飛ぶ鳥跡を濁さず
ここにサブテキストを入力できます。
VIO

Iライン脱毛の範囲どこまで?重要なのは粘膜内OKなクリニック

除毛石鹸

今やVIOと言ったら大半の女性が理解出来るレベルでしょう~と言う位世間に認知されているデリケートゾーンの脱毛用語。

この中でもIラインの脱毛範囲について、悩める女性に向けて一体どこまでが脱毛可能な範囲にあたるのか?

私自身もあらゆる脱毛クリニックハンターとして何度か施術スタッフに言われて撃沈&断念したのが『粘膜ライン』です。

この最も曖昧且つ、VIOを施術したことがある女性にとっては結構仕上がりを左右するはずのIライン実は一番重要なのは粘膜部分だったりするんです。汗

と、言う事で今回は自分も含めて様々な脱毛部位を経験した私が最後の砦としているVIOの中でもIラインの粘膜内の脱毛可能なクリニックとその許容範囲についても徹底調査してみました。

是非ツルツルなパイパンを手に入れるには一番重要な粘膜を克服出来てこそ~って事でイってみましょう~

Iライン脱毛の範囲はどこまで?

このIラインの範囲ってしっかり把握できている人って少ないんじゃないかな~と思うんですがどうですか?
VIOライン
とってもベーシックで平均的なVIOラインの脱毛部分らしいです。

単純に大陰唇周りの小陰唇の周辺がIラインと言われていますが、私も経験したIライン脱毛で施術スタッフに言われた『粘膜』部分は出来ません。って断るクリニックってやっぱり多いみたいですね。

当然クリニックによって対応は違うみたいですが結構この粘膜部位に関しては断るクリニックやサロンが多いとの事。

ちなみに私も結構通い詰めて感じの良いスタッフだったので恥ずかしさを脱ぎ捨てて何度も頼みましたが、毎回粘膜だから~と却下され、結局上の画像のように大陰唇周りの脱毛しか施術してもらえませんでした。

Iライン脱毛範囲の狭さで仕上がりがイケて無い理由

脱毛ハンターとして数々の脱毛クリニックで施術を受けてきた私は正直お金と時間をたっぷり使った割りに、今の仕上がりはとても満足のいく仕上がりとは言えません。

全然VIOの中でもIラインは完全に不完全燃焼です。

第一に仕上がりがイケてない。汗

女性器
絵に書くならばこの⇒の赤い部分です。クリトリスの周囲なので個人的には、ここ粘膜じゃないって~って気分でした。

大陰唇の毛やVラインは極限まで脱毛出来たものの、肝心のもっと中の部分である、個人的には全然粘膜じゃないって!と思う部分の毛がしっかり残る事によって、自分でいうのも何ですが妙なデリケートゾーンラインで性器を中心に毛が盛り上がっている感じの仕上がりでとっても不自然極まりない陰毛で正直納得がいきません。

と言うか、すごく不細工なデリケートゾーンで、毛の生えている範囲は狭まったけど、肝心の性器周辺がしっかり残っている事によって小陰唇周りの毛がとっても陰部をふっくらさせる状態で真ん中よりに毛がしっかり残ってしまっている状態です。汗

どうも現在のサロンやクリニックでもこの赤い部分を『粘膜』の解釈で脱毛を拒絶するサロンが多いとの事。

VIOの脱毛も既にあちこち通いまくって既にやりつくした感のある私ですが、どうもこのIラインだけは納得がいっておりません。

この際思い切って流行りのハイジニーナ(無毛)脱毛にでもトライしようかな~と思いつつ、それにしたってこの過去のつまづいた『粘膜』問題だけはしっかりクリアできるのかが不安です。

今回はVIO脱毛の中でも当り前なIラインではなく先程の画像の赤い部分の通常『粘膜』部位として却下される事が多いとされるIラインでも中よりIライン前提として、毛を本気でなくしたい。という人に向けて記事を書いてみます。

