飛ぶ鳥跡を濁さず
ここにサブテキストを入力できます。
陰部の悩み

女性器にお勧めビデの膣内洗浄でニオイやトラブルを軽減する

ビデアイキャッチー

陰部周辺の女性器の悩みは女性なら誰でも大なり小なり経験があると思うのですが、そんなデリケートゾーンの多くの悩みやトラブルにニオイの問題がある事は女性なら誰もが否定できない事実だと思います。

そんなデリケートゾーンにビデを使用した膣内洗浄を行うことでニオイやトラブルを軽減するメリットがあるってご存知ですか?

発展国の中でも公共施設でのトイレの統一されたトイレの清潔さや今やウォシュレットが当たり前となった日本社会で是非改めて女性器にお勧めな美での膣内洗浄をお勧めしたいと思います。

他国に比べて異様に清潔感の強い国民性の為、大半の公共施設で使用出来るにも関わらず使用したことが無いという女性もたくさんいると言われるビデでの膣内洗浄がどれほどのメリットや効果があるのかを少しの注意点と共に徹底調査してみました。

私も普段は特に使用しなくても生理の時には積極的に使用することでより清潔感と何よりもニオイが軽減できた事を確実に感じているのでその辺りの本音も踏まえてご紹介しますので是非一読して頂けたら嬉しいです♪

そもそもビデで膣内洗浄出来る?

現代では昔と違い公共施設やコンビニで借りるトイレにもウォシュレットが付いている様式のおトイレがインフラの整った日本では当たり前の光景ですが、そんな公衆のおトイレでウォシュレットを効果的に使用している人はきっと少ないかもしれませんね。

ビデ
この公共施設に、大半付属している様式トイレにもウォシュレットにビデとあるのを見た事がある人が多いと思います。

このビデ日常的に使用している人ってそれほど多くないみたいなんですよね~自宅ではどうなのでしょう?

古くはヨーロッパやアメリカなんかではオトイレの隣に女性専用のデリケートゾーンの洗浄用ビデが設置してあったのがビデの発症のようです。

このヨーロッパんやアメリカ文化を日本が追いかけて今ではウォシュレットが備わっていないオトイレの方が少ない位です。

所でこのビデどんな意味でヨーロッパやアメリカのおトイレに設置してあったのかというと、性行為の後に洗浄したり、生理の時に衛生面を保つ為のモノとして長年女性にとっての必需品として使用されていたのです。

でも今のこの整ったおトイレ事情の日本でどれだけビデを効果的に使用している女性がいるのでしょう?

ちなみに私個人は自宅でのウォシュレットなら生理の時など使用してますが、正直言って出先でのウォシュレットは衛生面で気になってなかなか使用してないのが本音です。

きちんとした医師はこの出先でのウォシュレットを奨励する医師はなかなかいないみたい。

ザックリ言うとウォシュレットで洗浄出来ない訳ではないけど、公共でのトイレでは表面上のデリケートゾーンには多少は使用しても良いけど膣内洗浄までは衛生的にお勧め出来ない!これが結論のようです。

ただ生理などで経血が大量で酷い人やおりものも体質的に多い人などは衛生面からしてもオトイレ使用後にはトイレっとペーパーで軽くふき取ってからウォシュレットでの経血を流す事や陰部周辺についたおりものなどを定期的に洗い流す事は、一定の良い効果があると考えられているようなんです。

でも体内の膣内まではちょっと衛生的に不安ですよ~って理解して使い分けしてもらえたらベストかな~と思います。

やっぱり使用の仕方も多種多様なようにちょっと膣内まで洗浄するのは危険な気がしますよね。

では膣内洗浄にはどんなビデがある?

