飛ぶ鳥跡を濁さず
ここにサブテキストを入力できます。
陰部の悩み

陰部(デリケートゾーン)真夏までに始めたい自宅ケア解消法

美尻

どうしたって開放的な気分になるのは暖かくなる初夏から真夏にかけてのシーズン到来だと思います。
個人的には私も夏が大好き。

でも避けて通れないのがフォーシーズンの中でも一番陰部周辺のデリケートゾーンのトラブルが起きるのも何故だかこの夏の時期だったのです。

振り返ったら過去の思春期からデリケートゾーンのトラブルがあったのはいつもこの暑い夏の季節ばかりです。
そしてそんな症状が収まってきたのも、4年程まえから、美容系雑誌の特集で見て軽い気持ちで購入したデリケートゾーン専用の石鹸を使用しだしてからなんですよ。

恥ずかしい話、アウトドア派の私は毎年夏になると陰部のトラブルから産婦人科に通うハメになるのはいつもこの夏場だったのです。

気候とデリケートゾーンおトラブルが関係あるの?と思う人も見えるかもしれませんが、私的には絶対因果関係があるかな~と経験上勝手に思い込んでいますが、夏に限らずデリケートゾーンのトラブルを抱えている人も、私のように夏場にトラブル発生が多いかも?と言う人は意外にもちょっとした自宅ケアでトラブル防止が出来て悩みの解消になる可能性が高いと思います。

具体的な方法は色々あるけどやっぱり梅雨時期からジメジメした湿度の高い国日本と言うことで避けては通れない陰部の通気性をかんがえてVIOのお手入れもある程度は重要な要素かもしれません。

でもね、それだけじゃないんですよ。

私の経験では陰部のトラブルにはもっと身近な原因があってちょっとした事で陰部のトラブルがぐっと解消出来たのですから~

今日はどんな方法で私が陰部周辺のトラブルを解消してきたのが徹底的にご紹介しますね。

是非みなさんも参考んいしてもらえたら嬉しいです♪

陰部(デリケートゾーン)に一番良く無いのは過剰な洗いすぎ

洗浄
学生時代から体育会系だった私は炎天下の中グラウンドで長時間の部活で汗ダラダラ身体もベタベタと言う生活が日常茶飯事でした。学生時代には全く気が付かなかったのですが、生理が気出したころからデリケートゾーンにトラブルが発生しだしたのもこの思春期真っ只中の中学時代だったのです。

嫌らしい話、生理がきたのも意外に遅いほうで中学2年生だった私は、それと同時に身体の変化もあって、その頃から陰部(デリケートゾーン)周辺が夏場特にムズムズしたり痒みを伴ったりの症状が出たりと、暑さと部活のハードさよりも陰部のムズムズ感の方が手や足のように人前で痒いたり出来ない部位なのでかなりイライラしつつ、最終的にはあまりの痒みに産婦人科に行くハメになってカンジタ菌を併発してしまったりと思い出しても最悪な青春時代でした。(泣)

カンジタ菌というのはご存知の方は多いかと思いますが自分の中に元々持っている菌として有名な菌で、風邪などを併発して抗生物質を飲んだり疲れから併発したりすることで有名な自己感染の菌として知られる菌ですが、これが何故だか毎年夏場に併発してしまったのです。

結論から言うと私の場合は疲れからでも風邪の抗生物質が原因でもありませんでした。
考えられるのが夏の暑い時期ムズムズしたデリケートゾーンを気にして帰宅して過剰に陰部を洗浄していたことが原因だったのです。

カンジタ菌は洗浄のし過ぎでも皮脂のコントロールが悪くなって併発することは明らかになっている菌です。

ジメジメした環境の陰部を少しでもサッッパリ清潔に保つ意識で必要以上に洗浄した~それが集中的な洗浄のし過ぎでデリケートゾーンが乾燥して乾燥しすぎた陰部を、自然の原理で乾燥から守る為に皮脂が分泌されて、その過剰な分泌に雑菌が反応して元々体内に持っているカンジタ菌が併発してしまった。

恐らくはこれが原因かな~と勝手に推測しています。

だって本当に梅雨入りからジメジメした真夏にかけてばかりなんですよ。カンジタ菌になって婦人科通いを泣く泣くしていたのが・・・

そして自分に振り返ってもかなり子供ながらにデリケートゾーンが汗や皮脂で不潔な状態だから痒みが起きるのかも~と安易な考えで必要以上に陰部を洗いまくっていた記憶がしっかりあるからです。汗

当時は洗えば治るでしょう~と思いこんでいました。

でもだいたいが逆効果で洗えば洗う程、痒みは強烈に増して最後は耐えられないレベルに達して産婦人科に検査=カンジタ菌が診断結果だったのです。

当時、カンジタ菌の意味も分からず、当然スポ根少女だったので異性との性行為の経験もない私は何でこんな性病になるのか本当の恨めしく恥ずかしく自分の体質にイライラしていた記憶があります。

