飛ぶ鳥跡を濁さず
ここにサブテキストを入力できます。
陰部脱毛

陰部脱毛の繰り返しで色素沈着が黒ずみになってしまった!

陰部脱毛アイキャッチー

陰部の脱毛も最近ではVIO脱毛とクリニックで盛んに宣伝したため今では珍しい箇所ではなくなってしましましたね。

それでも海外のアンダーヘア事情に比べたらまだまだ日本はじめアジアの女性の中ではアンダーヘア‐のお手入れが行き届いていないタイプの女性が多いと言われているんです。

そうは行っても暑い夏の盛りにもなると、冬や春とは違いやっぱり夏のアウトドアなどの海やプールのイベントに合わせて陰部の脱毛ケアを慌てて始める人が多くなると思います。

私も右に倣えで冬は大自然派な私が春となり夏を迎える頃にはソワソワしだしてやっぱりデリケートゾーンのお手入れ必要だよね~って慌てて毎年始めるんですよね~

何といっても残念な剛毛多量派ですしね。汗

そんなこんなで必要に迫られてお手入れを始めるデリケートゾーンの脱毛ですが、やり出すと、どうしてもやり過ぎてしまう傾向があるんですよね~

これデリケートゾーンのお手入れを定期的に行っている女性なら分かってもらえると思うんですが、少し量を減らしてVIOの中でもIOは完全になくすにしてもVだけ自然に残してナチュラルな仕上げにする予定だったのに、あとちょっとあとちょっととやり出すとかなり入れ込んだVでおいおいおい・・・・な極小Vラインで線みたいになったりして。汗

そこまで入れ込んだVにして気が付くんです。あれ?ヤバいボウボウな大自然だった時には気が付かなかった陰部の黒ずみがこんな黒かった?

ちょっと目立つしヤバい事になちゃった!汗

これは過去何年も経過して色素沈着してしまったのか?それとも今回の陰部の脱毛で黒ずんでしまったのか?脱毛したことによって気が付く事になったデリケートゾーンの黒ずみ。

とは言ってもデリケートゾーンを無法地帯に放置することが出来る訳もなく~という事で今回はデリケートゾーンの中でも重要な部位である陰部の脱毛と黒ずみについて徹底調査してみます。

是非これからの季節のど真ん中がテーマなので一読してみて下さいね♪

陰部脱毛と色素沈着との関係

まずは陰部の脱毛と色素沈着との関係を調べてみましょう。

陰部のお手入れや脱毛を継続してお手入れすることによって陰部は色素沈着するのか?

これに関しては個人的には関係あると思います。汗

これは継続して行うお手入れということが前提なのですが、私を含めだいたいの世の中の女性が最初から永久脱毛などの高級なクリニックでのお手入れから入る人が少ない事が理由の一つではないでしょうか?
カミソリ

だいたい平均した思春期を迎えた女性ならば、まず自我に目覚めて、初潮がきて、同時にワキ毛や陰毛といったデリケートゾーンにも毛が生えてくるのですが、最初の1歩でお手入れをするのは私もそうでしたが、お気軽なお手入れとしてだいたいがカミソリでの剃毛が大半じゃないかな~と思うのです。

と、いうか私個人は相当長期間にわたってワキ同様に陰毛も剃り上げてツルツルを確保していた記憶があります。W

今思うと相当無謀なお手入れでしたが、一度全剃りしたら何だかスッキリ感が爽快過ぎてチクチク生えてくる陰毛に罪悪感というのでしょうか?

ちょっと不潔な感じさえ覚えて、いっそ全剃りならツルツルキープでいいんじゃない?

みたいな軽いノリで陰毛を「まだ生えてませんよ~」的なノリで全剃りしていたのです。汗

世にも恐ろしい行動力と独断で完全に私の中の記憶では1年程の期間せっせと全剃りをキープしていた私ですが、あの時の無謀なお手入れこそが今の悩みである陰部の黒ずみの第一の原因なんじゃないかと思っている原因なのです。

メラニン色素が原因で黒ずみ化すると言われる肌の構造状、過剰な剃髪行為によって、陰部周辺の肌が色素沈着してしまうのでは~と思っていたのです。

もし今既にワキや陰部の黒ずみや色素沈着に悩んでいる人がいるのならこちらを、御覧になってくださいね。

陰部脱毛は色素沈着から黒ずみに定着するの?

陰部の脱毛による色素沈着化から黒ずみに定着する可能性ってどれくらいあるの?

これは自分の無謀な過去を振り返って、そしてこの当ブログを運営しだした事が関係するのか、思い当たるのは最初にも記載した陰部の脱毛による色素沈着は幾度なる摩擦が刺激となって肌のメラニンが刺激される事が肌の色素沈着とその先の黒ずみ化への最悪の変化となる一番の原因だと言われているからなのです。

陰部やワキのデリケートゾーンの皮膚はとっても敏感であらゆる皮膚の中でも薄いと言われていますが、日々の過剰なカミソリや毛抜きなどのお手入れによっては黒ずみに定着する可能性はかなり大きいと言えるのです。

正しいお手入れで脱毛後の皮膚のケアをおこなえるならばそれほど気にする必要はないのかもしれませんが、あまりに脱毛後の皮膚のお手入れが雑な場合黒ずみが定着してしまう可能性は否定することはできないのです。

自宅での自己処理は黒ずみの原因になる

そんな自己処理の方法の中でお自宅での自己処理度ナンバー1はやっぱりカミソリでの剃毛と毛抜きでのお手入れがなんだかんだ言っても手軽な自己処理の中では一番多いと思うのです。

