飛ぶ鳥跡を濁さず
ここにサブテキストを入力できます。
陰部黒ずみ

陰部の色素沈着と黒ずみを徹底改善ここまでやれたら大丈夫!

ふんどしパンツ

夏本番を目前にして思う事と言えば女性なら陰部の色素沈着や黒ずみ問題じゃありませんか?

水着を着る季節の到来は、間違いなく通常の季節より、デリケートゾーンの脱毛や色素新着の黒ずみケアに頭を悩ます女性は少なくないと思います。

そこで今回は、恐らくは大半の女性の隠れた悩みでもある、陰部周辺のデリケートゾーンの黒ずみや色素沈着を改善する方法を徹底的に調べてみました。

是非、現代の黒ずみケアで水着も、彼氏とのイザの勝負にも大丈夫なイケてる女目指したいですね。

Sponsored Link

陰部が黒ずみ化すると言われる理由

陰部の黒ずみの一番の原因は人間の肌共通のメラニン色素が一番の原因だと言われています。


そしてそれプラスもう一つが、遺伝性的な問題で避けようが無い遺伝子レベルの問題として生まれつき色素が濃い人も関係がありますし、こちらに関してはむしろ肌の色が白い、黒いのレベルの問題なので顔の目鼻立ちの構造と同じく不可抗力的な問題として両親からの恩恵と思うしかないようです。

この遺伝に関しての不可抗力的問題は仕方が無いにしても最初に挙げた原因のメラニン色素と陰部の黒ずみに対しての関係をご説明します。

こちらは日常生活的にしっかり理解して、意識して気を付けるだけでぐっと今後のデリケートゾーンの黒ずみ化を悪化させる原因回避に繋がらるので是非読み進めて下さいね。

紫外線から守る為のメラノサイトの働き

まずメラニン色素というのは、今や美白大国と言われる日本においても日焼けが一番美容の敵と言われるように太陽から浴びる日差し(紫外線)から肌を守る働きの為にメラニンが生成されると言われます。
海水浴アイキャッチー

肌の『表皮』と言われる層は「真皮」、「皮下組織(皮下脂肪など)」の3層で形成されている。

この中の層で一番紫外線によって影響を受ける層が一番上の層である表皮であるが表皮はまた「角質層」「顆粒層」「有蕀層」「基底層」の4層に分かれていて、これらの角質層が28日周期の肌のターンオーバーによって角質層からは古くなった角質がアカとなって剥がれ落ちる働きが自然のターンオーバーの中であるのです。

そして重要な日焼けとメラノサイトが作るメラニンの働きです。

日焼けの一番の原因である紫外線を浴びる事によって肌を守る働きの為に体内に取り込む量を調節するためにメラノサイトがメラニン色素をつくり出して紫外線を吸収し、真皮への侵入を防御するために働いてくれるのがメラニンが色素沈着化して日焼けの症状として肌表面に出て来るのが紫外線とメラニンの関係なのです。

子供の頃は毎年当たり前のように夏になるとプールに入って夏休みには海に行って~と真っ黒に日焼けして夏休み明けにはどこどこの海に行った~どこに遊びに行った~の証明のように日焼けも遊びの象徴の一つでしたよね。

でも子供だから新陳代謝がとにかくよい事もあって冬を迎える頃にはあの日焼けが嘘のように肌の正確な
ターンオーバーの働きによって元の肌色に戻っていたのを覚えていますか?

成長期真っ只中である子供時代は肌の再生能力も高くターンオーバーも正常な働きをしてくれるのでとにかく夏の真っ黒がお正月を迎える頃には嘘のように元の肌色に戻ってしまいましたよね~あの変化こそが肌のターンオーバーの最たるものなんですよ。

今(私40代半ばです)では何の事ですか~状態ですが、子供時代から娘時代はターンオーバーしまくりで夏に真っ黒になるのが楽しくで仕方なかったですよね。

今は恐怖でしかありませんが、あの頃は~な状態で、正確で見事なターンオーバーで生まれ変わっていたのを覚えています。

もう一つのメラニン色素の働きとは?

懐かしい子供時代の遠すぎる思いで話はこれくらいにして、もう一つのリアルなメラニン色素と黒ずみの関係もここで触れておきましょう。

さて、デリケートゾーンと言われるだけあって肌が敏感であらゆる外的要素にも弱い部位であると言われる陰部周辺の皮膚はその部位からして余程の人でない限り上記のような紫外線からの防御が理由でメラノサイトが刺激を受ける事は少ないと思います。
コルセット

その代わり衣類や下着などから受ける圧迫や締め付けなどでも皮膚が強い刺激を感じてメラニンが反応すると言われているのです。

他にもおトイレの時のトイレットぺーパーでの強い陰部の拭き取りや入浴の際のナイロン製のタワシやボディタオルでの擦り洗いのような強い洗浄方法もメラニンは反応して陰部の黒ずみ化を後押ししていると言われます。

これらの条件に女性は尚更生理の時の生理パットなどの摩擦や圧迫は必要以上にメラニン色素が反応して黒ずみの原因になると考えられているのです。

このためデリケートゾーンの陰部の黒ずみを解消したいと思う女性には日ごろからの下着や生理パット入浴の際のナイロンタオルでの強い摩擦など避けるべき注意点が多いのも紫外線とはまた違う意味で気遣いが必要なポイントが多いと言えるでしょう~

でも下着を付けない訳にも生理の時の生理パットを使用しない訳には行かないのに~どうしたらいいの~と思う女性が多いですよね?

そりゃ~そうです。いくら締め付けがメラニンの刺激になるからと言ってノーパンで良い訳がありません。

下着の種類や明らかに意味不明な矯正下着等のコルセットやガードルなどは正直避けてもらった方が良いと思いますが

日焼けによるメラニン生成も緩やかであっても肌の再生機能であるターンオーバーの働きによって元の肌に少しずつでも戻っていくと言われるように、デリケートゾーンの陰部の黒ずみにも、あらゆる刺激を避けてメラニンを抑え肌のターンオーバーを元の働きに戻してあげる手助けをすることによって紫外線同様に陰部の黒ずみにもキレイに保つ事が出来ると思うのです。

違いますか?

でしょう~だって根本は同じ原理なんですし・・・
メラニン原因の黒ずみケアや毛穴汚れ改善が黒ずみの悪化を予防する

陰部の黒ずみ色素沈着と黒ずみを改善する方法は何?

原因
陰部の黒ずみや色素沈着の原因がメラニンと大きな原因になっている事がこれで理解してもらえましたね?

日焼けとは別の次元である日常生活の避けられない生活の中で衣類や下着など現代社会の必需品によって摩擦から刺激となって黒ずみ化や色素沈着してしまっているのです。

でも日焼けとは黒ずみの原因が違うこの黒ずみや色素沈着をどう改善出来るというのでしょう?

まずは摩擦によって過剰に反応しているメラニンの活動を抑制して色素沈着を抑える為には、最も肌を刺激の少ない状態に戻して正常なメラニン生成の状態へと戻してあげる働きのあるケアが必要になりますよね。

先程紫外線からの影響から守る為にメラニンが生成される説明はしましたがこの時の元の状態に戻る時の肌再生に向けて自然に肌のメカニズムの中で行われるのが通常28日周期と言われるターンオーバーです。

でもこのターンオーバーもこれまた最初に話したように子供時代に夏休み真っ黒に焼けても冬には嘘のように肌色が元通りに戻っていた経験は誰しも覚えがあるでしょう~と問いましたね?

この子供の頃の超絶成長期と正しく行われる肌再生機能であるターンオーバーが肌年齢のピークが18歳と言われている事から分かるように当然アラフォーである私やアラサーである女性陣、もっと若い20代であっても小学生や中学生のようなターンオーバー機能が行われない事は容易く想像出来ますよね?

