飛ぶ鳥跡を濁さず
ここにサブテキストを入力できます。
陰部脱毛

アンダーヘアが濃い人必見!自己処理の限界と最新ハイジニーナ特集

ケノン

体質や遺伝子的な関係が大きいアンダーヘアの濃さは黒ずみが気になる私達女性にとってこちらも重大な死活問題です。

体質や遺伝レベルの問題と言われたら元も子もないこの問題。

私も思春期から今に至り様々な自己処理とお手入れで小さな抵抗を続けて未だ解決できない状態で今日に至りますが、今回は真剣にアンダーヘアが濃い人に必見内容の自己処理が何故限界なのかと最新のハイジニーナ特集を徹底調査してみようと思います。

是非体質的にアンダーヘアが濃い人は必見内容の記事ですので御覧になってくださいね♪

アンダーヘアが濃い人集まれ!

これは長年の悩みでもあった私自身の体験も踏まえてアンダーヘアが濃い事が今でもちょっとしたコンプレックスとして解消したい小さな悩みの一つである事をここでハッキリと公言したいと思います。
陰部脱毛

振り返ってみたら思春期に陰毛なるアンダーヘアが生え始めてかなりの違和感とにわか知識で自分の身体に生えだした陰毛が気になって気になって仕方がなかった少女時代、当然のようにわき毛とセットで毎日入浴の際剃毛していた過去を思いだします。

そうです、長年私ときたら陰毛はわき毛と同じく剃ってしまわなければいけない・・・

こう思い込んで実行していたのですから情けないやら何やらの境域です・・・

当然剃った後のデリケートゾーンはツルツルです。

これがベストと信じてワキ毛をはやす事が出来なかったように陰毛も毎夜入浴の際剃毛するのがお約束になっていたのです。

その期間1年以上はあったと記憶しています。ずいぶん長年剃毛を施していたアンダーヘアは一度伸ばし出した頃には結構な剛毛化しており(元々体質的に濃いですが)手に負えない状態化しておりました。

ヤバい私の陰毛がジャングルジム状態だ!と気が付いた頃にはかなりの手遅れ状態だったっと記憶しています。

恐らくは何も手を施さなかったらここまでジャングル化と変化しなかったのでは~と、たら、ればの話をしても始まりません。

とにかく私の陰毛は高校生時代には結構ヤバいレベルにまで見事成長し、その後何年も現在に至たるまで様々な手法で自己処理からプロの手にもかかり未だ解決していない次第です。

毛深い私の唯一の永久脱毛失敗箇所は間違いなくアンダーヘアです。

他は何とか現代美容の力で強引に解決してきた私の身体もアンダーヘアだけは未だに濃い!

しかも厄介な状態で濃い・・・

最初はニードル脱毛(針脱毛)に始まり、光脱毛と色々手を大金をかけてきたにも関わらず未だに大変な状態で気がかりなアンダーヘア。

もしもこんな状態にうんうんとうなずける女性の方がいれば私自身の悩みを解決するべく取り組んで最新情報をお伝えしますので一緒に濃すぎるアンダーヘアを何とかしようじゃないですか。

未だに諦めていないアンダーヘア問題を今後どうすることで自分の理想のアンダーヘアに行き着くのか?

これを目標に諦めない理想のアンダーヘアを追及したいと共感してくれる女性には読み進めて欲しいと思っています。

アンダーヘア自己処理でどんどん濃くなる?

先程も述べましたが基本は遺伝子レベルでアンダーヘアの濃さは大半が決定されていると思いつつ、もう一つの要素と自己体験の実感として思うのはやはり過剰な自己処理などのお手入れによってもアンダーヘアはどんどん濃くなる。
お手入れ

これは私の実際の過去を振り返っても思う事で、実際にそれほど薄い遺伝子ではなかっただろうな~と思いつつ、それにしても私自身の過去の自己処理などの外的要因で刺激を与えてアンダーヘアが濃くなったと考えられるのは必然的にありえるだろうな~と思う事。