そして医師監修でお勧めする本格的な膣内洗浄は、薬局なんかで売っている使い捨てのビデを定期的に使用することを奨励している医師が多いようです。

ビデ
私も昔使用したことがありますが、浣腸より少し大きめの柔らかい容器の先端にノズルが付き、容器の中身は精製水が入っていてノズルを膣内に挿入して容器を押す事によって容器の中の精製水で膣内を正しく洗浄する~

この流れが通常のウォシュレットで陰部周辺の入り口だけを軽く洗浄するスタイルとは大きく違う事が分かります。

ウォシュレットも悪くないけど、それは膣外のデリケートゾーン周辺の経血やおりものに付着して雑菌を増やさない為の手段で、膣内洗浄はもう一段上の膣内の汚れやムダな経血を洗い流す為の行為をさすのです。

ではここまでで何となくウォシュレットと膣内洗浄の意味や違いが理解できた所でその膣内洗浄をすることによって得られるメリットと、どれくらいの期間や使用のお勧めタイミングなんかをご紹介したいと思います。

だっていくら女性器に良いからって過剰な洗浄は良い訳ないですので♪

ビデ使用のメリット

日本のトイレ文化の進化と共に和式から様式、様式からプラスウォシュレットが付属が当然のトイレ事情になった今、ウォシュレットでのビデがお勧めな理由とメリットをご紹介します。

生理の大量経血を洗い流せる
もうこれは絶対に超便利です。今振り返るとこのウォシュレットの存在でどれだけ女性のデリケートゾーンのトラブルが減ったのか~と思う位ウォシュレットがあると無いでは大違い。

絶対にウォシュレットがある事で、生理2日目の大量の経血で意識して生理パットの交換を頻繁に行っていても、狭い面積のパットと湧き出るような大量の経血と陰毛はかなり危険なレットゾーン状態です。

このレットゾーンにウォシュレットがあれば、少なくともおトイレのパット交換の度に陰部の経血や陰毛に絡むレベルの経血を洗い流す事が出来る事がどれほど清潔感を保て、また女性側もスッキリとすることか・・・

女性ならではありますが、かなりブラックな状態でとってもクリーンとは言い難い状態がウォシュレットの存在で膣内洗浄はウォシュレットのようなデリケートゾーンの表面上の雑菌を洗い流す効果とは違うので頻繁に使用することは奨励されていません。180度クリーンな世界に変化したことは間違いない事実だと思います。

トレッとペーパーより刺激が少ない

先程のようにビデ(ウォシュレット)を使用することによって何度もトイレットペーパーでデリケートゾーンを擦るようにふき取らなくてよい事がどれほどデリケートゾーンにとって優しく刺激を軽減出来るかが理解出来ますよね?

湧き出る経血に何度もトイレットペーパーで吹き擦るような行為を繰り返すよりも、ウォシュレットのビデである程度表面上の経血でも洗い流せる事によって、洗浄後は優しく一度トイレットペーパーでふき取れば完了します。

そして女性側からしても、ただふき取っただけのデリケートゾーンとビデで洗浄した後のデリケートゾーンではサッパリ感と清潔感が格段に違う事も女性である私が自信をもって言い切れます。

あらゆる陰部周辺の負担と衛生面を考えても生理の時のビデ(ウォシュレット)使用は最も清潔でデリケートゾーンにも負担が少ない事からあらゆるトラブル防止に繋がる優しい身近なお手入れの一つだと思うのです。

是非、出先のビデ(ウォシュレット)は衛生的に嫌だ~という女性は多いようですが、私的には生理の時は割り切って短時間のウォシュレットで洗浄してサッパリさせる事の方がよっぽど清潔感を保ててデリケートゾーンの環境的にも良いと思うので生理やおりものの多い女性は割り切ってビデを積極的に使用して欲しいと思っています。

女性器にビデ膣内洗浄のメリット

お勧めは、月経の終わりごろの残留経血を早めに粗い流せる事や、おりものが多い時に膣内洗浄することによって清潔感を保てたり不快感を軽減出来たりする方法が最もお勧めの方法で、それ以外はあまり多用しない事を奨励する医師が多いようです。

では過剰な多用を奨励しない医師の反対の理由も一応調査してみましょう。

女性器の膣内洗浄の過剰使用にも要注意

これは要するにおりものが多い事や経血が陰毛などと絡みあい雑菌の増殖やニオイの元をたつ為の方法や手段としても奨励されている膣内洗浄ですが膣内には常在菌と言われる、常に存在している乳酸菌を一定に保って、あらゆる雑菌から守る働きもしているのです。
陰部のトラブル

その為清潔感は大事だけれど、ニオイや清潔感を気にするあまり過剰にデリケートゾーンを洗浄する人にも見られるのですが一定の常在菌を保ち乳酸菌を持つ事も大切な要素なのです。