そうです。

私達は(特に私の年代は)とっくに老化現象の真っ只中に立たされている状態です。

子供時代のターンオーバーと同じ考えでは話にならないのです。

ましてやデリケートゾーンの陰部周辺の黒ずみや色素沈着など必要以上の現代の便利商品などで一方では確実に便利なパットや合繊素材の美しく見せる下着。

そして機能を持ち合わせた体系維持等の為のガードル等。便利ではあっても表裏一体で見方を変えたら陰部の黒ずみ化を推進した現代人の便利商品ともいえるでしょう。

でもその全てが無くなっても困りますしね・・・

こんな条件下でデリケートゾーンの陰部の黒ずみも顔の日焼け後の自宅ケアと同じで、しっかりアフターケアを行って肌再生としてターンオーバーを起こしやすいように導いてあげる必要があるのです。

このひと手間がお顔の美肌同様陰部の色素沈着や黒ずみがにストップをかける歯止めになるかならないかの違いになるなら是非ストップかけたいですよね~多少強引でも。W

陰部の黒ずみストップかけるならこのクリーム♪
デリケートゾーン美白人気No.1商品【イビサクリーム(医薬部外品)】

男目線の陰部の色素沈着と黒ずみについて!

やっぱり気になるのがこの異性の目線です。

だって正直言って誰にでも見える場所じゃないだけに顔や手足のような見える場所ならともかく、デリケートゾーンの陰部に悩みを特化すると同じ女性よりは、どうしたって気になるのが異性である男性から見た陰部の黒ずみがどう思われるか?

今現在でデリケートゾーンの黒ずみや色素沈着が気になってお手入れを始めるかどうか迷っている人ってぶっちゃけ男性目線を気にしてだと思うんですよね~WW

私も含めですよ。汗

結婚してたっていつ何が起こるか分からないのが人生です。昼顔のようなケースだってなきにしもあらずです。汗

かなり脱線してますが古今東西男目線が気になるのが根本である事を認めた上で男性はどう思っているのか?

勝手な男共の願望や妄想を調べてみました。

っするとどうでしょう~想定内の妄想の数々が明らかになったのです・・・汗

本当に困ったモノです。

女の身体から誕生したのを忘れたかのようなコメントの数々に改めてドン引きしてますが、ある意味想定内だっただけにやっぱりね~と相当納得しつつ、一応調査の結果を少々まとめて報告したいと思います。(大げさ)

陰部が黒ずんでいると遊んでいるっぽいイメージしかない・・・

陰部が黒ずんでいると汚れた感じ。

陰部の黒ずみを見た途端萎えて行為に至らないかも

デリケートゾーンはやっぱりピンク色でキレイであって欲しい。

出来たらツルツルで毛も無くて良い。汗

って感じで男性自身も自分達の事を大きく棚に上げて勝手な妄想天使で理想の女性器を創造している事が改めて良く分かりましたね。

今時陰部が黒い⇒遊んでる⇒サセコ??だなんてまさかと思いつつ、今も昔も都市伝説のように言い伝えられている意味不明の陰部の黒さと異性関係の多さは、真面目な男子程、女性像の理想が偶像化され過ぎてあり得るのかもしれません。

非常に迷惑な話ですが・・・

ようするに秘められた場所だからこそ特別な関係になった女性はどこもかしこも?他人には絶対に見せない場所程美しき清らかであって欲しい~的な感じなのかな~とは思いますが(笑)

言っときますが女性からしたって男性の陰部の黒い方よりはそりゃ~綺麗な肌色の人が良いに決まってます。汗

そうでしょう?

女性側から見ても真っ黒でも全然気にしないし~逆に結構好き~って人居ます?

真っ黒だからと言って遊んでいるとは思いませんが、どうしても何か不潔な感じに見えるのは女性からしても同じですよね~男と女結局は同じ事を考えている~って事です。

平たく言えば陰部の色がどうこうなんかより正直いって大事な外せないポイントはいくらでもあるんですが、一応出来たらキレイな陰部が好ましい~ってことには変わりは無いのでW

そうゆうこと抜きにして万が一のベットインの時に大好きな彼に幻滅される材料になりかねないデリケートゾーンの黒ずみは解消するに越したことがない~ってことで急な彼とのベットインにも焦らないで大丈夫な身体作りに黒ずみはいただけません。

是非、そうなりそうな理由の一つである陰部の黒ずみを普段からの自宅ケアや時には最先端医療の力を借りてでも是非ケアにとりかかってみませんか?

今は望んでしっかりと目標に向かって適切な努力さえすれば何だって叶う時代です。

それが例えば生まれつきのモノであってもね。今を生きる私達は諦める理由なんてどこにもないんですよね~

そう考えたらコンプレックスの一つに入っているだろう陰部の黒ずみを何とかしなくっちゃ~と思えてきたでしょ?

Sponsored Link

陰部の色素沈着や黒ずみ徹底改善の第1歩!

じゃ~ウンチクはよ~く分かったし、治せるなら誰だって陰部の黒ずみや色素沈着無くしたいよ~どうしたらいいの?って思ってくれた人。
疑惑
まさかヨーグルで陰部をパックして~みたいな話や重曹で~みたいな事はさすがに場所が場所なだけに試す事も出来ないし当然お勧めする気もありません。

じゃ具体的に私が思う最初の1歩で確実な色素沈着や黒ずみの改善に繋がると思うのはやっぱり自分で取り組める自宅ケア商品が手っ取り早くお勧めです。

現代社会では専門クリニックでのレーザー治療も高額料金に見合ったリターンがあるとの口コミも知りつつ、やっぱり最初は自宅で専用クリームでのケアから取り組むのが一番負担も不安も少ないからお勧めです。

私自身もこの数年からこのデリケートゾーンの黒ずみケアに取り組んで来た者として、それほど沢山の商品を使用してきた訳じゃ~ないんです。

結構気にいると化粧品でも浮気できなくなるタイプなのでかなり継続して一つの商品を続けて使用するタイプです。

デリケートゾーンのケア商品なんて最初は結構違和感があったのですが、結構元々デリケートゾーンにはトラブルも多かった私です。体質なのも大いにあったかもしれませんが、色々といじり過ぎて摩擦も相成って色素沈着が進んで黒ずみが目立っていると思っていた私。

最初にトライしたのが専用石鹸だったんですよ!

しかも当時はよく購入していた美容雑誌か何かにデリケートゾーンの黒ずみやニオイ対策に効果的とあったので、金額的にもそれほど高額じゃなかったのでトライしてみたのがジャウムソープだったんです。
石鹸

それがデリケートゾーンケア商品のデビュー商品かもですね。

正直最初は黒ずみに効果がある~みたいなキャッチコピーにつられて、まさか石鹸が???と思いつつ目が釘付け状態で気になり過ぎたので、後々購入した~のが流れなんですが正直黒ずみには効果を感じる事はありませんでした。

その代わり~というとなんですがニオイフェチの私からしたら香りがまず気に入った事!

そしてそれまで思春期から度々悩みの種だった常在菌であるカンジタ菌を併発していた私が、なんとこの石鹸を使用しだした過去4年弱の間、カンジタ菌を併発してない事に2年目位で気が付いたんです。

絶対にこの石鹸のお陰だよ!とは言い切れないものの、それ以前は確かにこの夏の盛りは体育会系の私は必ず1度産婦人科に駆け込み診察に走り込みしていた時代があったのです。(結構長期間です)

それが無いだけで充分効果ありでしょう?

結局カンジタ菌など含む強い陰部の違和感や痒みも必ず黒ずみの原因である摩擦などを起こしていたのは当然の事実です。関係無いとは言い難いでしょう~

そう考えたら使用感とニオイ(ローズの香り)も大好きでトラブルが購入後無い~ときたらなかなか他に浮気出来ないのも納得じゃないですか・・・浮気心がこのブログを初めて改めて商品の多さに驚いて出始めていますが、未だ浮気に至ってはいないんですよ。汗

私の大好きナンバー1と口コミ色々専用石鹸!