でもこのお手入れが結果的に一番肌のメラニンを蓄積させて色素沈着へと進ませる原因になると言われているのです。

少し長くなり過ぎた陰毛をカットしたり、形を整える位なら問題ないのですが、問題はもっと更なるお手入れのエスカレートでカミソリや毛抜きの過剰なお手入れを手にしだしてしまった場合です。

他の記事でもご紹介しましたが、ムダ毛のお手入れで最も手にしやすいカミソリは肌表面を擦るという黒ずみの原理に一番よくないと言える摩擦を起こす事や毛抜きでのお手入れも毛穴の周りの肌や毛根から引きちぎる行為の繰り返しで、毛根や肌のシステムを過剰に刺激を与え、刺激を与えられた肌は、肌を守る為にもメラニンを生成する働きを起こし色素沈着が進むと言われているからです。
黒ずみ

じゃ~どうしたらいいわけ?

それは自宅でのお手入れでも過剰なカミソリや毛抜きでのお手入れを控える事。

これこそが必要以上なメラニンの生成を抑える確実な方法で黒ずみの元となる色素沈着化を抑えられる対策だと言われているのです。

それでもワキ同様陰部のデリケートゾーンのお手入れだって、一度手を加えてしまった以上何もしないだなんて出来る訳ないじゃん~って人はよ~く気持ち分かります。

そんな人は少し工夫して自宅ケアの後処理したデリケートゾーンのお手入れに力を入れてみませんか?

カミソリや毛抜きによって傷付けてしまった肌の再生には、お肌のサイクルを手助けしてくれる人気のクリームがあるからそんなクリームなどで必ず保湿やメラニンの生成を抑制させる手助けを補助する事が大切だと思います。

脱毛クリニックでも黒ずみや色素沈着になる

先程の自宅での気軽なカミソリや毛抜きがダメなだ脱毛クリニックでのレザー治療なら大丈夫なの?

今や脱毛機関も多様化して様々なクリニックが安価な値段から設定されて色々な種類が存在しています。
手術
でもカミソリや毛抜きじゃなくても黒ずみや色素沈着の可能性ってあるらしいですよ。

今や支流と言われているフラッシュ脱毛などんおレザー脱毛は毛根をレザーによって焼く方法で脱毛します。

その脱毛方法は痛みもなく確実な効果を得られる事から最も大手脱毛クリニックでも盛んに行われている脱毛方法だと思うのですが、この方法での脱毛で過剰に高熱を与えて脱毛を促進することによって毛根意外の皮膚の表面も酷いヤケドを負う事からトラブルが聞かれているのだそうです。

本来必要ない脱毛をすることによって軽度のヤケドを皮膚上に起こして皮膚に負担やストレスを与えるのがクリニックで行うレザー脱毛です。

レザーとは言っても確実な脱毛を叶える為には個人差もあり、その人によって必要なレザーの熱量に開きがあるのは言うまでもありません。

平均の熱量がある人によっては軽度なヤケドの症状に至るケースもあり、多少のリスクはつきものの脱毛ですがヤケドのような極端な症状が出ない人でも毛根に熱を与えるシステムのレザー治療は一時的とは言え軽い炎症を起こし皮膚は通常よりも乾燥状態にあるのです。

この状態の時に正しい乾燥対策でしっかりと必要な水分量を補充するべく保湿を出来る人は大丈夫だと思うのですが、そこまで考えてケア出来る人は少ないのが脱毛後の色素沈着から黒ずみ化へと悪化させる諸悪の根源だと考えられているのです。

脱毛後は毛が処理されて良かった~ではなく、本来なら必要のないお手入れによって乱された肌のターンオーバーと乱れたメラニン生成を少しでも早く元のサイクルに戻してあげられるようなケアをすること。

ここまでしっかりケアしてこそ脱毛も成功。

その後の色素沈着から黒ずみ化という無用なトラブルも避けられると考えられているのです。

人間の美醜感覚によって行う無用な脱毛は肌サイクルにはとっても大きなストレスを与えるのです。

当然ワキ毛も陰毛も現代ではギャランドゥではワイルド過ぎて一般的な美の基準に当てはまらない事は理解出来ますがそうであるならば脱毛後の正しいお手入れは必須で、この脱毛後のお手入れを怠る事によって陰部やデリケートゾーンの黒ずみの原因になるということは間違いない現代では必要なプラスのケアだと言われています。

陰部脱毛のアフターケアが一番大事

このように脱毛後の肌は、表面上の見た目には毛が処理されて美しいと満足する人が多いとは思うのですが、肌内部ではメラニンが大騒動状態なのです。

陰部周辺の皮膚ならば尚更その影響は計り知れません。

外的な刺激に弱く傷付きやすい部位なだけに、お手入れをした後は正しい保湿や必要な成分を補充するなどの正しいケアは絶対に必要だと言われています。
黒ずみ

目に見える部分だけではなく後々の無用な色素沈着や黒ずみを回避するのは顔であるならばお化粧だけに気を遣うのではなく、近い将来のシミやシワ対策と考えて日焼け対策が必須うですよね?

これと同じ事を陰部の脱毛のアフターケアにも取り入れましょう~というのが今回の結果です。

だって顔のように他人に見える部分ではないけれど、確実に黒ずんでしまったら悲しく厄介な部位でもあるのです。

見える部分も見えない部位のデリケートゾーンも美しく~脱毛後の陰部に毛も無い。黒ずみも無い!を目指して是非アフターケアーに力を入れましょうね♪