その為私も過去には常在菌の代表株と言われるカンジタ菌の併発ばかり繰り返した過去があるのですが、これと同じ事で膣内洗浄も過剰のやり過ぎる事によって、最低限必要な常在菌まで洗い流す可能性があるからだと言われています。

菌は雑菌の元でもあるけれど、女性の複雑な構造状最低限の女性器の健康を保つ為の常在菌を殺してしまうのは本末転倒ですよね。

一定の常在菌は絶対に必要なのだと考えると、この常在菌を膣内洗浄の過剰な使用いよってまた新たなトラブルの原因へと変化してしまうと言われているのです。

性感染症や膣炎に骨髄炎症疾患、不妊症や早産、子宮内感染のリスクも高まると言われるから、膣内洗浄も自分の生理やおりものなどのバランスを考えて膣内洗浄も多くても月に2回までが限度ではないかな~と思います。

女性器はデリケートなので常在菌も必要だし、かといって衛生的な面から考えても、生理中の経血やおりものが多くてあまりに自分自身も不快に感じる時は膣内洗浄を行う事でスッキリサッパリとする効果もあるのでこの辺りは統一した期間や使用頻度は指定できないモノの、自分の体調のバロメーターを見ながら適度なお手入れとして取り入れる事を奨励されています。

ビデを使いこなしてニオイやトラブルを軽減する!

このように膣内洗浄にはメリットとデメリットが表裏一体である事が理解してもらえたと思うのですが、上手く自分の生理サイクルに取り入れる事によって、生理前の不快なおりものの多い時や生理の時の経血の酷い女性にはニオイやそれらを放置することによって起きうるトラブルも軽減できる膣内洗浄は方法を間違えなければ力強い女性の日常生活を軽減してくれるアイテムになると思うのです。

私も好奇心でかなり若い頃使い捨てのビデは薬局で購入して使用したことがありましたが、ここまで深い意味を考えず使用していたので、今後生理の終わり辺りに取り入れるのも良いかな~と思い返しています。

膣内洗浄を行う時の注意点はある?

それでは、適度なデリケートゾーンのトラブル軽減やニオイの軽減の為にも生理後などの使用を奨励すると共にしようする時の注意点をご紹介したいと思います。
手術
1:当然だけと膣内洗浄をする時は手や指と同時にデリケートゾーンも清潔に洗浄した後に行うことが好ましい。
(入浴の時などがお勧め)

2:洗浄液の種類には、より高価な洗浄液と減菌蒸留水とあるそうですが、刺激の強さやアレルギーのリスクテイクを考えてもより安全な減菌蒸留水を使用することが最もリスクが少なくより安全に膣内洗浄の役割をすると考えられています。

3:性病感染の疑いがある場合や、デリケートゾーンに異常を感じた場合は自己判断で膣内洗浄をしない事。
場合によっては細菌によって洗浄液が汚染される危険もあるので必ず異常がある場合は自己判断ではなく信頼のおける専門医に診察を受ける事をお勧めします。

ニオイやおりもの対策に産婦人科医が開発したインクリア

ここまでの説明で過剰な膣内洗浄も良く無い事が理解してもらえたと思いますが、この必要な常在菌を残しながら膣内の浄化作用を洗い流さずにサポートしてくれる新しいタイプの「インクリア」が産婦人科医と共同開発されて評判のようです。

ニオイを抑えておりものを軽減して雑菌の繁殖も抑えてくれる働きがあるそうです。

サイズもコンパクトでタンポンサイズで洗い流し不要の新タイプ。

成分は口に入れても大丈夫と言われる程優しい成分なので是非使い続ける事で膣内環境と自浄作用も高まると言われるインクリアも健康で清潔なデリケートゾーンのお手入れにセルフケアとして取り入れるのも今後の対策に良いかもしれませんね。

詳しくはこちらから確認してみて下さいね!


膣内洗浄と言ったら産婦人科でしてもらうのが一番良いのかもしれませんが、多くの女性がそうなように、未だに産婦人科ってなんだか出産意外の診察は多くの女性にとって敷居が高いはずです。

でも異常を感じたり衛生的にニオイが気になるときはあるし・・・

そんな人には無視せず是非一度試してみて下さいね♪