目指せ完全ハイジニーナでツルツルデリケートラインを完了させましょう。

Iライン脱毛の重要なのは粘膜内OKなクリニック

一応この私も却下された『粘膜』部分の脱毛に関しては最も敏感な部分にあたる為、大半の脱毛サロンでは医療行為とみなされて禁じられている部位だと言われているそうです。

でも先程も言いましたが『粘膜』の解釈の違いですよね~粘膜って個人的には大陰唇でも小陰唇でもない尿道や膣の部分だとばかり思っていました。

だから尿道などの膣に毛が生える訳ないのに何で?って思っていたのです。

多くの脱毛サロンの解釈で言う粘膜は小陰唇のヒダの部分を『粘膜』と解釈するサロンが多いらしいのです。

これを改めて調べて知った今なるほどね~と納得できますが、小陰唇に毛が生えている人っているのかな?とも思ったりして。

結構毛深い私でも小陰唇の周りの毛が気になっているのであって小陰唇に毛は生えいません。

ただ大陰唇がIラインで小陰唇周辺全てが『粘膜』扱いなら話は別ですが・・・

とにかくこの小陰唇周辺はデリケートゾーンの中でも脱毛をするには最も敏感な部位として脱毛施術を避けるサロンが多いのは確かなようです。

ですので、それがハッキリした以上、小陰唇周辺の毛が気にならない人は通常とおりの脱毛サロンでVIOの施術を受ければ問題ないと思います。

そうでは無くて小陰唇周辺の毛こそしっかり脱毛してスッキリさせたい!
こう思う人は医療脱毛クリニックかディオーネで脱毛するのが良いみたいです。

そして臆する事なく施術スタッフに言い切りましょう。

『粘膜の内側(小陰唇周辺)の毛も全部照射してくださいね♪』

可愛くしっかりハッキリ言えば大丈夫です。

正直個人的にはいくら大陰唇のIラインを脱毛しても、その奥にある小陰唇周囲の陰毛を脱毛しない事にはスッキリなりようが無いのです。

VIO完全制覇には避ける事の出来ない小陰唇周辺の粘膜の内側こそ徹底的に脱毛するべき箇所だと思っています。

中途半端に他を脱毛してしまった私が言うのだから間違いありません。

今からVIOを脱毛する人は、この所の確認をしっかり行ってから慎重にサロンやクリニックを選ぶべきでしょう。

という事でIラインがしっかり消化出来ていない自分の為にも小陰唇周辺粘膜OKのクリニックを探してみました。

Iライン粘膜OKクリニックを探してみた!

かなり粘膜ラインはクリニックやサロンによって曖昧ぽいのでしっかり最初の時点で確認することは基本中の基本ですが、今回はそんな質問をしても大丈夫なクリニックを探すところから始めてみました。

だってIラインとは言っても既に大陰唇の毛は完璧では無いものの、施術済みの私ですから、もっと奥の小陰唇周辺のサロンでは禁句ラインの脱毛可能じゃなきゃ何件通ってみ意味無しです。

数ある脱毛サロンやクリニックの中で『ディオーネ』の「ハイパースキン脱毛」が安全でトラブル知らずのお肌に優しい脱毛方法と評判のようです。

その為他の並み居る他院が拒否する粘膜(小陰唇周辺部位)も照射OKなんだそうです。

これ凄いですよね~結構先程から書いていますが『粘膜』のボーダーラインが低すぎるサロンが多い為私のような脱毛難民状態の女性が出てしまっていると思うのです。

という事でディオーネの何故他院が出来ない範囲とする『粘膜』の施術が出来るのか?

この違いとシステムを調べてみました。

現在メインで行われている多くの脱毛サロンは70℃前後の高温の照射で黒い毛根(メラニン)に脱毛する光脱毛がメインで行われています。

毛根の元に照射する方法ですね。

対するディオーネの「ハイパースキン脱毛」は対照的な温度の高さも38℃の低温での照射で「今生えている毛ではなくこれから生えてくる毛の種に照射」する方法なのです。

「毛の種」と言われても毛根なら聞いた事がありますが「毛の種」って何なのでしょう?

ディオーネでいう「毛の種」は=発毛因子の事で毛には毛根周期があって「休止期」という次に毛が皮膚上に出るまでの休んでいる状態の毛がある事を「毛の種=発毛因子」と考えられています。

この毛の種にアプローチする方法を施術法に取り入れているのが「ハイパースキン脱毛」なんだそうです。

その為今現在ポピュラーに行われている光脱毛方法よりも低温な事から子供でも安心に施術出来て、あらゆる身体の中でもデリケートな部位にあたるVIOの中でも今回のテーマとしたIラインの中でも最もきわどい部位の小陰唇周辺の毛も脱毛施術を行っているそうです。

これ本当にしっかり脱毛効果はあるのでしょうか?

正直施術を積極的に取り入れてくれる事はありがたいのですが、脱毛効果が無い事には施術してもらっても意味がありませんので・・・汗

ここもかなり重要です。

という事で心配性の私が口コミで調べてみました。

ディオーネIライン小陰唇周辺はしっかり脱毛出来てる?

最初に暴露しましたが今回のテーマは脱毛ハンターとして様々なクリニックやエステであらゆるボディ箇所を脱毛してきた私の最後の砦がIラインだといいましたよね。

ここまでしっかり調べてやっと巡り合えた「ディオーネ」の究極Iライン小陰唇の粘膜中ラインをクリアに出来るはずのディオーネで全国120店舗との事で私自身の地域も思わずガチで調べてしまったくらいです。

だけど、ちょっと待った状態です。汗

とても残念なのですが口コミが酷いんです。

やっぱり情報社会である以上口コミって超重要ですよね?

