飛ぶ鳥跡を濁さず
ここにサブテキストを入力できます。
美肌

ヒアルロン酸お勧め種類はこれだ!リスクの範囲と効果を徹底調査

ヒアルロン酸

年齢と共に若い頃には全く想定外だったほうれい線や
目の下のくぼみが影が年齢肌となりもはや化粧品では
ケア出来ない。

そんな時思うのがプチ整形のアンチエイジングで
最後の手段と思いヒアルロン酸注入を考える女性も
現代では多いのではないでしょうか?

私もそんな悩みを持つ切実なアラフォーの一人です。

最後の手段として最近ヒアルロン酸注入を真剣に視野
に入れて調べているので今回はヒアルロン酸の効果や
その種類などあらゆる観点から打つ目的ありきで真剣に
調べてみようと思います。

だって現代は綺麗も選べる時代です。

だからこそやるからにはしっかりした知識を持って
自分で選ぶべきだと思うのです。

最小限にリスクを抑えるためにもヒアルロン酸を打つ
前提で今回は調べてみました。




Sponsored Link

ヒアルロン酸とは~皮膚充填剤フェラー

人の体内にも動物の体内にも持ち合わせ
年齢と共に減少することでお肌の張りや
潤い不足を招きたるみ皮膚の凹みとなって
年齢肌の要となる成分です。

食べ物や化粧品でもヒアルロン酸は補充する
事が出来ますが、即効性を求める人はヒアルロン酸
注入と言う皮膚の皮下組織に直接注入することで
お肌の凹みやシワの解消が出来ると言われる成分です。

このように皮膚の足りなくなった潤いや水分量を
充填する皮膚充填剤としてヒアルロン酸を代表とする
物質が現代の美容医療ではポピュラーに使用されています。

ヒアルロン酸の他に聞きなれた種類にはコラーゲンなども
この皮膚充填剤のフェラーとして美容目的で使用される
事が多いようです。

ヒアルロン酸を効果的に利用するなら?

私のように目の下の凹みほうれい線に顔や首の
シワにも効果的と考えられます。

そのほかはプチ整形の部類で鼻筋を通したりアゴや
エラ部分の輪郭を整える効果も
切る整形より身近で
取入れやすさから施術を行う人は多いみたいです。

凹み
目の下のクマ、上まぶたの凹み。頬のコケ。
シワ
ほうれい線、マリオネットライン、額の横シワ
眉間の縦シワ、目じりのシワ、

鼻スジ輪郭
鼻筋、アゴ、エラの輪郭修正

これらの悩み肌に効果があるがこの時ヒアルロン酸と
合わせてボトックスやサーマクールなどセットにする
事で更なる相乗効果があがるそうです・・・

ヒアルロン酸金額ピンキリ~

そして個人的には一番これが気になるヒアルロン酸の
種類です。

だっていざ目の下の凹みにやろうと美容整形を調べても
その料金の開きにビックリ。

幾ら何でも5万以下から5万前後。
そして高額なところは10万から~とあまりに
開きが凄いの・・・

ちょっと基準何?っみたいな・・・

1本1㏄で4~6万円がだいたいの相場と
言われる中某有名〇須クリニックだと1CC
10万でした・・・

ヒアルロン酸部位別料金相場

目の下の凹みやゴルゴ線に~
30代~1~1.5本で4万~8万
40代~1.5~2本で6万~12万
50代~2本~10万~12万

ちなみに個人差がありますのであくまで参考金額です。

ほうれい線
30代~1本~2本~5万~12万
40代~2本程度~10万~12万
50代~2本から4本10万~24万

他鼻やエラにアゴなどの輪郭などはまた料金が変わります。

やはりシワや凹みの方がどちらかと言うと
高額になるのでは~と予想出来ますね。

てことで施術のテクニックも当然ありきだけど
ヒアルロン酸の種類もかなりピンキリらしいので
調べてみました。




Sponsored Link

ヒアルロン酸の種類を考える!