産婦人科で色々洗いすぎは良くないよ~とか言われても洗わなきゃダメでしょ?と聞く耳を持たなかった私が過去を振り返って洗いすぎが原因でカンジタ菌を併発していたことに気が付いたのは30歳も半ばを回った頃だったので何とも情けない無駄な婦人科通いをしていたのだな~と今ではつくづく自分の馬鹿さ加減に反省しています。

陰部のトラブルは色々あると思いますが、第一に現代人の私達に関してはかなり洗いすぎが原因でデリケートゾーンのトラブル発生となっている女性は多いと思います。

だって4年前から購入したデリケートゾーン専用石鹸を使用しだしてからピタっとカンジタが収まったんです。

間違いありません。
陰部(デリケートゾーン)の過剰な洗いすぎはカンジタ菌に限らず陰部のトラブルの原因の一つだと思います。

この専用石鹸を使用しだして毎年夏の婦人科通いだった私がこの4年間婦人科とは無縁なんですよ。

そして匂いにも効果が絶大だった。

私のようにデリケートゾーンのトラブルは無くても匂いに敏感な女性は多いはずですよね?

今は色々な種類があるようですが、思い込みの激しい私は、効果を感じたこれ1本で浮気知らずです。笑

私のようにトラブルが気になっていると言う人にも、そしてトラブルではないけど匂いが気になる~と言う人にも是非お勧めな石鹸がこれなんです!
シークレットレディジャムソープで自宅ケア石鹸
当然ですがデリケートゾーン専用石鹸なんて使用したことない!
こんな人だと最初は抵抗あるかもしれません。でも、もしも私のようなトラブルがたまにでもあったり、夏場のデリケートゾーンの匂いだけは気になってるんだよな~と言う人には是非お勧めです。

私もこのブログを初めて色々な種類がある事を知ってかなり驚きましたが、この石鹸は色々ある中でも手に取りやすい価格で、何かしら少しでも悩みを感じている人には絶対費用対効果を感じてもらえる石鹸だと思います。

ちなみに私の場合はこの石鹸を雑誌で見て惹かれたのはデリケートゾーンの黒ずみケア効果がある!これに惹かれて購入したんです。笑

黒ずみ効果は正直言って別の黒ずみ専用クリームを併用しているのでどちらからの効果なのか定かでないため強く言い切れませんが、正直匂いとトラブルには絶対効果あるって言いきれます。

その成分からして明らかで茶葉エキスや柿タンニンやサトウキビエキスが配合でかすかに匂いがするローズの香がかなり長持ちでお気に入りです。

夏場の痒みやトラブルを感じた事がある人には超お勧めなので他を使用する前に是非このシークレットレディジャムソープを利用してくださいね。

デリケートゾーン専用石鹸はこちらから~


意外に重要VIO自宅ケアで蒸れ対策

手術
若い女性なら当然意識しだすのが夏の水着シーズンに備えてムダ毛処理を開始する時期ですが、その中でも最もやっかいで蒸れの原因と言われるのがVIOのムダ毛ケアです。

このデリケートゾーンの毛量にも陰部のトラブルが関係あると思うのは私だけではないはず・・・

蒸れやすい夏の季節に剛毛で量の多い陰毛だと残念ながら生理やおりものなどの避けては通れない生理現象と重なるとデリケートゾーンは最悪の環境になるのです。

凄く陰毛が薄くで量も少ないんだ~と言う幸運な体質の方にはあまり理解してもらえないかもしれませんが生理やおりものは女子なら誰もが大なり小なり避けられない生理現象なので、陰毛の量が多い人では経血と毛と汗が絡んでかなり劣悪なデリケートゾーンに環境が置かれる事は想像にたやすいはずです。

だから陰毛のVIOが盛んに宣伝されて、最近ではハイジニーナ派で無毛化が流行しているとの驚きの調査結果まであるくらいです。

ちょっと人より毛が多いかも~や毛の長さを整えるだけでも生理の経血との絡みを少なくして陰部が雑菌の宝庫になる事を避ける事が出来るのです。

ハイジニーナまでは言わないまでも、是非デリケートゾーンのお手入れを意識して取り入れてみても良いかと個人的には思っています。

その際にヒートカッターのような毛先を丸く熱で焼いて処理する方法もあるようですが、個人的にはあまりお勧めではなく、自分でフラッシュ脱毛器などで毛量を調整したり、VIO専門店で処理するだけでもかなり衛生面でデリケートゾーンが整う事は間違いないと思います。

個人的にはこの辺りも無毛化まではしてないまでも結構色々大金を投入してきた私からしたら専門店でのお手入れも個人的に自宅でのフラッシュ脱毛も全然お勧めです。

自己投資の一つとして気持ち良く衛生的なデリケートゾーンや年中気持ち良く水着になれる女子である事は想像以上に素敵な女像ですので結構お勧めです。

今までは考えられなかった~と言う人も是非なんらかの方法を取り入れてよりスッキリとした衛生的なデリケートゾーンを保って欲しいと思います。

この処理をすることによって陰部の匂いがかなり解決される事は間違いありません。

陰部(デリケートゾーン)脱毛に関してはこちらに詳しく書いています!
陰部脱毛の効果のある自宅ケアは可能?特徴とメリットとは
VIOハイジニーナ無毛化へ男の本音や好みのデザインって

夏はともかく匂い対策を!