一応私は黒ずみ効果は感じませんでしたが、何故人それぞれ感じ方の違いにも大きな開きがあるとは思います。
(でも私は黒ずみケアには向いてないと思います)

陰部の黒ずみや色素沈着に効果的だと思って今現在も使用し続けているのは専用保湿クリーム(ジェル)なんです。

私個人が緩やかながら効果を実感している陰部専用の黒ずみジェルクリームは確実に摩擦で乾燥した状態の陰部を健やかに保ちターンオーバーをしっかりおこして肌再生を補ってくれていると思えるジェルクリームがもう一つあるのです。

一応巷ではもっと色々あるんですが、こちらも何故使用感と香りに、デリケートゾーンの改善も透明感が出てきて薄っすらではあるが着実にケア前よりも陰部の黒ずみは解消さえている~と思える商品なのです。

ですので色々ある使用したことのない有名黒ずみクリームよりも個人押しでこのクリームを最初にイチ押しします。

黒ずみクリーム私のお勧めナンバー1

一応巷には色々な有名クリームも評判の良い黒ずみクリームも色々あるけど、とりあえずは私が今現在使用して緩やかながらに確実な効果を感じているクリームをご紹介したいと思います。
ハーバルラビットアイキャッチー

それがハーバルラビットを1位にした理由です。

効果の感じ方や好みは人それぞれで、当然私も使用したことのない興味のある黒ずみクリームは他にもいろいろありますが、一応このハーバルラビットもかれこれ使用を初めて、もれなく4年程の歳月を使用しているのです。

最初は先ほどご紹介したジャウムソープを購入したのがきっかけとなって、意外にも黒ずみ改善にダイレクトな効果がなかったものの、他おニオイや使用感の想定外の良さから、最初の購入からなくなって1カ月位平気だったんだけど、やっぱり今でも入浴の時使用するのが固形石鹸派の私には、いつもの石鹸で全身洗いつつ、やっぱりジャウム良かったかも~と物足りなさを感じてからかれこれ4年目に突入するのです。

ジャウムの良い点は色々あるけど、一番は使用感とニオイ。

そして1年以上使用して気が付いたのが過去何度も泣かされたデリケートゾーンのトラブルが激減したこと。

この2点に気が付いてからはかえって費用対効果高いかも~と思い使用を続けているのが理由なんですよね~

そしてこのジャウム石鹸の仕様で更なる美容に目覚めた私は当初期待していた黒ずみに効果を見いだせなかったのでこの専用クリームを取り入れてみようと思って最初購入してみたんです。

そしてこちらもかれこれもうすぐ4年目です。

言っておきますが一応シャンプーや基礎化粧品など結構心変わりしてコロコロ変える派です。

特にシャンプーなんて髪も太い多い、癖毛の見事な3点セットを併せ持っている私なので余程の高級ライン意外はもう何使っても同じレベルかな~と思いシャンプーは浮気しまくりです。

専用石鹸を購入したことで、少しこのデリケートゾーンに対する美意識が目覚めた事が大きく、ちょっとした雑誌にこちらのハーバルラビットもモデルが使用している~との情報を見て、興味深々になって購入。

そして最初は正直言ってそれまで黒ずみや色素沈着してるな~と思いつつ放置状態だったデリケートゾーンのお手入れをしているんだ~という自己満足とニオイに癒されて使用してました。

何となく効果を感じだしたのが1本使い切る頃です。

『あれ?何か透明感出てきたかも~』

こう思ったからにはやっぱり継続は力でしょう~と勝手に良い方に思い込み、2本目購入を決定。

ハーバルラビットは使用感も良いけどその成分も黒ずみや色素沈着に特化した水溶性プラセンタなどの効果的な成分配合で肌の再生能力を施すターンオーバーをしっかりサポート。

何とも言えない黒ずみクリーム特有のやぼったさも少なくてかわいいラビットマークもいつでも持ち歩いて気軽に習慣化させて使用するのによかったのかもしれません。

とにかく4年目突入の私は、かなりのリピーターなのでもう何本使用したのか分からないレベルだけど、巷の気になる陰部専用クリーム情報に迷いながらも未だこのハーバルラビットを使用し続けているのです。

デリケートゾーンの黒ずみケアクリーム【ハーバルラビット】

イビザクリーム2位!

そして勝手にお勧めランキングで余裕があったら購入するつもりなのがこちらの2位にしたイビザクリームです。
イビザクリーム
だってこのイビザクリームもやけにデリケートゾーンの黒ずみクリームとしては有名でアチコチ見かけるクリームなんですよ。知ってる人もいるかもですね。

特に私個人は当ブログのデリケートゾーンの黒ずみを中心に特化した情報発信を始めてからというものの、調べる度にあちこちで見かけるデリケートゾーンの黒ずみケア商品としては、かなり有名なクリームで口コミでも1位とかになってるレベルなんです。

だから正直私もこの黒ずみクリームの紹介でちょっと迷ったんですが、一応私発信ブログなので、やっぱり1位は私が使用している今の愛用クリームを紹介したいかな~って思ったので、そのあたりは無礼講でお願いしますね・・・

一応このイビザクリームの特徴は医薬部外品でその口コミ情報でも1カ月程の仕様で確実に陰部の黒ずみが1トーン明るくなったと実感しているとの情報もチラホラあったりする優秀クリームです。

改めて1カ月で効果感じるって凄いんじゃないの~と今使用しているハーバルラビットとの成果と比べて今揺れる私ですが、まぁかなり効果を感じるのが速い人で1カ月で違いを実感した~という見方が正しいのかな~と思いますが。

一応私個人も気にはなっている商品です。

デリケートゾーン美白人気No.1商品【イビサクリーム(医薬部外品)】

ハーバルラビットと量も変わらなく見えるのですがこちらもたっぷりの量でだいたいデリケートゾーン中心の仕様で1カ月半から2カ月が1本の目安との事です。

そして自信の表れなのか何かニオイが好きじゃない~や使用してみたけど、これじゃ続けるの無理かも~と思った人に28日間なら返品OKという太っ腹!

全額返品保障があるらしいですよ♪

とはいっても私の解釈では28日では効果が分からないと思うので、是非お肌に合わないとかのレベルじゃない人はせめて1本は使用し続けてみてこそ~と思いますよ。

ホワイトラグジュアリークリーム3位!

これもアチコチのライバルサイトでも見かける黒ずみクリームです。

ホワイトラグジュアリークリーム
勿論私は使用したことがありません・・・汗

でもビタミンCをはじめデリケートゾーンにも使用出来て女性が気になる箇所である乳輪の黒ずみにも効果的との事で口コミ上人気があるクリームなんだそうです。

何かサイト見てみたらあびる優とか梅宮アンナさんらが紹介していて商品を奨励しているのも人気の理由かもしれませんね。(宣伝力も大きいかも)

でもかなり美容やおしゃれにはこだわりが強く最先端を試していそうな彼女たちの紹介なので尚更人気が爆発したのかもしれません。
気になった方はこちらから覗いてみて下さいね♪
透明感のある美白乳首に!薬用美白クリーム【ホワイトラグジュアリープレミアム】

いかがでしたか?私の勝手にランキングで一応世間の声を無視して自分のお気に入り(今使用してる)ハーバルラビットを独断と偏見で1位にしてしましましたが、このハーバルラビットもそれなりにデリケートゾーン黒ずみの専用クリームの中では有名だし評判も悪いわけではないので安心してくださいね。

だって世間の声よりやっぱり愛用クリームを紹介したいですし、私個人はそこそこ効果を感じていますので・・・
(イビザはまたチャレンジしますね)

でもね、デリケートゾーンのお手入れを初めて変わったのは改めて自分の美意識です。

顔や髪の毛と同じなんですよ!
フェロモン
手をかけてあげればあげる程、身体は綺麗という確実なリターンとなって自分に跳ね返ってくる。

そして少しのコンプレックスが解消される事によって、より魅力的な自分に近づくなら試してみる価値はあるかな~って思うんです。

いくつになってもキレイを諦めないで大切な自分を外からも中からもケアすることは生物学的にも大事なステップに違いないので是非そんな事までした事ないな~って人ででも『黒ずみは気になってるの~』って人には是非チャレンジして欲しいですね。病みつきになるかもですよ~♪

Sponsored Link

陰部の黒ずみや色素沈着には保湿が第一!

