飛ぶ鳥跡を濁さず
ここにサブテキストを入力できます。
陰部脱毛

女性の悩みはいつも陰毛処理が原因に?海外脱毛と日本の違い

お手入れ

デリケートゾーン周辺の悩みは尽きない女性ですが、その中でも、あえての陰毛処理が原因で様々なトラブルの原因になっている事は女性なら理解してもらえますよね?

そういう私自身が長らく残念過ぎる剛毛、多量という残念過ぎる悲しい体質のお陰で様々なトラブルを感じ、その対応や処理に長らく悩み色々な手段で脱毛に取り組んだ過去があるからです。

海外女性の脱毛事情と比べて日本の脱毛も今ではようやくVIOが当たり前の現代になりつつありますが、それでも一様に脱毛推奨派とそうでない派が存在するデリケートゾーンの脱毛事情を今回は私の経験談からもご紹介したいと思います。

是非、お勧めの陰毛処理と何故それがお勧めなのかも調査と自身の体験踏まえて書きたいと思うので、羨ましい薄毛タイプの女性にも一読してもらえたら嬉しいです!

女性の悩みはいつの時代も陰毛処理にある?

初潮と共に徐々に身体に出てくるデリケートゾーンのいちじるしい変化の一つが陰毛です。

多くの女性も男性も平均して同じ時期に発毛すると思うのですが、微妙にマセていた私は、ここだけの話、薄っすらと生えてきた陰毛に超違和感を感じて、始めて陰毛が生えだした辺りにはワキ毛同様意識しまくりでツルツルに剃りまくっていました。汗

リアーナ
あの行為が無ければこんな剛毛じゃなかったんじゃないかと思う位にワキ毛同様、入浴のたんび(毎日)の日課のように剃っていたので、今振り返ったら相当無謀な行動に、正直脇汗モノの気分です。|д゚)

そんな生えだした頃の思春期真っ只中を通り過ぎて、剃っても剃っても当然生えてくる繰り返しにいい加減、剃り続ける事に面倒を覚えて、放置しだしたのがそれから2年後位だったはず・・・・・

かなり長期間の間陰毛を剃り続けた私は必要以上に陰毛が濃ゆくなってきた事に焦りを覚えだしたのもこのころです。

関係ないとも言われていますが、多少はいじり過ぎた点で、元々の剛毛増殖化に拍車をかけてしまった感は否めません。

当時は中学生だったので(生理があったのが中三)高校時代には結構立派な陰毛へと成長していた記憶です。W

でも当時の私のこの行動はおそらく他の女性でも経験あるんじゃないかな~って思うんですよね~だってなかった所に毛がモコモコと生えてくるのに違和感感じませんでしたか?

私だけじゃないと思うんです。

私は超違和感感じましたよ!

かと言って同級生に陰毛の事を相談するような雰囲気てもないし、結構大人になってからはそんな話も同じ毛深い者同士したモノですが、同じく毛深い事に悩んでいる女性は結構な割合で陰毛は剃ったりなどの処理は施している子が多かったです。

毛深い子限定でしたけどね。笑

私の場合は剃るのが当然の中三時代位から陰部のトラブルもあったりして(カンジタ菌併発)で結構、陰毛を放置することによってトラブルなんかも色々あると思うのです。

もちろん、私のような過剰に触り過ぎによるトラブルもあると思うのですが、私レベルの剛毛多量タイプの女性には陰毛のお手入れ不足によるトラブルもきっとあると思うんですよね~

今回は陰毛のお手入れ前提で処理した方か良い派としてその原因も紹介したいと思います。

羨ましいタイプで陰毛が薄毛の方はスルーして世の中色々と思い読み進めて下さいね♪

陰毛がニオイの原因

私の場合は生理がどうこうというよりも、体育会系でスポコン女子だったので、悩みはいつも陰部のムレと汗でアセモが出来たり、アセモの痒さから陰部のニオイも気にして過剰な洗浄からカンジタを併発したりと、一時期夏場は本当に困った時期があったものです。

