飛ぶ鳥跡を濁さず
ここにサブテキストを入力できます。
陰部の悩み

陰部(性器)のかゆみがフェミニーナ軟膏で治らないのは性感染症?

陰部悩み

陰部(性器)のトラブルの中でも最も経験者が多いのがデリケートゾーンの痒みじゃないかな~と思います。

恐らくちょっとした痒みやかぶれを経験したことない~って人は少ないんじゃないかな~と思いつつ、日常生活の中で、微妙なデリケートゾーンのトラブルに対応出来るフェミニーナ軟膏で大半は解決できるレベルのかゆみが多いと思うのです。

でもフェミニーナ軟膏などのドラックストアで購入できる軟膏を塗ってもなかなか解決しない!

そんな時に考えられる性感染症の可能性や少しのトラブル解決の為にお勧め自宅ケアと大切なのは無用な我慢で痒みを放置せず解決に向けての対応などを適切に行う事が早期解決に向けて確実な対応だということです。

今回はそんなありがちな陰部(性器)のトラブルとしては比較的に体験者が多いと言われるかゆみのトラブルに軟膏で対応できない時どうするのがベストなの?を徹底解析したいと思います♪

陰部(性器)の痒みは大半フェミニーナで対応出来るはず?

この暑い時期にはとくにトラブルが増加すると考えられる陰部(性器)のかゆみやかぶれのトラブルってみなさんも経験ありますよね?

ストレス
私自身もこの時期はかなりの体験者として過去には相当この痒みに悩まされた一人なんですよ~

初期段階で軽い症状の時はしっかり洗浄して数日たったら気にならないレベルの時もあったのですが、女性は特に生理やおりものなどどうしようもない生理現象が避けられないため、蒸れや生理の経血の多さなどでちょっとした痒みは日常茶飯事だと思うのです。

そんな時、正直言って私が思春期時代にはなかったフェミニーナ軟膏等の陰部専用の炎症を抑える効果のある軟膏が今だとどこのドラックストアに行っても気軽に見つかりますよね?

大半のちょっとしたかゆみならだいたいこのフェミニーナ軟膏で気になるかゆみは治まるはずです。

でも、このようなフェミニーナ軟膏を塗っても症状が治まらない時が問題なんです。

ちょっとかゆい~から気になる痒みに変化して、この時点でフェミニーナ軟膏などを購入して塗る。

これで痒みが治まらない⇒どころが痒みが増して炎症してきた⇒こうなると考えられる原因が少し重症な可能性が大の状態だと言えるのです。

それが私も経験した性病の可能性です!

良く聞く下着や生理用品が肌に合わずにかゆみの原因になった~ということも聞きますが、個人差は当然あるものの私の経験上この程度の理由なら正直大半はフェミニーナ軟膏で完治する人が大半だと思います。

あと暑さで陰部(性器)が蒸れて生理の経血やおりものなどが原因となりが増加してかゆみの原因の場合でも大半フェミニーナ軟膏で対応出来ると思います。
(私は大半この程度はフェミニーナ軟膏で完治しました)

ですので問題はそれ以外、やっぱり悪条件が重なって常在菌である必要であるデリケートゾーンの菌が雑菌と皮脂によって悪い菌の増殖を引き起こし、性病を併発してしまった?や、異性との性的関係で性病を感染した~等の原因ならフェミニーナ軟膏ではもはや対応不可の可能性が大だと言えるでしょう~

正直性病がかゆみの原因ならいくらフェミニーナ軟膏を塗っても、かゆみが少し収まる可能性はあっても性病の根本を完治させる事は難しいでしょう。

フェミニーナ軟膏でかゆみが治まる場合は正直朝晩の2回フェミニーナを清潔なデリケートゾーンに塗ってみれば直ぐに結果が分かります。

そんな3日も5日もかかってかゆみが治まるだなんて事はまずありえないので、是非1日フェミニーナ軟膏を塗ってもかゆみが一行に治まらない時は、様子を見ず性病の可能性を疑うべきだと思います。