芍薬
陰部の黒ずみや色素沈着にはその黒ずみの原因からして第一に摩擦となる生活習慣を改める事と、既に黒ずんでしまった陰部に対するケアとしては第一に必要なのは摩擦から乾燥してしまい色素沈着を起こしている状態が大半なので、1番は保湿、そしてプラスアルファーで効果的な成分だと言われるのが顔のお手入れと同じで美白成分なのです。

これは別で保湿と美白でお手入れが必要だというのではないんですよ!

先程お勧めデリケートゾーンの黒ずみクリームで私がお勧めしたハーバルラビットにも美白成分が配合されてます。

水溶性プラセンタや保湿に効果的なヒアルロン酸にトラハロースやセラミドにコラーゲンなどふんだんな保湿と美白効果を兼ね添えた成分の配合でしっかり美白成分も摩擦で黒ずんでしまった色素沈着に働きかけてくれるのです。

この成分を着実にお手入れで補充することによってメラニン生成成分が肌のターンオーバーを正常に健康なお肌の状態に戻していくというのがこのハーバルラビットの利点なんですよ。

デリケートゾーンの黒ずみケアには保湿だけでは無く必要に応じて元の肌再生の為にも正しい肌のターンオーバーを美白しながら行う事が黒ずみケアには最も必要なお手入れだということが理解してもらえましたか?

女のターニングポイント妊娠出産と黒ずみの関係

陰部の黒ずみや色素沈着の原因があらゆる摩擦や刺激が原因となって黒ずみとなると言いましたがもう一つ、女性が最も黒ずみやすい時期があってそれが避けては通れない生理周期と生理前後はメラニンの生成が活発になる事から28周期と言われる生理周期の中でも最も排卵から生理前の2週間が黒ずみやすい時期に入ります。

妊婦

この女性ホルモンと黒ずみの関係は生理周期だけにとどまらず女性の一生の中でも大きなターニングポイントになる妊娠や出産時期にも最も盛んにメラニンが生成される時期となるのです。

そうやって言われてみたら私も生理前に胸が張って痛みが出るタイプだったので、それと同時に乳輪がいつもよりも少し黒ずんでいる気がしていたものです。

それが妊娠するととたんに更に黒ずんで見えて出産した後の授乳期に入ると更にビックリするくらい、以前より乳輪が大きくそして黒ずんだ胸に変化したのを覚えています。

これと同じ事が胸意外のデリケートゾーンにも当てはまって、当時は初めての出産で余裕がないのと、自分で直接授乳の度に目にするのが胸だったので胸の黒ずみはハッキリと『どうしよう~戻らなかったら』と思った記憶がありますが当時気が付かなかっただけで、陰部の黒ずみやワキも間違いなく黒ずみがましていたんだと思います。


生理の時の現象も同じですが妊娠しても女性ホルモンの中の一つであるエストロゲンの働きがバランスを崩す事によって肌荒れを起こしたり、肌の水分量の調節が利かなくなったりすることから乾燥して、それらのダメージが刺激となってメラニンが反応して黒ずみという現象で反応してデリケートゾーンなどは黒ずみやすくなると考えられるのです。

勿論出産後は子宮の大きさが産後1カ月かけて自然に戻るような働きもある事から、その後の授乳期間も終了すると乳輪もデリケートゾーンもメラノサイトが元の状態に自然に戻ろうとするのでそれほど心配することは無いと思います。

でも、放置して自然に戻る事をただ待つだけよりも、この後の出産後からの積極的なお手入れによって産後の体型も違うようにデリケートゾーンの黒ずみも1年後や2年後違いが出る事は当然だと思いませんか?

当たり前ですよね?

20歳や21歳の若いお母さんならまだしも、ある程度の年齢を過ぎてしまった女性はお肌の再生能力も年齢が上れば上がる程ターンオーバーも少しずつ遅れて乱れてくるのです。

それを手助けするためにもあまりにも自然に任せるよりは、少しのお手入れと意識の違いで大きな違いが生まれるのは火を見るより明らかな事実なので是非この期間に切り替えて黒ずみケアも積極的に取り入れる事をお勧めしたいと思います。

だって良く聞きますよね?出産後手放しで何のケアも行わなかったからデブデブに太っちゃったの~って女性がいれば

出産後、落ち着いて健康状態が普通に戻るのを待ってただちに始めたのが食事療法のダイエットと運動なの~って女性。

この両者の違い分かりますよね?

方や出産したんだから、慣れない乳幼児抱えてダイエットや体系維持処じゃないの~

方や出産したんだから切り替えて健康状態が元に戻ったと確認したら早速ダイエットと食事療法でまずは体重を落として体系を戻さなくっちゃ~

この意識の違いと取り組み方の違いで二人の女性がどれほど他人から見たら違うタイプの女性になるかわ想像出来ますよね?

どちらが良いとか悪いとかの問題ではなくどちらになりたいですか?が一番の問題です。

そしていつ初めても遅くはない!とはいいつつも、当然何事も一刻も早く取り組んだ人が戻りが早いのは当然の事実です。長らく放置して好き放題過ごしていた期間が長い女性と、産後直ぐにダイエットに取り組んだ女性のどちらが痩せやすいかは言うまでもありません。

この定義と同じで、お肌のお手入れもデリケートゾーンの黒ずみや色素沈着も同じ事が言えるのです。

妊娠と出産でダメージを受けたメラニンを抑えて黒ずみをケアすることが、産後のダイエットと同じで少しでも早く元のターンオーバーを起こせるきっかけになると思うのです。

産後の戻りを早める為に黒ずみクリームを取り入れて♪

血行不良も黒ずみの原因に?

冷えは万病の元とは昔から言われますが、最も多いのはやっぱり異性との身体の構造から女性により冷え症の方が多い事は知られた事実です。
手術

そして冷え症が何で美容や強いては肌の黒ずみにも良くないと言われるか?それは基礎体温が下がる事によって肌細胞が活力を失い、当然汗をかきにくくなりその結果肌の善玉菌が減る事によって肌が乾燥してしまうからなのです。

肌の潤い成分が乾燥によって失われてしまうことは理解してもらえると思うのですが、身体の冷えや血流の低下をもたらしてその結果皮膚の細胞分裂が遅れるのが結構不良が肌のターンオーバーを遅らせる原因を引き起こしてしまうのです。

冷える事によって肌の新陳代謝が落ちてその結果肌の水分量や油分をつかさどる細胞分裂がスピードを遅くすることで肌のターンオーバーが乱れ肌が乾燥する事で、日ごろからダメージを受けやすいデリケートゾーンは更に乾燥をする。

この流れから血行不良などの冷えは万病処か結局はデリケートゾーンの陰部の黒ずみにまで影響を与える結果になると言われているのです。

身体の体温を上げて適度な汗をかくことで汗は天然の美容液と言われる程代謝と大きな関係を持っています。

インドア派の女性の中では運動やどにかく汗をかくことを嫌う女性も多いと聞きますが適度な病気や美容全般に言える事は血行不良を改善すればたいていの病気にかかりにくく、そして冷え症の女性に比べて健康で美容効果が高い事は医学の世界でも証明されているのです。

末端とは言えデリケートゾーンの黒ずみにも冷えからくる血行不良は間違いなく大敵です。

時には適度な運動をして、運動が無理なら夏でもシャワーだけで済ませず入浴する習慣などで身体の芯から温める行為は血行不良の改善に繋がり、それが敷いては理想的な健康と美容に黒ずみ化しやすいデリケートゾーンの改善にもつながっているのです。

身体の血行不良を高める意識も黒ずみ化を防ぐ為にも強いては美容全体にも良い事なので心掛けてみたいですね♪

結局は健康も美容も黒ずみさえも、全ては繋がっている~って事なんですね。

身体の中からも黒ずみ徹底ケアしてみよう!

食事法
そして上記に続いて冷えや血行不良を改善するためには入浴も運動も当然やらないよりやった方が良いに決まってますが身体のもっと奥から徹底ケアするには食べ物からのケアも重要です。

冷えや血行不良は特にね!

