飛ぶ鳥跡を濁さず
ここにサブテキストを入力できます。
陰部黒ずみ

陰部の黒ずみや色素沈着に飲酒や喫煙の因果関係ってあるの?

喫煙

デリケートゾーンの陰部の黒ずみや色素沈着と飲酒や喫煙の因果関係って考えた事なかったんですがやっぱり長い目で見て影響ってあるのでしょうか?

喫煙も飲酒も女性のトラブルで多いのは決まって顔のトラブルが多いのですが毛細血管を縮小させると言われる原因の喫煙と飲酒が顔だけの影響で他のボディに何ら関係ないのは不自然かもしれませんね。

お酒は全く飲めない私ですが長年喫煙者だった私にも無視できない喫煙と黒ずみの関係が気になります。

長年の生活習慣が後々に与える影響としてはあらゆる国でタバコの値段を年々国を挙げて高額に引き上げている事からも身体によくないのは今更過ぎる話題ですが、どう身体に影響して黒ずみや色素沈着にどんな影響があるのかが気になりますよね?

私の周りにも多い愛煙家やお酒好きの方などは好きなだけに耳が痛い内容だと思いますが今回はデリケートゾーンの黒ずみと喫煙や飲酒との関係を徹底調査してみようと思います。

長い年月を経て蓄積されるだろうこれらの因果関係を追ってみましょう~

喫煙の健康被害と身体の黒ずみは関係ある?

タバコ
この喫煙と健康被害の大きさは今更だと思いますが、一応喫煙者には耳が痛いであろう喫煙の健康被害は非喫煙者と比べて全てのガンの確率が上がる事タバコ本吸うと10分から30分程度血管が収縮される事は明らかにされています。

この血管収縮が原因で女性の中には冷え症の女性が多い事も医学的に喫煙が血液収縮をもたらす関係から冷える事は明らかにされているのです。

タバコの3大有害物質がニコチン・タール・一酸化炭素と言われていますが、ニコチンが青酸に匹敵するほどの毒性を持つ事、その昔はゴキブリの駆除剤として使用されていたことからも分かるようにかなりの危険薬物である事と、その依存性もコカインやヘロインよりも強いと言われる程です。

タールに関しても一般的には壁紙やカーテンが黄ばむ原因がタバコの中のタール成分だと言われますがこのタールにも発がん性物質が存在しており、1日1箱喫煙する人で1年間でコップ1杯分のタールを摂取していると言われています。

一酸化炭素も摂取することによりヘモグロビンとくっく事による酸欠状態と運動能力の低下に動脈硬化リスクが誘発される事が証明されています。

この3大有害物質だけにとどまらず、200種類以上の有害物質や車のバッテリーに使用されている成分のアセトンや車のバッテリーに使用されているカドシウムなどあらゆる有害物質が配合されています。

当然ながら健康被害はじめ身体の冷えや血管収縮が伴う事からも良く女性一般に言われる肌の黄ぐすみに留まらず、顔色がくすんだり黒ずんで見えると言われる事からも身体全体の血液の循環も悪くする働きもありデリケートゾーンの黒ずみも当然関係あると言えるでしょう。

ただ顔のように一目に触れる部分とは違うし、自分でも毎日デリケートゾーンをチェック出来る女性はかなりの少数派である事は間違いないので、デリケートゾーンの黒ずみは気が付きにくい~これが正直な所ではないでしょうか?

結論から言えが充分に喫煙がもたらす影響の中には健康被害プラス身体の黒ずみは充分に考えられると思って間違いないでしょう~

飲酒の健康被害と身体の黒ずむ可能性

お酒
そして飲酒に関しても晩酌程度の飲酒の量が一定で微量であるならばかえって健康にも良いと言われますがそれも晩酌程度とは言え微量である事が前提です。

飲酒の微量も感じ方は人それぞれなので一概には言えませんが、常識的に考えて夕飯時にビールを1杯、お風呂上りや就寝前にワインをグラスで1杯程度なら健康にはかえって効果的な量とも言われますが問題はそれ以上を好んで飲酒される方だと思います。

私個人は全く飲めないので逆に面白みがないのでしょうが、私の周りにはとかくお酒大好き!って友人は何人かいました。

でも常軌を期した飲酒が健康や美容に良いわけが無く間違いなく健康さえも脅かすレベルの飲酒の量だったので飲み過ぎだったのは明らかで翌日に待ち合わせて合うと、当時20代前半だったにも関わらず異様な顔のムクミなどで飲めない私がビックリするレベルで驚いた記憶もあります。

過剰の糖分摂取がたたって結局朝起きたら寝起きにはかなりの水分を欲するらしく、2リットルのペットボトルのウーロン茶などを寝起きに一気飲みをするレベルで異様に喉の渇きを寝起きに感じると話していたのが印象的でした。

お酒大好きな友人ら曰く、深酒した翌日起床と共に2リットルのペットボトルを一気飲みが普通の過剰な喉の渇きを感じるとの事。ちょっと考えられなくないですか?

