われているのです。

デリケートゾーンやお尻や脇に乳輪のみんなが気になる黒ずむ箇所は元々皮膚が薄くて隠れた場所なのに、下着や衣類からの摩擦で刺激を受けやすいデリケートな場所でもあるのです。

何度もこのブログでもお伝えしてますがデリケートゾーンが摩擦によって刺激を受ける事によってメラニンが生成されて活性化、それが=黒ずみに変化してしまうと言われているのです。

年齢と共に黒ずみが発生しやすい原因を少し説明します。

何はともあれホルモンバランスの崩れ

今では若者の食の欧米化が進んだことも関係して小学生の低学年で初潮を迎える女性が多いと聞くが平均しても小学5年生から6年生くらいで初潮が来る女性が多いと聞きます。

そんな女性として避けては通れない生理とホルモンバランスは大方の大人の女性ならあるあるで心辺りがある事が多いことばかりだろう。

例えば思春期ごろの生理前後には肌荒れしてニキビが出やすくなる事が有名だが、これこそが最初に感じるホルモンバランスの乱れだと言われている。
老化

ホルモンバランスが乱れて肌影響のあるエストロゲンの分泌が乱れる事が原因となって肌荒れやニキビなどの現象が現れ思春期から「お肌の曲がり角」と言われる年齢くらいまでこの症状が続く人も多いみたいだ。

そしてこの第一段階が終わったら、次に現れるのが肌の老化によってメラニンが発生しやすくなり、それが理由で黒ずみや肌くすみなどの肌の錆のような症状が出はじめる。

それも生理後は症状が収まって多くは生理前にホルモンバランスの崩れからその症状は生理終わりくらいまで継続して続く事が多いと言われ、大方は生理が終了した頃から2週目にかけてはホルモンバランスが通常とおりの働きに回復することで肌サイクルも1カ月の中で一番整ったベストな状態になると言われる。

これは、一目に触れる事の多い顔だけにとどまらず、一目には見えない脇やデリケートゾーン胸なども同じ事が言える。個人的に分かりやすいと思う変化は生理前胸が張り痛みを伴い、通常より一振り大きくなった感覚になる。

それと同時に乳輪もいつもより黒ずみが増して見えるのはもはや気のせいではないと思っている。

この乳輪と同じで脇やデリケートゾーンも、間違いなくこの1カ月の中でも生理前のホルモンバランスの崩れる時期に黒ずみ現象が現れているはずなので一度意識してチェックしてみて欲しい。

日焼けだけじゃない肌乾燥も大きな原因

美肌の大敵と言われる日焼けが肌老化を進める一番の原因だと近年では言い切られているが、当然日焼けがシミシワたるみ等の老化を進める原因なのは認めるが、お肌に大事な要素がもう一つ。それが乾燥対策だと言われるのはご存知でしょうか?

これは顔も身体にも共通した原因だと言われます。

人間の身体の70%が水分で出来ていると言われていますが、その肌の水分量を適度に保つ為に肌には正しい保湿をサポートしてあげる事がベストだと言われています。

当然これに関しても顔だけでなくボディのあらゆる箇所特に黒ずみを感じやすいデリケートゾーンや脇に乳輪なども同じです。べた付くから嫌だと思いこまないで、少しのお手入れ感覚と手間でぐっと肌の水分量が保たれて、乾燥でも摩擦でもダメージを感じて肌を守ろうとする為のメラニンが発生する働きのシステムなのでメラニンを抑制する効果があるのです。

面倒がらずに是非ボディの乾燥対策も行いましょう。
そんんあひと手間が気になる黒ずみ対策になるのですから。

肌サイクルの乱れでメラニンが沈着する?

上記に挙げた生理サイクルと同じように肌にも肌サイクルと言うものが存在します。
だいたい生理周期と同じで28日サイクルから30日サイクルで肌のターンオーバーが生まれ変わるシステムです。

だいたいこの28日から30日でお肌の細胞が生まれ変わると言われるのですが、この肌サイクルも年齢と共にサイクルがどんどん長くなっていくというのが定説です。

その為サイクルが遅れる=ターンオーバー期間の延長でメラニンが沈着する=黒ずみ現象が老化現象となって現れる。

この黒ずみのサイクルが肌のターンオーバーの正しいサイクルとの関係にあるのは仕方が無い事。年齢と共に新しい肌に生まれ変わる為の期間が延長されてメラニンが定着してしまう。

それらの黒ずみが最も分かりやすいのがボディの中でもメラニン生成が活発と言われるデリケートゾーンや脇に乳輪などが色素が沈着しやすく黒ずみが目立ちやすくなるのです。

美肌と黒ずみ=お肌のターンオーバーとのかかわりが切っても切れない関係な事が分かってもらえましたね?