遺伝子意外の外的要因が刺激となってその量や毛質に影響を与える事はあり得ると思うのです。

基本は遺伝子レベルとアンダーヘアの濃さ

自宅ケアで私が思春期に行っていたのは多聞に洩れず剃毛を繰り返していましたが、そのカミソリからの影響でみるみる異様に毛が濃くなったことは見た目にも明らかだったのです。

アンダーヘアに限らず一定の長さと量が伸びたら人間の体毛は生え変わりをすると言われます。

平均して3カ月から4カ月かけて伸びた陰毛やわき毛などのデリケートゾーンの体毛は一定の長さに達するとその後自然な生え変わりとなって抜け落ちる事で次の新しい毛根が生え始めると言われています。

この毛根サイクルに外的な要因として剃毛や毛抜きなど様々な刺激が皮膚を通して感じられ毛根サイクルに影響を与えサイクルが変化したりしいては女性ホルモンなどのバランスもくずす事が原因となり遺伝子レベルを超えた次元で濃くなる可能性もあると言う人が多いのです。

私自身も全くこの意見に同意しており、当然の如くこうした遺伝子レベルと生活する上での外的要因が重なって影響を受けてアンダーヘアは濃くなるのは体験上残念ながらかなりの影響を受けただろうと思わざるを得ません。

抜く行為で毛根から剥ぎ取られる状態になった毛根が傷つき、剃毛することで表面上の薄い皮膚まで剃毛されたり、角質を傷つけられたりは誰もが経験する自己処理の定番です。

あまりそんな自己処理は行わなかったと言う人は正直薄いアンダーヘアの人が多く、私のようにどう考えても普通より多いアンダーヘアタイプの女性は多かれ少なかれ剃毛したり、毛抜きで抜いたりの経験は多少なりあると思います。

だって夏なら急な海水浴のお誘いや彼氏とのいい感じになりそうなデートの時なんて色々思春期に考えなくてもいい事を考えすぎて準備万端を心掛けて弄り過ぎた時代もあった私ですが、これらの良からぬ妄想でいじり過ぎた過去が今現在の濃くて大量なアンダーヘアに繋がる自殺行為だった事は明らかだったのです。

本来なら辞めたら良かった自己処理のあれこれ

私の思春期でも相当昔の事とは言え、この時代でも無処理だなんて事は到底考えられませんでした。

それでも遺伝要素を抜きにして無暗な刺激を与えるべきじゃなかったことを実感するのがやっぱり外的要因の自己処理が悔やまれて仕方ありません。

私が大人になって気が付いた自己処理やらなきゃよかったあれこれ!

★毛抜きは使わないのがベスト

★デリケートゾーンの剃毛をしまくった事(VIO全て)汗

★処理後のお手入れが冷却や保湿など一切考えてなかったこと。

★ニードル脱毛でVラインを永久脱毛したこと。

正直これらの全てがやり過ぎた私個人からしたら悔やまれて仕方ありませんが、中でも大後悔なのが一番下のニードル脱毛です。これは最初のワキの永久脱毛のデビューもこのニードルがデビューだっただけにこんなモノだと思いこんでいた私は今では酷く後悔しています。

何故って今でいう光脱毛の何倍も(比べられない)レベルの痛さとそして脱毛後のお手入れの仕方が悪かったのもあるのでしょうが正直、当時のお金でも結構な高額だったため激痛に耐えて何とかクリアしたワキ脱毛はそのあとの仕上がりも汚いのです。

鳥肌状態のブツブツで一つ一つニードルの針で毛根を焼ききって毛を無くす手法のニードル脱毛は痛さプラスその仕上がりの汚さにガックリで今でも毛は無いものの、汚いブツブツの脇下でワキを人目に見られないようにいつも気にしている状態なのです。

ワキ程酷くは無いものの、これをビキニラインにも施している私の状態が分かるでしょうか?