アレルギー

でも私のようなケースは少ないにしても、女性特有の生理の経血が大量だ~とかおりものが凄く多いとかで悩む若い女性は多いはずです。

私の友人で数人はまだ若い頃、バケツをひっくり返したような生理の経血が出る~という子や、ナイト用の超ビックサイズの生理パットを2つ装備しても体操服からボタボタと経血が流れて廊下に経血が漏れて血の海になる子など、尋常では無い経血の多い女性は一定数いるのは確かです。

そしてそんな経血の量が多い女性に多く聞くのが陰毛に経血が付着することによって雑菌が増えたり、当然かぶれから炎症へと悪化してデリケートゾーンのトラブルになる事が多いと言われているのです。

だって想像して下さい。ただでさえ暑い夏の日に陰毛と大量の経血が湧き出すように出るなか陰部は物凄い湿度とムレから雑菌の宝庫となって蒸れ蒸れなのは想像出来ますよね?

そしてそんな状態が長時間続くとやっぱり、陰部周辺はかぶれたりするトラブルを起こしやすいのです。

陰毛処理で陰部のトラブル回避になる?

このような状況に至ると正直最悪です。生理は回避できないは、陰部はかぶれるわで、どうしたらよりスッキリと清潔感を保つ事が出来るのか?

それが陰毛処理をお勧めする一つの理由なのです。

だって毎月の健康のバロメーターでもある生理を止める訳には行きません。

おりものだってそうです。健康な女性なら当然あってしかるべき働きのおりものを止める手段はないからです。

あまりに多い時はおりものシートも必要な場合がありますが、通常それも含めて女性には無ければならない存在のそれえらの生理現象を抑える手立ては無いので、やっぱり少しでも陰部の清潔を保つには陰毛のお手入れがお勧めだと思うのです。

勿論先ほどから言うように、薄毛でその必要のない女性にはあえて必要以上のお手入れで毛を無くす必要はありません。

私が陰毛の処理をお勧めするのは、私のような剛毛多量でまたどうゆう訳か毛が長い人に限ってです。汗

今や当たり前に宣伝されているVIOまでの徹底した脱毛を奨励しているわけではないんです。

ただただ衛生的な意味でも先程の悪条件を避ける為にも長さのカットなどを施す事によって陰部の清潔感を保てる事で無用なトラブルを減らせる事は明らかだからです。

今まで無法状態で陰毛のお手入れなんてした事ない!っていう稀有な存在の女性も中には見えると思うので、そんな人でそう言えば陰部周辺のトラブルが多いかも?という人は一度アンダーヘア‐を短くカットするなどのお手入れを奨励したいと思います。

たったそれだけのお手入れでぐっと陰部のトラブルが激減する可能性が大なので是非臆せずトライしてみて下さいね。

すっごくスッキリ爽快気分になるかもしれませんよ♪

海外女性と日本の脱毛感覚の違い

と、ここまで勝手な憶測と少数派かもしれない剛毛大量タイプの女性に向けて陰毛の長さカットなどのお手入れ奨励をした私ですが、世界は広いって事で世界の陰毛事情を調査してみました。
お手入れ

結構、ファッションにしても世の中のトレンドにしても映画にしたって結局は日本はアメリカからの影響を後から受ける事はご存知の通りです。

今や日本で有名な脱毛箇所っであるVIOも元々はアメリカから上陸した美容のトレンドだと思います。

そんな事で改めてアメリカ始め海外の脱毛事情を調べてみました。

アメリカの陰毛事情

やはり最も日本が影響を受けていると言えるアメリカのデリケートゾーンの脱毛事情は日本より陰毛はお手入れして当然の流れが流行のようです。ただし、日本人よりも毛質が違うせいなのかアメリカで陰毛のお手入れはもはやエチケットレベルなんだそうですが、そのお手入れ方法はブラジリアンワックスが支流でハイジニーナ脱毛も約8割の女性がお手入れしているんだそうです。

そういえば、かなり昔になるけどあの日本でも大ヒットドラマとしても映画としても有名になったセックス&ザシティの中でもアンダーヘアをブラジリアンワックスで無しにしている~ってシーンがあったかもW

懐かしいけど、アレも5年じゃきかないレベルの数年前?