だって私ら下戸からしたら、寝起きにウーロン茶2リットルを一気飲みだなんてまずありえません。

精々コップ1杯の水が頑張って飲めるかどうか~というレベルです。

だからいかに彼女らの飲酒が内蔵レベルで異常を訴えているのかが分かりやすいですよね?

つまりは当分の取る過ぎで身体には異常事態のサインがムクミや異様な水分量を欲するなどのイエローサインを身体が発する事で当然肌荒れやニキビなどの症状も出やすく、化粧ノリや目の下のクマなどで悩んだりと私達には無い悩みを持っていたのです。

結局常軌ときした飲酒をすることによって、飲酒に含まれる糖分の過剰摂取が皮脂の分泌量を増やしてそれらが影響され顔の水分バランスが変わり脂性になって毛穴詰まりしてニキビなどの原因にもなる・・・

こおような悪循環があった事は間違いないので、それらの理由から肌荒れ~肌のくすみが考えられ、強いてはデリケートゾーンの黒ずみにも影響があったと考えられ、全く肌の黒ずみに関係が無いとは想定しにくい状態なのは間違いありません。

喫煙や飲酒で身体と陰部が黒ずんだらどうしたらいい?

喫煙者
この画像有名ですよね?

この一覧性双子姉妹の画像拡散でスモーカーフェイスの呼び名も拡散されたんです。

同じ遺伝子を持ち同じ年齢ながら右の非喫煙者に対して左の喫煙者の大きな違いは一目瞭然です。

そんな私もお酒は元々飲めない体質ですが喫煙に関しては今でこそ非喫煙者ですが4年前まではしっかり長年ヘビーに近いスモーカーだったのです。

飲酒も喫煙もその成分から飲酒なら相当量の飲酒レベルでアウトだと思いますが、私の場合心配なのは過去の喫煙者としての影響がデリケートゾーンの黒ずみと多少なり関係がある以上今出来る対応ってどうしたら良いの~って思うのです。

やっぱりここは適切なケアが必要不可欠なのは言うまでもありません。

勿論私のように過去の喫煙歴なら今から行えるケアは保湿などの乾燥から肌を守る自宅ケアなどでお手入れすることが重要だと思いますが、今も飲酒も喫煙もしている~しそんなの辞められないよ~って人は又別枠で説明しますね。笑

とりあえず多少の飲酒はしても喫煙は今は非喫煙者だから大丈夫という人は、過ぎてしまった過去は取り戻せないので今から最低限の保湿ケアを取り入れる事をお勧めします。

長年の年月をかけてデリケートゾーンや身体のあらゆるパーツを喫煙や大量の飲酒によってもたらしてしまったのですから、数日間の集中ケア位では改善しないのは当然です。

是非徹底的な自宅ケアで黒ずみのない潤いあるボディを目指してお手入れしてくださいね。

陰部の黒ずみケアに関しては詳しく下の記事にご紹介していますので是非参考にしてみて下さい♪
陰部の色素沈着と黒ずみを徹底改善ここまでやれたら大丈夫!

喫煙は百害あって一利無し

私の友人の喫煙者にはかつての私もそうだったように、今でも喫煙するからには健康被害云々よりも喫煙(タバコ)が美味しいと思っている友人が大半です。

当然と言えば当然の流でしょうが、毎年値上がりするタバコを後目に大げさな話1食の食事を抜いても気タバコを止める事は出来ないし、辞める気もないと一様に言い切ります。

それくらい言い方は悪いけど上記にも説明したようにある意味中毒性が高いと言われる喫煙。

そのタバコの持つ成分からも健康や美容とは無縁の成分で百害あって一利無しとは本当によく言ったもの。この原理原則を考えると、中毒性の高いタバコが大好きという友人が気がかりですが、自分も過去にはかなりヘビースモーカーだったので偉そうな事を言える訳もありません。

ちなみに私の場合は体調不良が続いて喫煙するたびに、それまで美味しいと思っていた喫煙をするたびにムカムカが治まらなくなり、最後にはフラフラ貧血のような症状が現れて、一言でいうと癖で食後や休憩で喫煙するも喫煙するたびに気持ち悪い。

とにかく気分が悪くなる状況が変わらなかったので最終的には「これほど気持ち悪いんだからもうやめよう~」と思い本当に自然で無理の無い形での禁煙が出来た状態だったので、かえって禁煙出来た事で体調も上向きになり、ボーッとする頭いたもおこらなくなったので、その後4年の月日が経ちますが流石にタバコを吸いたいな~という衝動には駆られておりません。

ですがこのような明らかな体調不良が無い限り、喫煙して『美味しい』と感じている場合はかなり禁煙するのには難しい状態だと思います。

それでも禁煙することをお勧めしますが・・・

あらゆる健康被害と顔含む身体の黒ずみの原因をかんが得たら喫煙が齎す影響はあまりにも大きい事。

そしてそれらの影響は一過性ではなく今後生涯を通して影響を受け続ける事を考えると一刻も早い禁煙生活を始める事がまず第一に必要なお手入れの一歩だと思います。

正直いって喫煙しながらデリケートゾーンはじめ脇等気になるボディの黒ずみのお手入れをしても、喫煙者ではあまり意味がない気もするのです。(それでもしないよりはマシだとは思いますが)

第一にはお手入れ云々より禁煙外来に通ってでも禁煙を始める事。

飲酒飲む量さえ適量なら妙薬?

