飛ぶ鳥跡を濁さず
ここにサブテキストを入力できます。
ダイエット

下半身太りは遺伝子の問題?効果的なストレッチ運動で解消目指せ

ヘルペス

いよいよ夏シーズンの到来で焦ってダイエットに
励む女性の大敵と言われるのが日本人に多い
下半身太り。

欧米人に比べて確実に下半身デブが多いと言われる
アジアでも特に日本人の場合遺伝子の問題なのか
様々な原因が言われる中解消すべく効果的な方法
を考えてみようと思います。

バランスの取れた痩せ方をしてもそもそも元々が
下半身デブだと痩せても下半身太りは解消できません。

食べ物よりも個人的には効果的なストレッチを日常
生活に取り入れる事で解消を目指すのが手堅い方法と
思いつつ世の中の女性の為にも自分の綺麗の為にも
長らく目を背けてきた下半身太りの解消を目指しましょう。




Sponsored Link

下半身太りは遺伝子の問題かも?

個人的に~ですが例外なく下半身デブの私は常々
思う事は全ての日本人に当てはまるとは思わない
ですが、相当数の下半身デブ(太り)に悩んでいる
女性は大方遺伝子の問題が大きいと思っています。
下半身デブ

だって明らかに欧米人のように胸が大きく手足が
細く長い女性より、逆バージョンの胸が小さく腰から
ヒップ~足にかけてがヤケにガッチリ体系の女性の方が
日本人には多いと思うからに他なりません。

いかがですが?

少しずつ食の欧米化が進み今では若いタレントや人気
モデルなど一部の女性や男性モデルの中には8頭身や
9頭身モデルが~と言うことは目耳にするのは確かです。

身近な存在にも1人くらいはその対象に当たる人物も
もしかしているのかもしれません。

でも大半はどうですか?

逆の方が多いですよね~

テレビや雑誌の世界とは違いリアルで見る生身の人間では
圧倒的に逆の下半身太りタイプの女性が多いはず。
(今回はターゲットが女性限定で進めます)

と言うことで原因には色々な要因があって下半身デブ化
が進んでいる人が多いと思いつつ、一応遺伝子レベルを
原因にしときましょう。

仕上がって(育って)しまったものは仕方ない!
長年の悩みである下半身デブの解消を考えなくっちゃ~




Sponsored Link

下半身太りに効果的なストレッチ運動を日課に!

現実的に考えて食生活もあるでしょうがここでは下半身を
引き締めるストレッチなどの運動を奨励したいと思います。

もう大人になってしまった私達が口から入るもので下半身太り
がダイレクトに解消するとは考えにくい・・・
(全く関係ない事は無いですよ)

でも余程極端な油ものや肉類オンリーの生活でもない限り
下半身太りにダイレクトに直結した原因にはならないと思うのです。

ですのでここでは下半身に効果的なストレッチをご紹介します!

今スグ出来る今日から出来る確実ストレッチ!

まずはムクミ解消に効果的と言われるストレッチ!
下半身痩せ
1:仰向けになって寝そべり腰から脚を高く持ち上げる。

2:両足を交互に頭の上で交差する動作をゆっくりと20回
から30回程行う。
(ポイントは膝の後ろを伸ばしている感覚で)

自転車ストレッチ

1:上記の状態のままの姿勢で両足を腰から挙げて手で腰を支える。
この状態で自転車のペダル漕ぎを意識して行う。
(エア自転車漕ぎ)
このエア自転車も20回から30回各両足で行います。

後は個人的にはお尻の位置やお尻と太ももとの間の
セルライト対策でレッグマジックサークルも下半身デブ
解消には絶対効果があると思います。

そしてヒップアップ運動も下半身をピンポイントにした
運動なので絶対お尻から太ももにかけての脂肪に効果
があると思うので是非こちらもチェックしてみて下さい。

要するに下半身に対しての引き締め運動が強いては下半身
太り解消の近道じゃないかな~と言うのが私の考え方です。

これらの運動を習慣化させる事で確実に下半身太りを解消
し、食べずに全体痩せるのとは違う下半身にポイントを置いた
運動こそが下半身太り解消の第一歩ではないかと思うのです。

レッグマジックサークルでヒップアップに絶対効果の出る使い方!
ヒップアップ効果的な筋肉トレーニングで確実な美尻対策を!

下半身太りの解消目指す

そして多角的に見て下半身太りの解消を妨げる行為
としてこれらの要素も充分に注意することをお勧めします。

日常生活において自然と身についているかもしれない習慣
こそをもう一度見直す必要があるかもしれないからです。

1:座る時足は組まない。
 前から言われている事ですが足を組んで座る事によって骨盤の
 歪みが原因となり下半身に脂肪が付きやすくなってしまうと
 言われています。

2:床に座らない。
 一番良くないと言われているのが日本人特有の正座だと言われます。
 床に正座することで骨盤が広がり下半身デブになりやすい習慣だと
 言われているのです。

3:身体(下半身)を冷やさない。
 下半身デブやお尻や太ももに出来るセルライトの原因の理由に冷えとの
 関係は古くから言われているのです。
 結構不良によって脂肪が溜まりやすい症状が置きエネルギー消費が
 効率的に出来なくなることが良くないと言われる理由です。
 夏場でもシャワーで済ませず入浴で下半身や半身浴でじっくりと身体を
 温める習慣が大切です。

まとめ

いかがですか?遺伝子レベルでどうしようもないと思う前に日常生活の見直しや少しの努力で下半身太りが解消出来るかもしれませんよ。ダイエットしても下半身デブは解消できない事から日々の積み重ねで時間はかかりますが是非諦めずにスッキリスリムで引き締まった下半身を手に入れましょうね。




Sponsored Link