痛くないとかしっかりIラインの他院が否定する粘膜ライン(小陰唇周辺)ラインも脱毛施術をしてくれるみたいなのですが超肝心の効果が無いとの口コミがあまりにも多すぎます。汗

かなり残念無念な情報ですが、ディオーネの公式ページまで気になって調べた私からしたら「ハイパースキン脱毛」の12回コース120000円をVIOで体験した女性の口コミが何人も確認しましたが、ほとんど効果が無いとの口コミ評価ばかりなのです。汗

脱毛も当然人それぞれ施術する人にもよるし施術を受ける人にもよるのは当然ですが、それにしても効果が無い!って口コミが多すぎます。

しかも私の場合は真剣にVIOも既に支流となっている大陰唇ラインはとっくに脱毛済みなので半分コースの6回72000円を視野に入れて予約を取ろうと考えていたので12回もの施術を受けて多少毛が薄くなったくらいで効果を感じられないのコメントが多い事を知った以上これは想定外ですが却下せざるを得ません。

ダメですね。

12回ものVIO施術を受けて大半(5人)程の効果などの口コミコメントで効果無しを見た以上お勧めできません。

危うく7万でも12万なら尚更ムダ金を使う所でした・・・・・

じゃやっぱり医療脱毛で探すしかないのでしょうか?

医療脱毛Iライン脱毛完全克服クリニックはあるの?

もう本当ガックリですがここでは引き下がれません。

しっかり効果があってIラインの小陰唇周辺の粘膜ラインまで施術してくれるクリニックを調べてみました。

やっぱりイザの時の為にも医療脱毛クリニックが安心のようです。

アリシアクリニック
この都内中心に展開している「アリシアクリニック」のIラインが二つのコース「ビューティー」と「スムース」のコースを揃えていて、今回のテーマ粘膜ギリの小陰唇周辺ラインが可能なのは「スムース」コースで小陰唇にまで照射が可能になっているようです。

ここは看護婦も在中していてクリニック自体も女性専用クリニックになっているので、そこも安心ポイントですし、一般的には医療脱毛の方が期間も短く脱毛効果も高い事から料金もサロンより高めが多いのに料金も想定外にお高くありません。

5回で41250円他にもお得なプランもあるみたいなので一度無料カウンセリングを受けてみたい
方はこちらからどうぞ♪


リゼクリニックもIラインが良いみたい

そしてもう一軒リゼクリニックもアリシアより更にお得なIラインプランが5回で39800円です。

こちらのリゼのおススメの特徴はとってもデリケートでセルフでの剃毛が微妙に難しい施術日前日の剃毛も入り組んだ場所なだけに傷付けてしまう可能性から無料でのシェービングもサービスで付いているみたいです。

正直自分で何とかしたい場所ではありますが、場所が場所なだけに脱毛の施術でも結構ハズイ場所ですので抵抗ない人や本当に自分で剃毛することに危険を感じる人は、こちらのシェービングサービスでプロの剃毛をお願いするのも悪くないかもしれません。

それに万が一の剃り残しにもリゼのサービスなら余分な請求を気にしないで良い所も安心かもしれません。

他クリニックなら剃りの濃しを剃ってくれても後から剃毛した分を請求される可能性もありますので・・・
それだど結構辛いですよね。汗

そして5回で脱毛が完了しなかった場合の追加料金もかなり良心的な1回6368円となっています。

わずらわしいIラインの小陰唇粘膜ラインの脱毛ならリゼもお得かもしれません。

是非リゼクリニックが気になった方は無料カウンセリングでしっかりIラインの許容範囲も再度の確認を忘れないで下さいね。

まとめ

非常にデリケートな脱毛部位の中でも更にハードルの高い粘膜部分にあたる小陰唇周辺のIラインはやっぱり個人的には医療脱毛クリニックが安心かな~と思いました。

とは言え正直言ってIライン粘膜部分もOKとご紹介したクリニックも無料カウンセリングの際はサイドの確認をすることは絶対必要かな~と思います。笑

だって正直意味ないですからね。ここまで来たら恥ずかしいとかはかなぐり捨てて、ハッキリとクリニックに確認しましょう。大陰唇の脱毛だけではIラインはスッキリすることはあり得ません。

そう考えるとツルツルのIラインを制覇するために必須の脱毛部位が小陰唇周辺の粘膜ラインの脱毛を制覇してこその脱毛クリニックです。

是非ここでご紹介したクリニックを念頭に今一度しっかりとクリニックで可能な脱毛部位なのかしっかり確認をとって次こそはつるつるIラインを完了させれる事を願っています。