そして深酒などの明らかに多量の飲酒が習慣化されてる人も飲酒を控える工夫や決まりを作る事が最も重要なポイントだと思うのです。

食事と一緒にとる適量な飲酒であれば妙薬にもなるかもしれませんが、飲めるまで飲むタイプの人やテレビやDVDを見ながら寝るまで飲んでいるタイプの人は健康や美容の為にもある程度の節操を自分で保つ事がお手入れ云々より重要だと思います。

飲酒に関しては全くのゼロにする必要はないので食事の際の適量と考えられる範囲内での飲酒は問題ないと思います。

問題なのは食事以降のリラックスタイムや飲みの席で永遠と飲めるだけとことん飲んでしまうタイプの女性です。

底抜けに酒好きでいくらでも飲めると言うタイプの友人が私の周りにもいますが、そうゆうタイプの人こそ、要注意かな~と思うのです。

ボディと陰部の黒ずみ対策は食べ物摂取も重要

疑惑
ここまでの情報では当たり前の情報過ぎて今更感が満載だと思いますが、どうしても喫煙を辞められない人や多量の飲酒を控えられない人は視点を変えて考えて欲しいのです。

喫煙で失われるビタミンや肌の乾燥を同じく体内に取り込む食物で取り入れようとすればどれくらいの栄養価が必要なのか?

先程紹介した外からの乾燥を防ぐ保湿も大事なケアですが、体内からの栄養素もタバコなどの有害物質を取り入れている人は通常の生活の中で取り入れているだろうビタミンBやCなどを壊してしまう効果が喫煙にある以上、それらを補充する食品が必要になるのです。

今既に喫煙が習慣になってどうしても直ぐに禁煙することはどう考えても難しい~という女性には積極的にフルーツや緑黄色野菜にサプリメント等を意識しまくりで摂取すること。

そして外からの乾燥対策だけではなく中からも乾燥対策としてたっぷりの水分補給を意識すること。

最低でもこれらの3点セットは意識して日常生活にプラスすることが重要だと思います。

喫煙や飲酒が齎す影響を改めて考える!

今回のように今更ながら喫煙や飲酒が齎す健康被害と美容とは真逆の効果しかない事を踏まえて、それでも大量の飲酒や喫煙が本当に自分に必要なのか?

それらをまずは見直す事は生活の向上や健康的で美しくあろうとする女性には絶対忘れてはならない基本的な要素だと思います。

美は一日にしてならずとはよく言ったもの~

それでも究極のストレス社会を生きる現代人にとって唯一の発散として飲酒や喫煙が日々のストレス発散の一環になっている事も事実です。

簡単に言えばこれほどの有害物質である事がハッキリ科学を持って証明されている喫煙でさえ、それを我慢することによって受けるだろうストレスの方が人間の身体には良くないのだと発表されています。

褒められた事ではありませんし、奨励する産婦人科医もおりませんが、強烈なストレスを感じる位なら無理な禁煙よりは本数を決めた喫煙を奨励する産婦人科医が多い事は知られた話です。

究極ではありますが、この事からもあくまでこれらの飲酒や喫煙を我慢することによって強烈なストレスを受けるならば喫煙も飲酒も悪くないよ~のレベルである事も一つの情報としてお忘れなく!

理想は今回の上記の情報を改めて見てそろそろ無理の無い程度に喫煙をやめようと思えるか思えないか?
この当たりの自身の許容範囲で物事の味方や捉え方も大きく変わる事。

そして飲酒も楽しく飲める適量な飲酒ならば良しとして、それ以外の一人飲みや自宅での制限無しの飲酒を少し控えるなどで充分飲酒の量も抑える事が出来ると思うので、少しこの辺りの習慣を見直してみたら良いのではないでしょうか?

楽しい飲酒を全て辞める必要はないと思いつつ、適量な飲酒も人それぞれで判断が難しい所ですが、喫煙に関しても、相当なヘビースモーカー意外は人生に喫煙の習慣が無くなったと考えて一度試しに禁煙期間を設けてみるなど、試してみるのも良いかもしれませんね。

どちらにしてもこの二つの行為が様々な影響を与える事を意識して上手く付き合う事が健康と美容には必要な要素である事は今後も変わらない事は間違いないのでしょうから。