飛ぶ鳥跡を濁さず
ここにサブテキストを入力できます。
陰部の悩み

女性の性病検査が必要な自覚症状と病気の原因やリスクについて

陰部黒ずみ

デリケートゾーンのトラブルで悩む人は男女を問わず
多いと言われる今、陰部周辺の性病検査が必要な時や
症状ってどんな時なのでしょう。

性病とはいっても本当に軽い症状から、かなり深刻な
病気の場合もあるからです。

一番放置が良く無いのに、デリケートな箇所なだけに
直ぐに医者に診てもらいにくいですよね。

そんな誰もが悩む女性の様々な性病やそれぞれの自覚症状
やそれらのリスクや原因んいついても徹底調査してみました。

自分に置き当ててもトラブルの無いリスク回避の為に
女性だけに留まらず男性にも多いに関係あるので御覧に
なって下さいね。




Sponsored Link





Sponsored Link

女性の性病検査は必要?

ここ最近のネットニュースでも何故か若者の間で増加している性病の中に梅毒が挙げられているそうです。
梅毒と聞くとかなり昔の時代の病気だと勝手に思っていました。

だけど遠い過去には直らず放置した事によって酷い病状に悪化した梅毒も現在ではきちんとした検査や治療さえすれば
速やかに治せる病気です。

今日は梅毒含め身近な性病から、ちょっと放置したらヤバい性病まで、疑惑の症状が確認出来たら速攻性病検査が必要な
様々な病気を徹底調査しますね。

性行為だけが原因ではないので是非お目通しして下さいませ。




Sponsored Link

クラジミア感染症

わりと軽めの性病の中でも感染力の強さから耳にした事がある人が多いのがクラジミア感染症です。

クラジミア感染した異性との性行為での感染率の高さでもポピュラーな性病の中では断トツの50%と言われ女性の中でも感染しやすい性病としては代表格に上がる性病と言われているようです。

クラジミアの自覚症状と原因

このクラジミアは感染しやすいわりにその自覚症状の弱さから、感染した当人があまり気が付きにくい症状の性病としても知られています。

潜伏期間が感染してから1週間から3週間と言われ自覚症状で言われる代表的なモノは「おりものの量が増える」や下腹部に生理痛に似た鈍痛が挙げられています。

下腹部に生理痛では繊細な女性の身体では、生理痛や排卵痛も人によって様々と言われる中発覚しにくいのは当然なのかもしれません。

でも、いつもより何だか「おりものが多いな~」や生理や排卵でもないのに下腹部の鈍痛が気になるな~と思い当たる症状が出た時は、やっぱり1週間から3週間前に思い当たる性行為がある時は要注意かもしれません。

クラジミア感染放置のリスク

こんな上記のような症状だからさほど日常生活に支障がない為放置してしまう女性が多いこのクラジミア。

でも放置する事によってこのクラジミアを体内に持った状態だと他の性病も広い易いと言われている事も大きなリスクの一つです。

あともう一つが酷い症状の人は子宮や卵管への感染となってしまうと将来的に妊娠を望む女性にはとって大切な胎児にまで感染する可能性が否定できない事です。

酷いケースだと胎児の感染によって流産と言う残酷な結果にも繋がると言われ、そう考えると自覚症状が緩やかだと行っても放置する事によってはやはり結構なハイリスクと考えるのが妥当だと思います。

少し下腹部の鈍痛が続くな~とかおりものが周期関係なくいつもより多いな~と感じた時はクラジミア感染の可能性が大ありかもしれません。

淋病感染

淋病も粘膜を通して感染すると言われ感染力の強さはクラジミア程ではありませんが、感染者との性行為での感染率は3割から4割とかなりの高めとして知られる性病です。

それと同時にこの淋病感染者に見られる一つの特徴として、同時にクラジミア感染者が多い事でも知られているようです。

淋病の自覚症状と原因

この自覚症状も80%の女性が無いと言われる程分かりにくい症状で、あえての自覚症状はおりものからの強い悪臭で、男性の場合しばし、おしっこの際に激しい痛みと尿道から膿が出る場合があるようです。

感染時間は数時間から数日間の間に発生して、症状は少ないものの、特徴の一つには男女ともに喉や目、直腸にも感染すると言われている。

原因は粘膜からの感染なので感染者との性行為だと考えられる。

淋病感染のリスク

感染後の自覚症状がかなり分かりにくい淋病ではあるが、放置する事によるリスクは高く、体内の感染拡大によって不妊の原因や子宮外妊娠の可能性も高くなるとされ、妊娠している女性の場合胎児への感染から胎児の両目が侵されるとされ早期の治療が望ましいとされる。また男性の場合もハイリスクで無精子症になるケースもある。

性器ヘルペス感染症

本来ヘルペスと言うと口唇ヘルペスも誰しもなった事にある身近な病名ですが、性器ヘルペスは、口唇ヘルペスかた受けたオーラルセックス(クンニリングス、フェラチオ、膣内性交、アナルセックス、膣外射精)が原因だと言われています。