何となくビキニラインがブツブツ状態に残っている感じがとってもヤな感じなのですよ・・・・・

後悔後に絶たずで、あれほど痛い思いをしたのに関わらず鳥肌状態のワキとビキニライン・・・そしてビキニラインのアンダーヘアは処理されたものの、中身だけ異様に盛り上ってアンダーヘアが中に中に集中された状態はとっても違和感を感じまくりのアンダーヘアだと未だにコンプレックスを感じる部位である所以なのです。

アンダーヘアの濃さと食生活の関係

聞いた事があるレベルの話に落とし込むと、毛深い女性は男性ホルモンが多く、頭髪などが禿げ上がっている状態になる男性は女性ホルモンが多い。

これって都市伝説でもなんでもない本当の事実なのです。

通常男性の方が女性より毛深いのは周知の事実ですが、これは男女の差の中でも男性ホルモンがつかさどるテストストロンの関係が大きく食の欧米化が進んでいると言われる現代人でも女性とは言え肉食が大好きで油ものなどの偏った食事を好んで取る女性に多くみられる症状とも言われています。

これらの肉食化が進んだことによって女性の中でも男女と変わらずテストストロンが増える事で男性ホルモンが通常よりも増えて体毛やアンダーヘアも濃く変化しているのでは~と言われているのです。

これにもかなり各当しそうな問題なので耳が痛いですが男性ホルモンが分泌されやすいと言われる食生活は以下の通りと言われていますので是非無用な男性化を止める為にも一読して気を付けなくちゃ~と思うばかりです。

動物性たんぱく質が多いのが特徴の男性ホルモンの代表格が当然の如く肉類です。

肉類の中でも順に牛肉、豚肉、鶏肉が多く男性ホルモンを含むと言われており、その他の食材でも魚や卵大豆プロテインなどの食品がたんぱく質を多く含みよりテストストロンを多く含んでいると言われている。

野菜などでは意外な事に玉ねぎも1日半個の量で玉ねぎに含まれる含硫アミノ酸がテストステロンを上げることがわかっています。

他にもニンニクやニラ、ネギなども同様の効果がみられる事から男性ホルモンを増量させる効果があるそうです。

ということで玉ねぎは男性ホルモンをUP効果意外にも血液サラサラ効果もあり、血栓・高血圧・動脈硬化や強いては美容効果も高い事で知られているのっで別次元で積極的に取り入れる事が奨励される野菜の一つですが分かりやすい例としては肉類の過剰な摂取は控えた方が良いのはお分かりですよね?

じゃないとどんどん男性化していくらお手入れしても追いつかないかもしれませんものね。

妊娠前後のアンダーヘアの関係

これも私自身が経験して驚いた事実ですが妊娠して様々な変化が現れた中でも一番嫌な変化としてストレスだったのが妊娠してから毛深くなった事。
妊婦
これも妊娠したことによって女性ホルモンが狂う事が原因となり、アンダーヘアに限らず体毛全体が濃くなるのです。

大半の女性が経験あると思うのですが、私も安定期を過ぎて徐々に大きくなるお腹に薄っすら毛が生えてきたときは凄く驚いたのと我ながら気持ち悪いな~と妙な気分になって落ち込んだのを記憶しています。

でも重要なのがこの時期に気にし過ぎて過剰な陰毛やムダ毛のお手入れを行ってしまわない事です。

出産後1カ月かけて子宮が元の大きさに縮小して徐々に戻ると同時に授乳期間も過ぎる頃には体毛も陰毛も濃く感じたのが嘘のように元に戻ると言われています。

私は元々濃いめだったのであまりわかりませんでしたが、お腹の毛に関してはなくなっていたので、かなりホット一安心した記憶が残っています。

あまり心配えず一過性の時期だと割り切ってこの時期を乗り切って女の一大事出産と産後のケアに取り組む事をお勧めします。間違っても無用なアンダーヘアのお手入れを過剰に行わない事。

過剰なお手入れによって刺激することで又毛根サイクルが狂うよりも自然に元に戻る時期が必ずあるのでこの時期に関しては処理を控える事が一番の得策なのは言うまでもないでしょう~

アンダーヘア自己処理の限界

このように遺伝要素も抱えつつ過剰なお手入れによって影響を受けた状態の毛根サイクルが反応してより毛深くなると言う謎のサイクルへと突入する女性が多い中私の持論ではやっぱり自己処理では限界がある。

剃毛も毛抜きもワックスでさえもあり得ない。

やっぱり過剰なお手入れの中でも一番これを繰り返さない方法は永久脱毛が一番だからです。

毛が生えてくる以上どんな優しい自己処理も意味がありません。

だって又毛は生えてくるのですから当然また処理は永遠続きますよね?