じゃ~何が血行不良や冷えには良いの?当然これが気になります。

ジンジャー(ショウガ)・にんにく・ネギ・しそ
人参・かぼちゃ・ゴボウ・玉ねぎ

これらの食品を使用して身体の芯から温まるスープなどが栄養価や血行不良には効果的な取り入れ方だと思います。
後はバランスの良い食品と、無謀なダイエットなどで極端な食品に限定したような食生活も好ましく無いのは当然です。

そして夏に熱いから低温のクーラーで身体を冷やしっぱなしにする行為や、冬に限らず3つの首を冷やさない事も血行不良や冷え症体質を改善するのに効果的だと思います。

ちなみに3つの首とは「首」「手首」「足首」です。

この3つの首を冷やすのが良くないと言われる理由は全ての身体の作りの中でも皮膚が薄く動脈が近い場所である為身体全体を冷やしやすい部位だと言われています。

本当に冷え症だな~と思い当たる人にはせめてこの3つの首を意識して出さないようにしたり、逆に隠すようなファッションを心がけるだけでも変化が現れるかもしれませんね♪

逆に身体を冷やす食べ物は?

トマト・バナナ・白砂糖
コーヒー等のカフェイン

そして個人的には苦手でどちらかというと嫌いなので紹介する気は全くありませんが、サプリメントから取り入れるのも現代人は食わず嫌いが多い人は仕方がないのかもしれませんね。

正直言って余程高額なサプリメント意外は効果があるのかな~と思うレベルのモノが巷にあふれかえり過ぎていてかえって胡散臭いな~と思っていますが・・・汗

一応巷で効果があると言われているサプリメントの傾向はビタミンA・B・C・Eがメラニンの生成や肌のターンオーバーに効果的だと言われています。

どうしても一人暮らしで毎日充分な栄養管理をする自信が無い~という女性は是非何もしないよりはした方が良いにきまてますのでこの辺りのサプリメントを取り入れてみても良いかもしれないですね。

でもサプリメントもかなりの期間(半年位)飲み続ける事で結果が出ると昔から言われていますので、サプリメントよりは本来なら体質改善として、食生活の見直しと先ほど挙げた食品を積極的に取り入れるだけでもずいぶん体質も変わるんじゃないかな~と思います。

口に入れるもので健康も体質も変わる事は確かです。

私個人はサプリメントの類が大嫌いですし、薬でさえも喉に引っかかって苦しい事が多々あるので、そんな苦しい思いでサプリを何種類も取り入れるよりも、年中暖かいスープは大好きなので、香辛料たっぷりのジンジャーやニンニクは毎日ちょっとした炒め物やスープには使用して真夏でも体内から温める意識で取り入れています。

それにジンジャー(ショウガ)もニンニクどんな料理にも深みとうま味が増して本当に美味しくなるんです。

色々な香辛料や流行りの調味料なんて必要ないんですよ。

細かく刻んだニンニクとごま油があれば塩コショウでどんな野菜炒めも本当の美味しい1品料理に生まれ変わります。

是非みなさんも取り入れてみて!

特別ニオイを気にする人意外は絶対お勧めです。笑

ムダ毛のお手入れ原因で黒ずみ化する理由

そしてもう一つ避けて通れないのが色々と気にして触り過ぎている私達のムダ毛ケアもデリケートゾーンやワキに手足ともはや身体全体が今やツルツルじゃないとダメでしょうみたいな常識レベルになっている今ワキはおろかデリケートゾーンのお手入れも日常的に行っている人が大半ですよね?
脇の黒ずみアイキャッチー

でもこのムダ毛のお手入れも実は、カミソリや毛抜きなどの最も初歩的なお手入れを未だに行っている人はかなり要注意です。

だってここまで読み進めてくれた人なら分かりますよね?

デリケートゾーンの黒ずみは大半が下着や衣類あらゆる刺激からの摩擦が原因で色素沈着してしまい黒ずみ化となってしまう事は何度もこのブログで紹介しています。

私も含め思春期に生理が始まった頃に色々な身体の変化が現れる中で陰毛やわき毛もこの頃身体に出始める時期だと思います。

そして多くの女性は大体は最初カミソリで剃り始めて、ある程度それを繰り返したら、今度は生えてきたワキの毛を毛抜きで抜いてみたり~がだいたい普通の一般的なパターンだと思います。

でも実はこのカミソリがわき毛を無かったようなレベルにキレイに仕上げようと思ったら相当意識して少し力を入れてカミソリで剃りましたよね?
陰部脱毛
この行為こそが肌表面も同じように少しずつ削り落としてしまっている状態のようで本当にワキや時にはデリケートゾーンの陰毛のお手入れなんかをしている人にとっては、振り返ってもかなりの摩擦で肌表面を刺激している事になるのです。

毛抜きなんて毛穴から毛を引きちぎる行為と全く同じでこの刺激が肌のターンオーバーを狂わせてメラニンを蓄積させて色素沈着の一番の原因になる事を理解して欲しいのです。

手っ取り早くお手入れする一番身近な方法なので誰もが経験あると思いますがカミソリや毛抜きのお手入れはデリケートゾーンも脇の下も同じレベルで肌の黒ずみを解消したいなら百害あって一利無し状態のレベルで辞めた方が良いお手入れ方法だと言えるでしょう。

また個人的に専用クリニックでの経験が無いので言い切るのはよく無いのですが最近ではブラジリアンワックスと言われるワックス脱毛もやっぱり市販の商品で試した事がありますが、その方法論からも肌負担が大きい事からお勧めできるムダ毛お手入れとは思えません。

一番ベストかな~と思うのは、信頼のおけるクリニックでのフラッシュ脱毛ですが、クリニックではワキの脱毛は宣伝用?や客寄せにワンコインレベルで行っていたり体験1回コースであるのを見かけますが、個人的には正直ムダ毛ケアには相当お金を使用してきたので言い切ります。

今なら自宅ケアで全身お手入れできるケノンがお勧めです!

数々のクリニックもサロンも通って高額な脱毛器も購入した私がお勧めするのはこの脱毛器!

今でも使用してますが費用対効果が抜群だから一家に一台がお勧めです♪
楽天でも今一番売れてるらしです。
全身ムダ毛ケアはケノンが安心安定のお勧め脱毛器!
肌負担を極限まで減らしたフラッシュ脱毛で自宅でいつでも気軽にムダ毛ケアできます。

デリケートゾーンにも優しいから今までの自宅ケアよりぐっと陰部やワキも黒ずむ可能性が減ると思いますよ。

ボディ全体も陰部も黒ずみケアWでケアする!

脇の黒ずみ
そして最小限に肌負担を減らしたフラッシュ脱毛でも他の方法でも全身脱毛ケアを行った後には、保湿や肌再生とメラニンの蓄積させない為にも確実なお肌の全身お手入れが必要だと言われています!

脱毛器とは言え上記に紹介した私のお気に入り自宅ケア脱毛器ケノンもフラッシュ脱毛という光脱毛で毛根を焼いて毛の処理をするお手入れ法です。

全く皮膚に負担が無いかと言えばウソになるので、お手入れ後は正しいケアで脱毛後の毛穴詰まりやワキの下のブツブツを避ける為にもしかり保湿して肌のターンオーバーを手助けする必要があるのです。

そうする事によって黒ずみが気になるワキの下もデリケートゾーンのビキニラインも肘やヒザにくるぶしなどの全身もあらゆる方法でムダ毛処理して角質やデリケートゾーンに刺激を感じた肌が正しい水分量を補充することによって肌バランスを整えてくれるのです。

ムダ毛のお手入れはバッチリ出来たのに、毛穴詰まりやカミソリや毛抜きで摩擦し過ぎたせいで脇や陰部が黒ずんでしまった人や、時にはレーザーでさえ少しでも早く脱毛をすませようと強い光で照射し過ぎてワキが黒ずんでしまった~という人は少なくないのです。

どのお手入れも過剰なお肌の刺激によって肌がメラノサイトを活発化させて自ら守ろうとすることが肌の更なる黒ずみ化を悪化させるので、ムダ毛ケアの後には保湿クリームは必ず取り入れた方が良いと言われています。

そしてデリケートゾーンに関わらず全身のムダ毛ケアをしてるんだから全身の黒ずみケアーを一気にすませたい~って人にはこのクリームがお勧めです。

ワキや二の腕に薬用として発売されたクリームですがこれ全身に使用できる優れものみたいです。

是非そんなデリケートゾーンとワキや肘に膝にって使い分けなんで出来ないよ~って人にこちらのアットベリーも口コミで評価の高い黒ずみクリームなのでお勧めですよ♪
ワキや二の腕などの肌トラブルには!【薬用アットベリー】

アットベリーはあの脱毛クリニックで有名なミュゼプラチナでも使用されている医薬部外品で満足度93.1%、リピート率87.8%と言われる脅威の支持率を誇る黒ずみクリームです。

ニオイにもボディに出来るニキビにも効果的なアットベリーは自信があるから驚きの180日間の返品保障付き!