性器ヘルペスの自覚症状と原因
性行為の若年化が進んで問題化される中、アダルトビデオなどから見た多様な性行為のパターン化の増加によってクンニリングス、フェラチオ、膣内性交、アナルセックス、膣外射精など等が若者の間で増えている事が原因の多くでは~と言われる。

感染してからの自覚症状は免疫の無い最初が極めて強く症状ちして強く出ると言われている。性器の水ぶくれ、腫れ、痛み、痒みなど最初は身体全体の倦怠感と酷い症状の人はリンパ節の腫れを生じる人もいるそうです。

大半が性行為からの感染と考えられ性行為から症状が発生して1週間から2週間で症状が徐々に収まっていくと言われる。

性器ヘルペス感染のリスク

この性器ヘルぺスの最大の感染リスクは一度感染したら、完治出来ない事と言われている。だが先にも述べたように一番最初の発生から再発を繰り返すうちに感染症状が弱まってくる事が大きな特徴だと言われている。

だが、この症状が軽い事がかえってハイリスクを招く結果にもなりかねず、性器を触った手で目を掻いた事によって角膜炎を起こしたり、パートナ―に移してしまったり、症状の重さに関わらず、再発時でも積極的に抗ウイルス薬の内服をすることが再発や無症候性という特徴のヘルペスをコントロールできると言われている。

膣カンジタ感染症

この膣カンジタは他の記事でもご紹介しましたが、既に自分の中に持っている菌なので女性なら誰でもなる可能性があると言われるポピュラーな性病の一つです。

その感染発生率は5人に1人の女性が膣カンジタを経験しているとの調査結果もある程です。

膣カンジタの自覚症状と原因

と、言う事でこちらの膣カンジタに関しては異性との性行為が原因でかかる病気ではなく、自らの免疫力の低下や抗生物質を取りいれた結果カンジタ菌が発症する事などが多い原因とされています。

自覚症状はまず第一に膣内の強烈な痒み、排尿時のチクチクした痛みと性交痛、おりものがカッテージチーズや酒粕風の大量である、外陰部の痛みや腫れ等、とにかく敏感な箇所であるのでムレなどから痒みなどが併発しやすい陰部ではあるがカンジタ菌による痒みは尋常ではない痒みなので、ほとんどの女性はこの痒みでだいたい気が付くはずだと思います。

膣カンジタ感染リスク

基本的にカンジダ自体は常にいて不思議のない常在菌の一つと言われており、発症しても極軽い症状で自然治癒する事もあるのでさほど神経質になる必要はないと言われるが、深刻なのは結構な強い痒みや炎症を起こしているのに放置しておくと、最悪の場合には自己免疫力が最低の時などは内臓疾患の可能性もゼロではないので、上記のようなハッキリとした明確な症状がある場合はやはりしっかりリスクテイクの一環で病院にかかる事がお勧めだと思います。

膣トリコモナス感染症

こちらはカンジタ菌や性器ヘルペス程知られた性病ではありませんが、この性病の感染理由が他の性病との可能性が違う事があえての特徴だと思います。でも変わらないのはその感染者となっても2割から5割の女性がその自覚症状の薄さに気が付かないという特徴はあるようです。

膣トリコモナスの自覚症状と原因

それでは、しっかり自覚症状を感じた女性からのその症状とは一体どんな症状が確認されているのでしょう。まずがやっぱり性病というだけあっておりものの色の変化が挙げられています。感染から半年以内に泡状で悪臭を持つ茶色から黄緑色のおりものである事、外陰部や膣の猛烈な痒み、刺激感や膣の炎症、男性の場合はその症状が出にくく女性からの感染の場合ハッキリわかる症状としては軽い尿道痛などや、ペニスの先から膿が出る場合もあるようですが、自然と日常生活の尿道から菌が流し出される場合も多いと言われている。

原因は性行為以外に少数派であるが、下着やバスタオル、トイレの便座や医療機関の検診台等、セックスが多くの感染経緯である他の性病と違う事から、セックス経験のない少女や幼児にも感染者がみられる事が特徴だと言われる。

膣トリコモナス感染のリスク

先ほど述べた比較的分かりやすい症状が出た女性は治療にとりかかるので問題ないが、その他の感染に気が付かない女性だと炎症が卵管にまで肥大して、最悪の場合は不妊や流産、早産などのリスクも生じるとされるので、少しでも変化を感じたらやっぱり、どんな性病なのか確認する必要がリスク回避の確実な1歩だと思われます。

尖圭コンジローマ感染症

この度初めてしったこの尖圭(せんけい)コンジローマ感染症もまた若者の間で発症率がなかなか下がらない性病として知られているそうで、この尖圭コンジローマの特徴は性器や肛門周辺にイボが出来るという特徴があるそうです。