では、そんなフェミニーナ軟膏で完治しない場合の考えられる性病ってどんな性病があるのか調べてみました。

フェミニーナ軟膏で対応出来ない時の可能性

生理の経血やおりものが原因で常在菌のバランスが崩れてかゆみの原因になっているなら、酷い場合を除いては大半フェミニーナ軟膏で対応出来ます。

ではそうではない時、フェミニーナ軟膏でかゆみが治まらない時の考えれる性病の可能性をご紹介しましょう。

カンジタ菌

膣トリコモナス

尖圭コンジローマ

いんきんたむし

カンジタ菌
このカンジタ菌はカビの一種(真菌)と言われ男女共に元々体内に持ち合わせている常在菌として知られる人の身体に必要な常在菌でもあるのです。

この菌の発症率っは特に女性に多く一般的に女性の20%が経験すると言われる程併発しやすい性病の一種なのですが、それもそのはず併発する原因が、体調不良や、寝不足などのストレス過多によっても併発しやすい菌だからです。

膣トリコモナス
細菌が原因ではなく原虫が原因のトリコモナスはかなり強い痒みや痛みも感じる性病で、おりものにも変色したりかなりの悪臭がしたりと分かりやすい変化で経過と共に排尿時には強い痛みを感じる症状が出る。

尖圭コンジローマ
こちらも痒みと同時に陰部の外陰部分に小さなイボが出来るのが特徴。長引く症状の時には悪化を避ける為にも自分の陰部にこのようなデキモノが出来ていないかをチェックすることをお勧めします。

いんきんたむし
水虫と同じ菌が陰部周辺に出来る菌で強い痒みや感染部分がただれるなどの症状が出来男性に多いと言われるが、皮膚感染症とも言われる症状なので初期段階で適切な処方を行う事が重要。処置の方法によっては、性器から臀部にかけて無数の発疹に黄色い水ぶくれに痒みが生じるが放置すると赤味の発疹が黒ずみに変化する。

異性との性行為での感染も充分あり得るので要注意の性病と言えるでしょう。

まだまだ性病は多岐にわたり存在するが代表的な痒みを伴う症状の性病はこの4つが多いと考えられているのでくれぐれも自己判断や放置をしない事が重要な事である事を理解して欲しい。

現代であるならば、このどの性病もしっかり治療が出来完治する性病であるのに、長らく放置したことによって、初期段階のかゆみや炎症を放置することにより、より深刻な症状へと悪化することを忘れないで欲しいです。

その為にも、まずは気になる痒みを納めるのに市販のフェミニーナなどの軟膏を処置してそれでも完治しない時や、症状が繰り返し陰部(性器)に現れる時は迷わず放置せず、まずは何の性病なのか確認することが重要です。

一番良いのは当然信頼のおける婦人科か産婦人科でも診察をお勧めするが通い慣れていない産婦人科に抵抗があるがために検査が遅れる女性も多いと思うので、是非そんな婦人科への診察を躊躇した時は自宅で受ける事が出来る性病検査がお勧めです。

迷って性病検査が遅れて深刻化する前に是非この検査なら他人に知られる事なく性病検査を受けられるので若い女性の間で利用者が増加しているそうです。

こんな自宅で性病検査なんて信用できるの?と思われるかもしれませんが、こちらのさくら検査研究所は16年の実績を持った衛生研究所で、全国に提供医院もある信頼のおける研究所なんです。

そして個人情報の保護にも誠実に対応していて、匿名での申し込みOKで、希望があれば郵便局留めも指定できる心使いです。

性病感染に心辺りがあり、少し不安に感じているから尚更産婦人科への診察を受けずらい人や、どうしても診察に抵抗があり1歩が踏み出せない人。

忙しくて検査に行く時間がない~などの女性には是非放置するよりハッキリと診断を受ける事によってそれ以上の悪化を防ぐ手段としては絶対にお勧めのステップだと思います。

だって何の性病かしっかり把握出来たら後は治すだけですもんね。


是非迷いながら症状悪化で大事になるよりも、いったい何の性病なのか、まずは信頼のおける衛生研究所で検査することをお勧めしますよ♪

陰部(性器)の痒みは放置しない!