全身の黒ずみに対応出来て気になるニオイ対策も優れたオールインワンゲル!

是非一つで何通りにも効果のあるクリームでお手入れと黒ずみ予防に取り入れてみてね♪

陰部の黒ずみ解消出来ると言われる口コミソープ

この記事でも最初の頃紹介した私の超お気に入りジャウムソープの良さはさんざんご紹介しましたが、でも最初に購入するきっかけも書きましたよね?
メラニン
そうです!『黒ずみに効果あり!』このキャチコピーに惹かれて美容系雑誌に掲載されていたのでついつい衝動買いしたんです。

でも正直な感想ですが今に至り4年近く使用しているものの、悪いけどジャウムソープが主張する『黒ずみ』に効果は感じておりません。

まぁ別の効果(ニオイやトラブル激減)に使用感を気に入って今では手放せないお気に入りアイテムにはなっていますがジャウムソープが主張する黒ずみには効果はほとんど感じていないんです。

でも肝心のジャウムソープ側は植物性の天然成分だから黒ずみケアにも一定の効果あり~と主張してますが・・・

私個人としては、この石鹸を購入したのがきっかけとなって、それまでほぼデリケートゾーンにお金をかけるとしたらムダ毛ケア位で黒ずみケアやニオイケアなんて正直考えた事もなかったので・・・

このジャウム石鹸が良くも悪くも私の陰部ケアに火を付けたのは間違いないんです。笑

で、このジャウムソープ購入後、またしてもどんどん私の陰部ケアへの追及熱が入った頃にデリケートゾーンの黒ずみも解消したい~と思いその後追加購入で黒ずみクリームも取り入れましたが。

今ではジャウムソープとハーバルラビットのW使いですっかり黒ずみ対策万全の私ですが、ジャウムがお気に入りとなって4年近くの使用期間があるものの、ハーバルラビットを使用するまでの4~5カ月間の間にジャウムソープだけ使用してましたがこの石鹸で黒ずみが解消出来たとは全く思えませんでした。汗

今になってハーバルラビットとのW使いでもしかしたら黒ずみケアに効果を発揮しているでしょうか?

ただ全く『黒ずみ』とは別でニオイケアやデリケートゾーンのトラブルが無くなった事にそして一番重要な使用感が抜群な事は間違いないので、デリケートゾーンのトラブルの多かった私からしたらトラブルが無くなっただけでも充分手放せない理由の一つになっているのです。

優しい植物天然成分が通常の固形石鹸の強い洗浄力とは違い適正な保湿力を兼ね添えながらも常在菌を守りながら、ナチュラルあローズの香りが手放せない理由の一つです。

ですので、この使用感と配合成分の優しさからメラニンの生成を防ぐ効果はあるものの、陰部の黒ずみには、プラスアルファーが必要だと思っています。

個人的には上記でお勧めしているハーバルラビットや、イビザクリームのようなデリケートゾーン専用クリームを取り入れてお手入れする事がお勧めです。

イビザクリームも黒ずみクリームの中で非常に人気のあるクリームとして有名です。

私も気になりつつ浮気出来ない状態でいつもうじうじしながらハーバルラビットをまとめ買いしています・・・汗

そこで口コミですがジャウムソープよりもデリケートゾーン専用ソープで黒ずみケアに効果がありと言われているイビザソープもご紹介してみます。

イビザソープ

上記で紹介した黒ずみクリームのシリーズとして発売されているイビザソープです。
ibiza
このイビザソープが黒ずみケアに効果があると言われる理由!

刺激の少ない泡石鹸です♪
薬用イビサソープ

口コミNo.1ワックス脱毛サロンIBIZA WAXのサロンスタッフが開発したイビザソープの成分は先程のジャウム成分も配合して殺菌力も備えながらジャムソープより保湿力があると言われています。

その為黒ずみにはとにかく肌のうるおいが大事だと考えられているので保湿力の高いジャウム入りのイビザが指示されているのかもしれません。

陰部の黒ずみ・色素沈着クリームは他のボディに使用出来ない?

改善方法
今回はデリケートゾーンの黒ずみケアに特化したメインの記事をご紹介しておりますが、一応今まで紹介した石鹸もクリームも陰部専用とは言え肌の構造状他の黒ずみにも当然使用しても大丈夫だと思います。

ただ個人的にはその性質と量から考えても、陰部専用クリームを同じボディの肘やかかとやヒザやワキ、時にはお尻など全身に使用していたら、例えばですが私愛用のハーバルラビットは直ぐなくなってしまうと思います。

これに関してはジャウムソープも同じです。
当初『黒ずみ』に効果があるなら~と思い衝動買いしたジャウムソープは最初の1個そこまで深く考えずにデリケートゾーンにはもちろん全身にも使用してました。

そうすると当たり前ですが固形石鹸のジャウムは私一人が使用しても2週間位で使い切り状態だった記憶です。

呆気なくなくなってしまった石鹸に『黒ずみ』の効果もこんな短期間じゃわからないな~と思いまた2週間後追加購入。

そして2個目からしっかりとデリケートゾーン専用と割り切って使い分けしてからは流石に2カ月とは言いませんが全身を洗浄していた時とは比べものにならない日持ちで今に至っているのです。

何が言いたいのかというと、陰部専用石鹸もクリームも他の部位に使用は出来る。

専用とは言え、デリケートゾーン専用の特性を考えても優しい成分が多いので、陰部に使用して肌荒れなどの症状が無ければ全身の気になる黒ずみに使用しても大丈夫ということ。

ただ個人的に思うのがジャウムソープしかりもったいないよ!って事が言いたいのです。

ちょっと費用対効果的にはもったいないかな~って思うんですよね。

私としてはやっぱり、陰部には陰部専用クリームを使用して、ボディの黒ずみには先ほど紹介したオールインワンゲルのアットベリーを別でもう一つ購入して肘やヒザなど気になるボディに使用する使い分けが経済的にもかえってお勧めです。

陰部の黒ずみクリーム一体どれくらい使用するべき?