そして今日ご紹介した話ではそれらの手入れをすればするほど毛根サイクルが刺激されて毛深くなってしまう~

こんな事を繰り返すよりも永久脱毛でスッキリすることが一番得策だと思いませんか?

かくいう私も色々ニードルに始まり光脱毛もすでに経験済みです。

でも問題は中身の毛が脱毛出来ない事です。

中見とは小陰唇の中に生えている毛の事です。汗毛深い私からしたらVラインもお手入れしたIラインだってまぁまぁ光脱毛して効果があった。Oラインもやらないよりやって良かった。

でももっと中身だけは粘膜だから脱毛出来ないと言われ続け結局今に至るのですが、外側(外陰唇)やそれ以外のデリケートゾーンを徹底的に永久脱毛した私からしたら中身の毛がもっこりしていて気になって仕方が無いのです。

ここをどうするのかが今のテーマですね。

って事で最新のハイジニーナ特集で最先端の脱毛情報を調べてみました!

最新ハイジニーナ特集

今では一通りの脱毛を済ませた私は自宅で自己処理できるケノンを購入してからはたま~に脱毛し忘れた指毛や陰毛のIラインをちょいちょい忘れた頃にケノンでお手入れしてますが陰部の気になる中身粘膜に近い部位の脱毛はケノンでも効果があまりないようで気になって放置状態です。

お手入れ
で、今や男性でもハイジ男子なる男子が現れる時代。ハイジニーナ(無毛化)のクリニックを徹底調査してみました。

そこで分かった事はやっぱり私の気にするIラインの内部(粘膜)に近い部位まで脱毛を行うクリニックと行わないクリニックに分かれているようなのです。

それは公式サイトでも公言しているようで都内の有名脱毛クリニックでも「粘膜部位の照射は出来ません」とハッキリ公式サイトで発表しているクリニックもあれば、逆のクリニックもあるとの事。

やれないと公言しているクリニックに用はないので照射OKのクリニックを調べたいと思います。

照射OKクリニックは都内ではアリシアクリニックが粘膜まで照射OKの『スムースコース』があるそうです。



絶対行きたい!と思いつつここは都内限定のようです・・・

超郊外の田舎暮らしの私には脱毛料金より交通費の負担もプラスになるようです。汗

でも安心の医療脱毛クリニックである事からも脱毛サロンより結果が早く出る事は明らかだし、初診料や再診料の負担もないようなので負担は軽いみたいです。

東京都内住みの方には絶対お勧め!

新宿、池袋、渋谷、横浜、柏、大宮など関東エリアを中心に12のクリニックがありますが、その施術と内容の良さから予約でいつもいっぱいなんだそうです。初回が新宿でも3カ月後先の予約で横浜が空いているから~という状態で毎回アチコチ遠出しなくちゃいけないレベルだそうですが、店舗はどこもキレイでスタッフの質も良いと大好評の様子です。

私も本気で行きたいです。

アンダーヘアは無くす事は可能?

今の時代アンダーヘアの無毛化はもはや夢ではない時代です。

私も長年の剛毛多量に悩まされてきたとはいえやっぱり最終的には無毛化を目指してアンダーヘアのお手入れをしようと思っています。

どこの店舗やクリニックでも叶うとは言えないまでも今の現代美容ではアンダーヘアの無毛化は本人が望みさえすれば可能な時代なのです。

ちょいちょい剃毛したり激痛に耐えながら毛抜きで抜いたりする時代は終わりです。

今からは身体のムダ毛はケノンで自宅ケアしてVIOの徹底無毛化にはしっかりした信頼のおける医療クリニックで脱毛することがベストじゃないかな~と思うのです。

勿論それを望む人に限りますが・・・

憧れのツルツルデリケートゾーンを手に入れるには最後は医療脱毛クリニックということで今回は私の経験も踏まえアンダーヘアの自己処理には限界がある。

本気の無毛化には医療脱毛でハイジニーナに取り組もう~

これを目標に?ハイジニーナをした暁にはこちらで是非またご報告したいと思います。

ではではこの辺りで~