ありがちな陰部(性器)のトラブルには時にはフェミニーナ軟膏では対応できない状態のかゆみが存在することをご紹介しました。

私の思春期時代も少しのムズムズや痒みって全然珍しくないから、そのうち治るでしょう~と、今のようにフェミニーナ軟膏のような優秀な軟膏がなかったので(20年以上前)当時はオロナインやらメンタムなど何でも自宅にあるもので対応して『そのうち治る、絶対治る』と祈るような気持ちで痒みに対応してました。汗
痛さ

でも、結局は先ほど紹介した中でも常在菌である体調不良や寝不足などでも発症すると言われるカンジタ菌に結構頻繁にかかっていた私は、限界まで我慢して、結局オロナインやメンタムでは完治せず、最後は排尿や入浴で陰部(性器)に水が触れると激痛レベルとなり産婦人科に駆け込み診察となった過去。

あの時の恥ずかしさのあまり無理な我慢を繰り返した事がとても恨めしく感じます・・・

正直いって放置しても治る事はまずないので、是非軟膏を塗って効果が無い時は無理せず早めの検査が一番の早道だということを理解して欲しいと思います。

まずはどんな性病なのか?

その次は確実に性病であることが分かったら治療したら何の事はない、大半はそれまでの我慢が嘘のように排尿の時の激痛もイライラするレベルのかゆみや炎症もス~っと収まるんですから。汗

婦人科にかかる事は相当ハードルの高い事だと思いますが、市販のフェミニーナで対応できない時は、諦めも肝心ですので是非しっかりと検査して自らの性病と向き合って一刻も早く無用な症状から解放されることをお勧めします。

我慢は無用!速攻かゆみとかぶれにさようなら♪
http://www.skr-labo.net/img/home/mv03.jpg

陰部(性器)の痒みやトラブル予防にお勧めケア

そして余計なお世話ですが、もう一段踏み込んでこれまで結構陰部(性器)のかゆみやかぶれ等のトラブルに何度も経験がある女性にお勧めの自宅ケアをご紹介したいと思います。

メラニン
頭髪と身体を違うアイテムでお手入れするのは今や当たり前ですよね~そして入浴の時に顔洗顔も当然通常ならばボディソープで一緒に洗うんだ~なんて女性は少ないと思います。

今では男性でもスキンケアに洗顔や化粧水を使用するのが珍しくない世の中ですものね。

そこで私個人が当初は別の悩み(黒ずみ)で取り入れた専用石鹸が今では結局当初の悩みには効果が感じないものの(個人差があります)他のデリケートゾーンの悩みやトラブルがほとんどなくなった事から、デリケートゾーンの常在菌を整える効果がある事を実感しているのです。

そしていやらしい話、消臭効果も抜群ですW

生理の経血やおりものなどが陰部の陰毛などと絡み合って常在菌である真菌が乱れる事からちょっとしたかゆみや痒みからかぶれに悪化するのが通常良くあるデリケートゾーンのかゆみの原因と言われます。

私が過去思春期に悩まされ続けたカンジタ菌もまさにそれが原因です。

私の場合は当時フェミニーナ軟膏もなかったので、とにかく清潔に洗浄して、とりあえずオロナイン!というのが定番だったので尚更必要以上の過剰な洗浄が必要枠の常在菌も洗い流す事でカンジタ菌を併発していたのかな~と過去を振り返り猛省してますが・・・・

知らず知らず黒ずみ解消に惹かれて購入したこの石鹸の仕様を初めてかれこれ弱4年!

それまでのカンジタ菌が全く出現してないのです。

年齢的に大人になった事も大いに関係あるかもしれませんが、それにしても個人的にはかなりこの石鹸の効果があるんじゃないかな~と勝手に推測しています。

ニオイもナチュラルなローズの香りでかなりお気に入りです♪


気が向いたら取り入れてみて下さいね!

このデリケートゾーン専用石鹸も世の中色々ある事に、等ブログを初めて発見して驚いていますが、結構思い込みが激しいタイプで気になる商品色々あるんだ~と思いつつ、未だ浮気知らずです。

ニオイと痒みのトラブル知らずはこの石鹸のお陰かな~と思うので是非日ごろから不快な陰部のかゆみに悩まされている人は一度使用してみて下さいね。

費用対効果結構高いと思いますから♪