飛ぶ鳥跡を濁さず
ここにサブテキストを入力できます。
陰部の悩み

性器ヘルペス感染かもと思ったら陰部にデキモノが出来てきた

ヘルペス

デリケートな陰部周辺にデキモノが出来た事ってありますか?

私個人は過剰なムダ毛のお手入れで陰部にニキビのようなデキモノが出来た事が何度かあるんです。

最初はビックリしたけど、最近は慣れですかね~自然に放置して無くなる事が大半なので手こずった記憶はないものの決していい状態とは言い難い、陰部にデキモノが出来た時どうしたら良いの?

ニキビならまだよいにしても最悪の場合性病の可能性も高いデリケートゾーン周辺のデキモノと性病との関係にその中でも可能性が高いかもしれない性器ヘルペスについて徹底調査してみます。

性器ヘルペスって私個人も聞いた事はあるものの、しっかりどんな性病なのか経験がないので分からないんですよね~そこで特徴の一つの中で性器ヘルペスには陰部にデキモノが出来ると言われるので、その特徴を調べてみようと思います。

性器ヘルペスの症状と何で感染してしまうのか?の正しい原因を徹底追及することで今度まさか?と思う症状に遭遇したときに参考にしてもらえたら嬉しいです♪

性器ヘルペス感染とは~

性器ヘルペスとは性病の中でも自発的に体調の良し悪しで発症するカンジタ菌などとは違い大半が異性との性行為によって感染すると言われる性病の中でもポピュラーな性病なんだそうです。

大きな特徴の一つには陰部周辺に水疱(みずぶくれ)のような特徴のあるデキモノが陰部の皮膚上に現れると言われています。これが初期段階の症状で、悪化すると少し厄介な症状として長引く事もあるので、是非初期段階の水疱を見たら早期での診察が好ましいと思われます。

どんな病気でも同じですが初期段階なら、だいたい産婦人科で処方される抗ウィルスの処方薬で完治すると言われます。

ただ、さして痛みがひどくなく産婦人科にかかる事を億劫に感じて放置すると、かなり悪化したりして最悪のケースでは入院も進められるレベルにまで悪化してしまう患者さんも見えるとの事。

そしてもう一つはヘルペスは再発する可能性も高い性病なので、交際相手など性的関係がハッキリしている場合は女性だけに関わらずパートナーにも診察してもらうことを奨励しています。

それはそうですよね~いくら症状が水疱など出ている女性側だけにしても女性が抗ウィルスで完治しても肝心の性的関係にある男性側が放置していると、女性一人が完治してもまた相手と関係を持つ事で直ぐに再発になる事は自然の原理でしょう。

是非パートナーがいる場合はお互いの為にもしっかりとした診察を受ける事をお勧めします。

一度性器ヘルペスにかかった人は免疫が出来て抗ウィルスで完治して症状が収まっても、体内に少量のヘルペスウィルスを残す事も多いので、体調不良などで再発する可能性も高くなるのです。

一度性器ヘルペスにかかった人は是非診察でもらった抗ウィルスも症状が収まったから薬を飲むのを辞める~ということのないように最後まで処方された薬は飲み切る事をお勧めします。

これらが再発防止も兼ねて最低限守った方が良い性器ヘルペスにかかった場合の適切なマニュアルだと言われています。

性器ヘルペスの分かりやすい症状

性器ヘルペスかな~と見分ける方法として一番分かりやすい症状はやっぱり先ほどにも挙げた陰部の水疱(みずぶくれ)が一番特徴が強いと言われています。
陰部のトラブル
様々な性病の中でも陰部に直接水疱が出る性病は、個人差はあるものの、性器ヘルペスがダントツにその症状として見分けやすいと言われているのです。

水疱と言っても時には肛門周辺にまで広がる事も珍しくない性病らしく、性器ヘルペスに発症してその症状が出るのも人によって大差はあるものの、潜伏期間が長いタイプではない為早い人で4日目から10日間を目安にそれらの症状が現れ出すと言われています。

そして水疱と共に排尿の時強い刺激痛を感じる事から比較的早期発見はしやすい性病だと言われています。

早期の症状で大半の人は異常に気が付く性病ですが放置することによってより深刻な症状に悪化する事でも知られる性病なので、これらの症状を確認出来たら素早く医師に診察してもらうことをお勧めします。

男女共に感染する性病ですが、より女性の方が症状が出やすくそして悪化した時も陰部周辺に広がり外陰部からおしりまで広がり、時に重症化する女性は子宮頸管や膀胱まで感染が広がる危険もあります。

そこまで悪化させないためにも上記のような条件で陰部に違和感を感じたら早期の産婦人科医にかかる事を強くお勧めします。

自然治癒力はあり得ない性病のようなので是非!

陰部に性器ヘルペス?デキモノが出来時

と、いうことである程度性器ヘルペスの症状に各当するようなデキモノが出来た場合はっ間違いなく悪化する前に産婦人科に診察を受けるべきですが、嫌そうじゃないかも?