夏の気になるデリケートゾーンの悩みの中には私のようなトラブルは当然ですが深刻な匂いに悩む女性も多いようです。
現在のデリケートゾーン専用クリームや専用石鹸の多さを考えてもそれだけ需要がある事は確実です。

暑い時期の蒸される陰部は汗や皮脂で菌の宝庫となり、それが匂いの原因になると言われていますが体質的に深刻な匂いを発する人も少なくないのです。

誰だって運動したりそうでなくても汗をかいて汗臭い時にデリケートゾーンだけ良い匂いで保てる訳はありませんが
必要以上の汗をかかなくても体質でどうしても酷い匂いが発生してしまう。そんな深刻な人も諦めないでください。

ワキガ体質の人に多くみられると言うすそ腋臭。
このすそ腋臭で深刻な匂いを発生して異性関係に積極的になれないと悩む女性は多いそうです。

単純にワキガやすそ腋臭自体を海外ではフェロモンと言うらしいですが、必ずしも日本では好まれる匂いとは限らないので強烈過ぎる匂いに男女関係に躊躇して深刻に悩んで手術まで考えている~こんな人にはこれがお勧めです。

すそ腋臭

このすそ腋臭はワキガと同じで軽い症状の人も見えれば、日本人でもごく少数と言われますがかなり強烈な匂いの人も中には見えて深刻な悩みを持っているといわれています。

軽症の人は先ほど紹介した陰部専用石鹸などでかなり効果があると言われますが、重症な人は本当のすそ腋臭の人には専用石鹸では匂いは収まらないといわれているそうです。

匂いの原因と言われるアポクリン汗腺の汗腺は誰もが共通して持っている汗腺ですがすそ腋臭の人はそこから強烈な匂いを発する事で知られています。

普段の生活なら耐えられるけど、大好きな彼とのデートの時は絶対に匂いを抑えたい!
そんな人にも強い味方があるので安心してください。

においが気になったら、【クリアネオ】


男女問わず深刻な『すそ腋臭』に悩む人に匂いの元を抑えてくれるクリームです。

意外にも陰部の匂いに真剣に悩んでいる女性はたくさん見えます。
そんな方々に愛用されているクリームが今後強い味方になってくれるでしょう。
    クリアネオ公式ページ

陰部(デリケートゾーン)の黒ずみも自宅ケア

痒みや匂いの悩みは上記のケアで大半解決で出来る事は理解してもらえたと思います。

でも男性のチェックはここで終わらないんですよね~
それが最終的な問題で美意識の高い女性ならみんなが悩んでいると言われる陰部(デリケートゾーン)の黒ずみ問題です。

水着になったり薄着になるのも当然ですが一番は大好きな彼と真剣にいい感じになった時やっぱりいつもは隠れている場所だから尚更男性も必死で見ようと気にする部位でもあると思うんです。

陰部の黒ずみでがっくりされたくないですよね?汗

痒みや匂いのトラブルは解消出来た。でもデリケートゾーンの黒ずみだけは解決できない~それでは最後の締めがまとまりません。だからこの際完璧を目指して?是非デリケートゾーンの黒ずみ対策もちゃんとケアしておきましょう。

デリケートゾーンの黒ずみはお肌の色素沈着が原因です。お顔の日焼け予防や美白と同じで少しでも早い段階から着実なお手入れを初めて早めの黒ずみケア始めて下さいね。

黒ずみケアはこちらにも私が使用してよかったものをご紹介しています!
是非一度ご覧になってくださいね♪
陰部の黒ずみ色素沈着や摩擦は美白ケアや保湿で改善できる!
お尻の黒ずみ色素沈着の原因は何?自宅ケアで改善する対策は

夏本番こそ徹底陰部自宅ケアが絶対お勧め

以上が私がお勧めする夏本番前の陰部(デリケートゾーン)のお手入れ自宅ケアですが、結局調べるうちに分かったのはやっぱり夏の陰部のトラブルは私が思っている以上に他のシーズンに比べて多いと言うこと。

私の夏の産婦人科通いもまんざら特別異常ではなかったことに安心してしまいました。

でも、常日頃から陰部と言う決して目立たない隠れた部位ではあるけれど、いざの時はかなり重要な部位でもあります。この隠れた部位のお手入れを早くから心がける事で年間通してトラブルの少なく、健康的で美しい女でいる事をキープするためにも必要不可欠なお手入れの習慣が身に付いて、結果的には、このデリケートゾーンのお手入れを欠かさずすることによって女性としての美意識も向上して、間違いなく自信もついたりします。

だからちょっと考えすぎ~と思わず、まずは心辺りがあるかも~と言う人には是非デリケートゾーンのお手入れを取り入れてより美しい綺麗を目指して益々イイ女を目指すべく最高の自分を追及して欲しいと思います。