そしてこのデリケートゾーンの黒ずみケア一体どれくらい使用するべき?これも疑問に思う女性が多いと思うんです。
リアーナ
私もかれこれハーバルラビットを使用しだしてから3年半はたっていますが、なんとなく顔のお手入れと同じで、調子の良い悪いに関係なく辞め時が分からなくなってしまってる感も否めないからよく分かります。

ただ、顔のお手入れを例に出しましたが、過去色々なお手入れにチャレンジしてきた私が振り返って思うには、過去の自分が試したお手入れの中でも最もハードなお手入れがハイドロキノンとトレチノインでの乳輪美白なんですね。

このお手入れを初めて半年位の集中的なお手入れ期間で見事に乳輪は理想のピンク乳輪に出来たんです。(本当です。)

この薬品の特性上、最初の皮膚の拒否反応が相当なモノだったので、ビキニラインに少し試して痒みと炎症が強烈過ぎて皮膚科に走った位です。

でも乳輪には耐え忍んでその拒否反応期間を乗り越えて半年間の乳輪ピンク計画をクリアできた。

ただ後日談があるんです。これが今に端を期して今でもデリケートゾーンの黒ずみケアを続けている理由なのですがこのハイドロキノンとトレチノインは間違いなく正しい期間、正しい要領と用法でやれば、全ての人とは言い切れませんが大半の人に効果はあるはずです。

ただこの時ピンクになった乳輪はその後、治療?を辞めて一時まで自分で調べた情報でトレチノインだけ使用をやめてハイドロキノンを塗り続けるとあったので、これも忠実に守りました。

でもあれから約4年。今では元のカフェオレ乳輪に戻っているのです・・・

ハイドロキノンとトレチノインの美白治療は美容皮膚科や美容クリニックでも施術されている美白術です。

確実に効果がある事は証明されてますし、私も画像は無いので見せる事は出来ませんが、個人的には絶対効果があると言い切れます。

ただ永遠じゃないんですよね~

ここなんです。あんなにキレイな乳輪になったのにハッキリ戻った期間まで覚えてませんが1年半位から2年かけて着実に元に戻ってしまった感じですね。汗

正直言うとこの時の経験が、陰部の黒ずみケアに少しでも効果を感じている今自己ケアを辞められない理由の一つだと言えますね。

ただこれも個人差があるし、私としては乳輪の美白に関しても、今思うと、ここまで乳輪の色が戻る前に少し間を置いてトレチノインのお手入れを開始したりハイドロキノンを短期間で使用したりすれば、ここまで完全に色が戻る事はなかったのかな~と思ったりもするんです。

同じ事ですよね~美肌も陰部の黒ずみも乳輪の美白も1日や1カ月で美しくはなりません。

だって美容整形とは違いますので・・・

だからじっくり時間をかけてお手入れケアしてキレイになった美肌や陰部の黒ずみも乳輪も一切のケアを辞めるのではなく、一定の効果があったな~と思ったら、少し休憩期間を取ってみる。

例えば2カ月から3カ月様子を見て、またお手入れを開始する~期間は人によりますがもっと短いサイクルでお手入れ開始でもOKだと思います。

この繰り返しで様子を見ながらキレイをキープする~これが一番リスクの少ない綺麗を長続きさせる方法かな~と思います。

ハイドロキノンとトレチノインをもう一度1からお手入れスタートさせるにはリスク(一時の強烈な痒みや炎症期間)が体験として強烈過ぎたので血行躊躇しています。

もしそれでもやってみたい!って人には是非私の超劇的成功体験を記事にしてますので一読してくださいね。
乳輪の黒ずみハイドロキノンで強烈効果的ピンクのバストトップに
この方法はお顔のシミにも試して効果があった~との情報がありましたが乳輪も顔も自己責任でお願いします。

それに異様な炎症や肌の異常を感じたら直ぐ皮膚科医に診てもらうようにしてください。

陰部の日焼け対策は必要枠か?

もうこれはズバリ答えから言います。
ヒップアップアイキャッチー
日焼けとメラニンの関係は当然夏の盛りの今なら関係あると思うでしょうが、個人的な解釈で思いますが余程陰部が丸出しになるレベルのエロい水着で昼間の紫外線を浴びる勇気がある女性なら特別枠ですが、それ以外の女性には関係ないとは言わないまでも、日焼け対策などはしない方が良いと思います。

理由は?

陰部というデリケートゾーンの敏感な部位に無用に日焼け止めを塗る方が紫外線の心配よりもはるかに刺激が強くなるからです・・・

絶対焼きたく無い派の女性でもビキニラインギリギリの日焼け止めは良いですが陰部の黒ずみにまで日焼け止めは塗らない方が良いでしょう。

紫外線の影響も無しではないですが、紫外線の影響を心配するあまり陰部の黒ずみに直接強い日焼け止めクリームを塗り込むよりは、アフターケアとして夜にしっかり黒ずみクリームを塗り込んでお手入れをする方がお勧めです。

ですので絶対焼かない派の人も自然な水着のラインまで日焼け止めを塗って、過剰なデリケートゾーンの黒ずみ部位まで心配して日焼け止めを塗らない事。

これがベストだと思います!

毛穴詰まりも黒ずんで見える原因

デリケートゾーンの黒ずみの原因がメラニンと色素沈着が原因なのはここまでで理解してもらえましたね?

でも重要な原因のもう一つが毛穴詰まりも黒ずんで見える原因と言われています。

これは肌質にも充分関係があるのですが人によっては体質的に脂性で皮脂や角質などの老廃物が非常に溜まりやすいタイプの女性もいるのです。

でもそれって肌質でしょう?どうやって解決したら良いの?という人や脂性かも~と自覚のある人は必見です。

脂性で毛穴詰まりを解消する方法

ザックリと言えば肌質が問題の脂性の人の毛穴詰まりを解消するために意識して欲しいのが、デリケートゾーンのトラブルと同じで自覚がある人程やりがちな行為があるのです。
痒み

私もトラブルが多い派だったので耳が痛いですが・・・

これが過剰な洗浄などの意識し過ぎるあまりの逆効果を辞めるべき理由なのです。

今は市販のボディソープも本当に洗浄力の強いモノが出回っています。

だけどこれらも逆効果。お顔の美肌学と同じで結局は適度な潤いは必要で過剰な洗浄は無用な乾燥に、肌への刺激も強すぎると考えられるので、逆に洗浄力の強すぎない石鹸での洗浄を心掛けて、優しく潤いを残すつもりでお手入れしてみる。

出来ればデリケートゾーン専用の石鹸が潤いや保湿などのバランスとその成分の優しさからお勧めです。

顔の肌も陰部も結局はバランスです。

毛穴が詰まっていても二キビだらけの肌が美しく見えないように、全てのバランスを整えると言われる保湿力や肌のキメを整えるには毛穴詰まりも重要なポイントです。

是非少しの意識で解消したらもっとキレイに黒ずみの解消に繋がると思いますので少しでも意識してみて下さいね。

デスクワークと黒ずみの関係

これも私個人が感じたのでテーマに取り入れましたが、正直以前のアパレル関係の立仕事の時は長時間の立ちっぱなしの環境で足腰が痛い事がありました。そりゃ~そうでしょう~って思いますよね?
デスクワーク

そして今デスクワークにトラバユーした私が最初思った事。

それが想定外の『お尻が痛い』

そうなんです。お尻が痛いんです・・・激痛とかじゃなくて、鈍痛・・・

妙な鈍痛でお尻がかなり辛かったです。汗

私が思った具体的なデスクワークの弱点です。

長時間の座った状態はお尻が圧迫(重力を感じる)。

長時間同じ姿勢で陰部の通気性も超悪い。

長時間同じ姿勢で下着も食い込む。

とは言いつつ自宅に帰宅してからも自分の時間が少しでも出来ると今回の記事のような超ロングランな長文ブログをせっせと更新する私は既に今も陰部よりお尻に嫌~な圧迫を感じます。

と、言う事でデスクワークと黒ずみの関係はデリケートゾーンとは言えどちらかというとお尻の黒ずみ化に問題があると思いますが解決策としては、以前他の記事でも書きましたが、30分やせめて1時間に1度立ち上がるや、個人的には意識してヒップアップ運動を隙間時間にやってお尻の筋力を上げたり、保湿クリームをお尻に塗ったりと一応最低限のケアは意識しています。

長時間の座りっぱなしには要注意!是非デスクワークの人には適度な立つ時間も作る事をお勧めします!

トイレの作法もあなどれない

オトイレ
こちらもおトイレ回数の多い私には死活問題です。日常生活のあらゆる摩擦が原因となって陰部は黒ずみ化するんじゃないかと考えられています。

その最たるモノの中におトイレ作法も充分に関係あるのです。

だっておトイレの度強く陰部を拭き取ったりする行為ってしてませんか?