じゃ~どうやってこんな老化現象の一つである黒ずみ対策を行えばよいのか?




Sponsored Link

正しい老化現象対策で徹底ケアすれば大丈夫!

お手入れ次第では諦める必要が無いのがお肌の良い所です。

デリケートゾーンやヒップ脇乳輪などの黒ずみも顔のお手入れと同じく、正しいケアでサポートしてあげる事が何より大切です。

諦めずに上記に上った黒ずみ原因を一つ一つ解決してあげる事で、老化現象である黒ずみ化を遅らせて、既に黒ずんでしまった色素沈着も、適切なお手入れを継続することで現代では解消出来る可能性が高いと言われています。

これがメラニンの生成を抑えて乾燥対策を行うことで解消出来るのです。

人知れずデリケートゾーンの黒ずみや乳輪の黒ずみに悩んでいる女性は世の中多いのです。

そんな人達の為に今では画期的な黒ずみクリームが色々と開発さえています。だけどお顔の美白化粧品のようにもよりのデパートの化粧品売り場やドラックストアにはおいてないのがこの黒ずみクリームです。

デリケートゾーンや乳輪にはこのクリームが最もお勧めです!
陰部の黒ずみ色素沈着や摩擦は美白ケアや保湿で改善できる!

メラニンや乾燥をコントロールして着実な美白成分が気になるデリケートゾーンの黒ずみを解消してくれるこの黒ずみクリームを使用して肌の健康状態とターンオーバーの遅れをカバーしてくれるのです。

気になる黒ずみを解消するだけで女性としても自信を持てて、ここまで変わる事が出来るんだと言うことを実感してみて下さいね。

年齢にあった自己チェック自己ケアで目指すは年齢不詳

ここまで読み進めてくれれば少しはお肌と黒ずみの関係を理解してもらえましたね?若さは何にも代えがたい魅力でありますが決して誰にたいしても永遠ではない。だからこそ若さはより魅力的で一時的に物凄いパワーとなって私達に恩恵をもたらしてくれたのでしょう。

でも永遠ではない若さが過ぎ去ってしまったからと言って全てを諦める必要はないのです。

自分の人生に対しての取り組み方と同じで年齢にあった自己チェックをすること。

その上で今自分に何が一番必要なのか見分ける力や正しい物差しを持っている事。

少しでも自分の理想の女性像をいくつになっても追及する姿勢で自己ケアを怠らない事。

顔ばかりではなく、いくつになっても一人の女性として輝けるようにセルフチェックを忘れずに顔だけでなく身体の気になる黒ずみも普段からのケアが一番大切なのです。

顔に出来たシミやたるみは気にしてあれこれ購入して試すのに、身体の黒ずみは諦める~だなんてナンセンスです。

デリケートゾーンや乳輪のお手入れもした事が無かった人も諦めずに今からでもお手入れ初めてください。

手をかけたらかけただけの効果が今はしっかりと出る商品がありがたい事に出そろっています。
あとは諦めずにトライして綺麗な年齢不詳女をどこまで追求できるのか?

是非こちらにもデリケートゾーンや気になるボディ全体の黒ずみケアに効果的な記事を詳しく書いてありますので一度ご覧になってみて下さいね。
お尻の黒ずみ色素沈着の原因は何?自宅ケアで改善する対策は

年齢を言い訳にしない魅力的で美しい年齢不詳の女性は顔も身体も黒ずみなんて邪魔なだけです。
ワクワクした毎日と心地良い日々の生活は大好きな自分があってこそです。

若さに甘えてだらしなく美しくない若い女性もたくさん世の中見えます。

でもどうですか?どうせだったらたった一度の人生顔もデリケートゾーンも脇もお尻も乳輪も黒ずみなんて必要ないですよね?キレイを追及して自信のある自分で老化と言って諦めずに、黒ずみケアを始めましょう。

何歳だって始められる黒ずみケアは今からでも遅くないのですから~




Sponsored Link