って事でアメリカではアンダーヘアのお手入れは異性に対するエチケットレベルとの事です。

ヨーロッパの陰毛事情

ヨーロッパと言えども多様な文化や宗教の集まりが多く、全く無い状態のツルツルを好む国からそうでもない国まで色々なようですが、結構意外な事にヨーロッパの中でも中東の人は男女共にアンダーヘアのお手入れは当然レベルで行われているらしく、驚いた事にイスラム教の教えでは、国レベルで暑い国な事もありアンダーヘア‐は不潔の象徴として全て剃っている状態が好ましいとされているそうです。

暑さで陰毛にシラミがわくと言われる為だとか・・・

イタリアの陰毛事情

イタリアはアメリカ人のようにハイジニーナとまでは行きませんが、IOラインをお手入れしてVラインを自然に短く整えるのが支流なんだそう。

ブラジルの陰毛事情

ブラジルはリオのカーニバルの国。お国柄で一年の中でもリオのカーニバルに人生を賭けている女性は多く、あのド派手なファッションやTバックの水着を着て踊る為にも当然のハイジニーナ(ブラジリアンスタイル)が支流なんだそうです。
使い方
ちょっとリオのカーニバルで派手なTバック過ぎて陰毛がはみ出ちゃっただなんてブラジルでは許されないみたいですね。

ちなにみブラジルでのブラジリアンスタイルは日本でいう(ハイジニーナ)無毛を意味するスタイルなんだそうです。

韓国の陰毛事情

はい!そしてお隣の国、韓国では陰毛事情はどうなのでしょう?

美に対する執着はある意味日本以上の韓国では無毛化(ハイジニーナ)は流行してないみたい。

自然な形でお手入れして軽く整えて、陰毛は残すのが支流の様子。なんでも韓国でハイジニーナ状態の陰部だと水商売か風俗嬢の認識もあるんだそうです。

そういわれてみたら、ソウルの汗蒸幕でもザ豊胸って美人はチラホラ見たけど、陰毛の無毛な女性は見た事ないかも。

とまぁ、海外の陰毛事情と日本を比べるとやっぱり欧米を中心に圧倒的に陰毛のお手入れ(ハイジニーナ)が全体的に多い事が理解できましたね。海外8割が陰毛のお手入れを行う中、日本では4割が未処理の女性が多く性的関係を持った海外の男性が、日本の女性に驚くケースも増えているんだそうです。

あんなに見た目が綺麗で美しく装っているのに、アンダーヘア‐が未処理な事に驚く外国人が多いんだそうです。

まぁ別に日本人は日本人の美的感覚があるので、異性の為のお手入れを奨励しているわけではないんですよ。

私的には衛生的な面で陰毛のお手入れを少ししましょうね~って意味でお勧めするだけです。

国民的レベルで考えても決して毛の薄い民族ではない日本人は衛生的な面からも最低限少しのお手入れを加えるだけでよりスマートで清潔感のあるトラブル無しの陰部を保てますよ!って事が言いたかっただけなんですよ♪

陰毛処理は清潔感の為に必要枠

やっぱり、陰毛を適度に処理して長さや量を減らすだけでとってもクリーンで清潔な陰部を保てる事は間違いないので是非トラブル回避の為にもアンダーヘア‐のお手入れを一度取り組んでもらえたら~と思うのです。

この梅雨真っ只中に何となく陰毛とおりものと生理なんかが重なった時はいや~な感じにムシムシな陰部の気分になった事は女子なら誰でも経験あるはずです。

是非少しのお手入れでぐっと陰部のトラブルが減る事間違いないので、毛の長さや量をカットするなどして、今年の猛暑もトラブル知らずの陰部として乗り切ってくださいね。

今でも処理派と処理推奨派と二つに分かれる陰毛事情ですが、私個人は凄い剛毛多量だったため、量や長さを意識的に調整する習慣を身に付けてから、正直陰部のニオイも、トラブルもぐっと減ったんですよ!

寒い冬場にはさほど気にならない女性もこの夏の盛りなら、是非生きている以上また伸びますので、ちょっとムシムシしたりムズムズしたりするんだよな~とか痒みから炎症起こした事あるかも~という人には是非この陰毛カットと量の調整を取り入れて欲しいと思います。

私個人は無毛(ハイジニーナ)に憧れつつ、今ちょっと計画中です♪