最近残尿感も凄い私はついつい強くトイレットペーパーで抑えたり拭き取ったりと身に覚えがあるだけに、言われてみたら完全な陰部への摩擦行為です・・・・

しかも回数が多いだけに、目まいがするレベルです。汗

当ブログの発信を始めて改めて意識して抑え拭きするようにしたり、いつもより少しだけ良い質のトイレットペーパーを購入したりと見えない努力をしてますが、トイレ作法結構あなどれないと思います。

みなさんも小でも大でもゴシゴシと拭き取るのは要注意ですからね!|д゚)

黒ずみや色素沈着に取りくむなら下着対策を~

ふんどしパンツ
そしてトイレットペーパーも重要ですが、デリケートゾーンんの黒ずみのクリアを目指す女性ならここも大事なポイントです。

黒ずみや色素沈着の原因、摩擦は生理現象であるおトイレもそして絶対毎日身に付ける下着も大いに関係ありですよね?

陰部に直接触れるものである下着のデザイン、質には絶対にこだわるべきだと思います。

セクシーでも合繊素材で陰部に食い込むようなデザインでは当然摩擦によってデリケートゾーンの肌は擦れて黒ずみの原因になります。

そう考えたら食い込みの無いデザインと素材は絶対に最低でも綿100%~理想はシルク100%がお勧めです。

天然素材の綿やシルクがポリエステルやナイロンなどの合繊に比べて肌に優しい摩擦を受けにくい素材です。

これらの素材を積極的に取り入れる事。そしてデザインも大きいパンツがイヤなら今はやりのふんどし女子も素敵です。

ふんどし女子をあなどらないで。凄くセクシーで素敵な下着が勢ぞろいで、中には驚愕の高級シルクふんどしもあるんですよ。本気で高級なので手が届きませんが・・・

気になる方はこちらをどうぞ!
ふんどしパンツが陰部の黒ずみ対策に!目指すはふんどし女子
意外に色々な種類があってふんどしパンツにくぎ付けになりますよ♪

年代別黒ずみケアを考える

私自身40歳を迎えて思う事は年を取ったからどうでもいいや!とはなかなか思えない。って事です。

逆に年を取ったからこそ最低限キレイにしていたい。
黒ずみ
若い頃と感覚は確実に変わり、若い頃は目に見えるモノ、ファッションやお化粧という他人の目に直ぐ分かるモノをキレイにすることで必死でしたが、年齢と共に変わったのが、今は見えない所程キレイにしていたい。

目立つファッションや派手なメイクをする必要は全く感じませんが、人にはあまり見えない部分の健康管理であったり肌のお手入れにムダ毛の処理やこのブログのテーマでもある黒ずみに大きなウエイトをかけてお手入れを意識するようになりました。

毎シーズン発売される新作のアイメイクよりも素肌をキレイに整えたり、新しい最新の雑誌掲載の服をお取り置きするよりは歯のケアを定期的に行う事やいつ裸になっても良いように(倒れたりなど緊急事態)に備えて特別な日でなくても綺麗な下着を付けておく~など美意識は年齢と共に変化します。

そして本当に他人に一番見えない部位であるデリケートゾーンも同じです。

やっぱりほとんど見せる事はないかもしれないけど、綺麗にしておきたい。完全なる自己満足も入り気味ですがやっぱり末端や見えない部位こそ綺麗に整えておきたいのです。

だから若い女性には『おばさんだし、どうでもいいじゃん!』と思われるかもしれませんが、おばさんだからこそ黒ずみケアも諦めたくない・・・

年々顔はたるんで張りも少なくなり、あんなにシミが無かったのに薄っすらとシミも出てきた。

でも新しい洋服を一枚買うならシミのケアや黒ずみのケアをしたい~こんな隠れた場所を少しキレイにすることで自分の中の小さな自意識が確立されてまだ頑張れる!

まだ大丈夫と小さな勇気と共に自身に繋がるんですよね~

妙な若作りは痛いのでするつもりはありませんが自然にキレイに潤いのある大人の女を目指す為にこれからも見えないキレイを追及する。そんな意識も大人の女程重要ではないでしょうか?

もちろんそれらのお手入れは若い程効果はあり、若い程魅力的に見える事は間違いないので是非気になった時から年齢にこだわらず黒ずみの無い潤いのある女性を目指しましょうね♪

最終手段は最先端美容の力を使うべし!

手術
最後に近づいてきて本音で書いているこのブログなので、私自身もかなり真剣に興味のある諦めない女性に向けて最終手段は最先端美容の力について書いてみたいと思います。

現代美容では医学の世界に負けず劣らず日進月歩状態で顔のシミもシワも望めば無かった事に出来る時代です。

本当に普通の50代でも主婦でシミだらけだった顔をキレイにレーザーでシミ取りして美しくなった女性を何人も見ています。

10年以上前でしたが当時は自分には関係ないと思ってました。

でも先ほども書いたように私の顔にも確実に去年や一昨年にはなかったシミが薄っすらと、でも確実に浮かび上がってきています。

そして今年の夏を迎えて思うんです。

『やっぱり気になる~絶対取りたい!』

このブログを書きつつ黒ずみでも最先端医療ではレーザー治療が出来る事が分かりました。(まさかでしたが)

そしてその情報を見つけてから、かなり現実的にレーザー治療してみたい~と頭から離れない状況です。

今出来うる最先端の黒ずみケアはレーザートーイング(メドライドC6)とVホワイト二ング(インティマ)の二つのレーザーで陰部の黒ずみに確実に効果があると言われているのです。

レーザートーイング(メドライドC6)は広範囲に弱いパワービームでレーザーを照射して下着の摩擦で出来た肌表面の黒ずみに効果てき面でダメージを最小限に収めると言われる顔のシミ治療にも効果を出しているレーザーです。
痛みもパチパチと輪ゴムで弾くような痛みで麻酔無しの施術が可能な事からほとんど痛みは無いそうです。

料金もクリニックにもよりますが1回10000~20000円でだいたい5回から10回の平均で解消すると言われているので手に届かない程の大金ではないかもしれません。

Vホワイト二ング(インティマ)が陰部の肌の奥からの黒ずみ(大陰唇や小陰唇)などの肌の奥深く色素が沈着している黒ずみに対応出来るレーザー治療です。

こちらは麻酔適用で先ほどのレーザートーニングとは違い1回の施術でかなり黒ずみが解消されると言われておりその施術方法も麻酔をかけるだけあって大陰唇や小陰唇の肌表面を削る方法で黒ずみを除去。

その代わり1回の料金が98000円と約100000万円と高額です。でも全く明後日の金額でもないかな~と勝手にプラスな材料として受け止めています。

このようにザックリと説明しましたが、デリケートゾーンの黒ずみや色素沈着にコンプレックスを持って一通りお手入れしてみたけど、高価が無いし、最後の手段で効果があるならチャレンジしてみたい~という女性には最後の手は最先端美容に頼る方法としてこちらのレーザーをご紹介しました。

確かに高いけど、美容整形反対派じゃない私は確実に効果があると知った以上かなり興味深々です。

同じく私も興味ある~って人にはこちらに超詳しく書いてあるので読んでみて下さいね♪
陰部の黒ずみ最後の手段!レーザー治療の効果と費用予算とは

直ぐには辺り前ですが無理なので是非私もレーザー体験した暁にはまたブログで体験レポとして紹介しますね。

陰部の黒ずみと色素沈着は治せる時代に到来

シンセギョン
いかがでしたか?ここまでしっかり読み進めて下さった方なら今の時代陰部の黒ずみも色素沈着も解消出来る時代なんだって事が理解してもらえましたよね~

肌質や遺伝的な要素も加味してデリケートゾーンの黒ずみは私も想定外でしたが自宅ケアに関わらず、本人さえその気になったら治せる時代に突入しています。

是非キレイを諦めず、コンプレックスに悩まず、まずは出来るお手入れから少しずつ初めて、そして行き詰まったら最先端美容医療も視野に入れて、まずは諦め無い事!

彼氏や旦那の為じゃなくて、一番大切な自分の為に『大好きな理想の自分を追及する』これってそう悪い事じゃありませんよね?

是非一つずつ努力してキレイを手に入れて理想の自分を追えるマインドを忘れないで人生を楽しみましょうね♪

それではまた~