ヘルペス
これがヘルペスなの?ってヘルペス判断に困る時もあるはずですよね~

だって最初にお話ししたように私レベルでムダ毛ケアのやり過ぎによる陰部のニキビのようなデキモノだってあるはずですので・・・そんな時のボーダーラインってどうやって見分け付けたら良いの?

って事でヘルペスなら水疱(みずぶくれ)のようなヤケドに近い症状が現れると言われていますが、ヘルペスになった事がない私達では想像できないかもしれないので画像を載せておきますね。

一応参考画像ですが刺激強めかもしれないので是非心してチェックしてみて下さいね♪

性器ヘルペス症状画像

性器ヘルペスの注意点

排尿の時の性器の痛みと水疱などの症状から適切な医師にかかってヘルペスの診断を貰った場合でもヘルペス特有の注意点をご紹介したいと思います。

性器ヘルペスの再発に注意する

先程も紹介しましたがヘルペスの症状が出てしっかり産婦人科で初期段階で診察を受けた場合、抗ウィルスなどの内服薬や膣内の投薬など医師による処方によって直ぐに衝撃的な排尿の時の痛みや、水疱などの分かりやすい症状は治まると言われています。

でも目に見える痛みや水疱が無くなったからと言って完治したわけではありません。

症状が温和されても微量のヘルペスが体内の残って今後体調不良やホルモンバランスの崩れによって再発する可能性は充分に考えられます。

この事からも抗ウィルスなどの処方で直ぐに苦痛だった症状が収まっても必ず処方された分の内服薬は飲み切ることはかなり重要です。
手術

そして医師に処方された分の投薬を飲み切った位で再診してもらい完治したかどうかの判断を自己判断ではなく医師にしてもらう事が何より重要だと思うのです。

何でそこまで~と思うかもしれませんが性器ヘルペスにかかったら再発しやすい事と、異性との性行為が原因で感染する事が大きな感染経路の原因と言われている性病なので、しっかり完治しない事には目に見える症状が収まったからと言って普段通りの性行為を行う事によって何ともなかった彼にまた性ヘルペスを感染させてしまう。

そしてまたそれを自分が感染される~という最悪のケースを避ける為でもあるのです。

再度の診察はとても面倒ではありますが是非再発防止の為にも再診してもらいしっかり完治したかどうかの判断を仰ぐ事をお勧めします。

排尿の痛みが無い~放置は危険

これも上記に同じく排尿の時の激痛が気になりながらも、その症状が収まったと言いしっかり診察も受けずに放置する。

これも良く無いケースですね。

結局、一時の強い違和感がありながら恥ずかしさのあまり我慢しているうちに症状が温和されたからそのまま放置した~というケースは結構婦人科系の病気には多いようですが一番厄介でもあるのです。
妊婦

この性ヘルペスに限っては、最悪のケースではヘルペスを体内に持った状態で妊娠したりした場合に、体内の乳児にも性ヘルペスを映してしまう可能性もあると言われているのです。

母体に性ヘルペスを持った状態で妊娠した場合の感染率は何と脅威の4割と言われる程その確率が高い為うかつには放置することがどれほどハイリスクな性病なのか分かりますよね?

万が一に乳児に感染した場合、母体からもらった性ヘルペスの影響から乳児は皮膚に症状が出たり酷いケースでは脳炎になる可能性もあると言われています。

軽く考えずに若い女性程性ヘルペスの感染率が高いと言われているので将来の自分の為にも無用なリスクを負わないように「もしかしたら性ヘルペスかもしれない~」と思い当たるような症状があった場合は初期段階程素早い対応でしっかりと婦人科に通い完治させることがベストな対応だと思います。

性器ヘルペスなら至急産婦人科へ~

今回は陰部のデキモノがただのデキモノなのか、性ヘルペスなのか?のボーダーラインと共に性ヘルペスなら早期の解決に向けてしっかりと産婦人科などで診察を行う事によって素早く投薬で治せる病気である事をご紹介しました。

ちょっとおかしいな~と思う位では産婦人科って若い女性程ボーダーラインが高いのかもしれません。
手術
実際適切な診察を行て抗ウィルス剤を処方通りに飲むなどすればそれほど深刻な性病ではないのに、早期にかからず放置したことによって症状が酷く悪化したという女性もたくさん見えるそうです。

あまり深刻にならずに、でも自分を大切にする意味でも是非いつもと違う違和感を感じたり、ここまでご紹介したような症状に一致する症状があったら是非迷わず、信頼のおける産婦人科で診察を受けて下さいね。

放置することが一番良く無いので是非自分のリスクテイクの為にも異常を感じたら恥ずかしがらずに産婦人科にて診察を受けて下さい。

医師は性ヘルペスなんて間違いなく見慣れていますから~

超悪化させて入院なんてなる前にしっかりと通院で完治させる事がベスト対応だと思います♪