そのHPV(ヒトパピローマウイルス)には100種類以上の型があると言われ、大きくは性器や粘膜に感染する形のHPV6型と11型によって引き起こされるとされ、もう一つは、皮膚感染する方の二つに分けられて考えられている。

尖圭コンジローマの自覚症状と原因

尖圭コンジローラの自覚症状は先に述べた異物としてのイボが出来る症状がまず一つ、ただこのイボが直ぐに出る訳では無いために感染してから発症までの潜伏期間が体内で3週間から8カ月とされ平均3カ月と長い潜伏期間を持つだけに、いつ感染したのか分からない人がほとんどだと言われている。

感染経緯の原因は他の性病と通じるモノがありあらゆる性行為(セックス、アナルセックス、フェラチオ、クンニリングス)とその類似行為で感染すると言われている。ただ粘膜以外にも皮膚などの小さな傷からも感染、発症するのが新たな特徴かもしれない。

尖圭コンジローマ感染リスク

尖圭コンジローマの感染には良性と悪性がある、良性は字のごとく低リスクで型で言うと6型と11型と言われるが悪性の16型18型31型の場合ハイリスクの子宮頸がんや陰茎がんの原因となるとされる。

またオーラルセックスなどによる咽頭(喉)感染で咽頭ガンのリスクも充分にあるので、異常や思い当たる経緯がある(不特定多数の性行為)などがある人は速やかに検査する事をリスク回避の為にも勧めます。
イボは接触によって出血しやすく、ただれや壊死を起こしたり悪臭を放つとも言われ、イボの増殖には注意が必要。

またこの尖圭コンジローマは母子感染の可能性もあり、新生児など赤ちゃんの喉に感染させた場合などは「再発性呼吸器乳頭腫症」などを引き起し呼吸困難になって命に係わる危険もある事を妊婦の女性には知っておいて欲しいとてつもないハイリスクでもある性病の一つだと考えられている。

女性の場合症状が出やすいと言われる箇所

大小陰唇や膣前庭等の性器の外側と、また内側の腟や子宮頸部、肛門周辺や肛門内に尿道にも大きさ1ミリから3ミリ程度の尖ってザラザラした形状と言われ放置しておくと、イボの繁殖で鶏のトサカやカリフラワーのような形状になってしまい、そこまで放置すると痛みや痒みはほとんどなくなっている人がほとんどだと言われている。

男性の場合症状が出やすいと言われる箇所

亀頭、冠状溝、包皮の内側・外側、陰のう、会陰(陰のうと肛門の間)にできます。肛門周辺、肛門内、尿道口と言われ小さなイボでブツブツが出来る。

何かおかしいな~と思ったら性病検査

如何でしたか?身近にあ~こんな経験ならあったな~とか、これ以前に経験したけど恥ずかしくて我慢しちゃったな~など何か一つくらいはこのどれかの症状の経験がある人がほとんどだと思います。

そんな時はあらためて冷静になって最悪のうやむやにだけはしない事をお勧めしたいです。

大切な未来の為や悪化して妊娠や出産時のハイリスクを避けるためにも、そして何より自分の健康的な生活の為にも自己判断で放置するのだけは辞めた方がいい~というのが私の持論です。

いつもと違う。これって性病かな?と思ったら迷わず一度検査してみましょう。

病院に行って赤くなった痒みのある陰部見せるの恥ずかしい

これスッゴイ分かります・・・汗

でもそんなあなたの為に今は自宅でこっそり確実な検査する方法があるんです。私もお世話になった都道府県知事の許可も持っている衛生研究所ですのでとっても安心でアフターケアもバッチリ!
さくら検査研究所です!
検査キットはこちら

一番のハイリスクは自分で気が付いて無い事

性病って聞くと遊んでいるでしょう?や遊んでるって思われる・・・などなど良いイメージってやっぱり少ないですよね?当然だと思います。私も以前酷いカンジタ菌になって我慢しきれずに産婦人科に行ったことがありますが、やっぱり選婦人科って独身の女性からしたら妊婦さんの領域ってイメージが強いですもん。

お腹の大きい女性の間に股間が痒くて仕方ないですってのが兎に角情けない(汗)
でもね一番大切なのは自分の健康と将来の明るい未来の為のリスクテイク。起きてしまった事(性病発症)は仕方が無い!今後の注意は必要にしても、一番のリスクはやっぱり何となくおかしいのに、恥ずかしくて面倒だから、フェミニーナ塗って我慢した~でその後放置しちゃうこと。

この微妙が我慢によって最悪のケースになる可能性があるなら、やっぱり良くないと思うんです。

いつもと様子がおかしいな~やおりものの色が何か変?って時はやっぱり放置せず検査だけしとくのが一番安心。
それで何ともなければ、今後セーフセックスを心がけたらいいんだし、やっぱり悪い結果だったとしても、現代人なんだもん今は早期発見なら、だいたいの治療は完璧に完治するんだから~

まずは性病かどうかを確認する事!

早期発見出来たら性病は全然怖くない(^^♪