料金に幅があるという事は、ヒアルロン酸にも
種類があるという事。

と思いつつかなり真剣に調べたらやはりあるあるで
安価なものから高級なものまで・・・

ヒアルロン酸と言ってもこの20年間美容医療でも
比較的ポピュラーに利用された成分ですが2014年には
厚生労働省の承認を受けた治療の安全性や効果の確立を
保障されたヒアルロン酸もあるのです。

と言う事で安全商品の厚生労働省お墨付きのヒアルロン酸
からご紹介。

「ジュビダームビスタウルトラ」「ジュビダームビスタウルトラプラス」
城本クリニック
出典:城本クリニック
(アラガンジャパン社)
「レスチレン」「レスチレンビタール」「レスチレンパーレーン」シリーズ
ヒアルロン酸

他にも「ベロテロ」MERZ社
「テオシアール」「リデンシティ―」や「RHA」
TEOXANE社のテオシアールシリーズなどが安心して
使用できると言われるヒアルロン酸です。

ヒアルロン酸避けるべきハイリスク種類別とは

美容整形が盛んで日本に比べて安価との事から韓国や
中国製のヒアルロン酸
も今では色々あるみたいです。

でもやっぱり安いのは安いなりの理由があるので
安全とリスク回避のためには避けるべきかな~と
思います。

今回調べて分かりましたが今では韓国製や中国製の
ヒアルロン酸が香港経由のネット販売もされていて
ヒアルロンユーザーになると定期的なヒアルロン酸の
お手入れが欠かせなくなる為節約を兼ねて使用した女性
の中には固いシコリになってしまった。

通常ならヒアルロン酸を分解する注射を打てば
解消するはずのシコリが結局は「異物肉芽瘍症」
診断されて泣き寝入り状態になった人も。

そしてもう一つヒアルロン酸使用で安価な場合の
注意点は胸などの豊胸用のヒアルロン酸を使用している
クリニックもあるという事。

あまりに安価な場合などは要注意ですし必ず
ヒアルロン酸注入を受ける時はどんな種類を
施術するのかを確認する。

あまりに安いヒアルロン酸でしっかりどこメーカーと
ブランド名の明記が無い場合も種類をしかり確認
するべきです。

あってはならない事ですがクリニックによっては
あまりに安価の場合バスト用のヒアルロン酸を使用
したりする場合もあるみたいです。

当然胸用と顔用では細かさが違い大き目なことから
顔にシコリになりやすいなどのリスクがより大きく
なると考えられますので是非どこのメーカーのヒアルロン
酸なのかは必ずカウンセリングで聞く事が重要なのです。

ヒアルロン酸種類だけが問題じゃない最後は技術

そして最後にどうしても人がやる事なので
ヒアルロン酸の確かな製品が良くても最後は
熟練の技を持って施術に当たる医師のテクニック
にも大いに関係あるとのこと。

当然と言えば当然でしょうが、効果で確かな品質の
ヒアルロン酸でもシワや皮膚の凹み、鼻スジを通す
にしても適度な量やその人にベストの施術があります。

こればかりは医師のテクニックと信頼がモノを言うもの。

最低限しっかりカウンセリングをしてくれて
どんな質問にも誠実に答えてくれる。

そして万が一の時の対応にもしっかり答えられる
準備がある事。

この辺りの最終確認と口コミや施術を受けるクリニック
の専門や得意の施術にアンチエイジングなどの項目があるか。

それでもやる価値があるかを考える

この辺りを確認して最後は自分で思いきれるか。

私自身は近い将来必ずヒアルロン酸注入は行う
予定なのでこの注意点は必ず自分の目で見て
納得した上で施術を受けるつもりです。

何を手に入れるにしても多少のリスクは付き物です。

絶対の成功は無い。

これもまた美容医療を受けるにあたっての常識だと
思うのです。

それでも綺麗になりたいか?

綺麗になれるかもしれない可能性に目をつむる事が
出来ない~

そんな女性は現代人である事を謳歌して
やってみるべきかな~と思うのです。

綺麗をあきらめなくてもいい時代です。

是非あの手この手でリスクテイクだけは欠かさず
細心の注意を図ってヒアルロン酸注入にチャレンジ
してみましょう。

だって本当の肌年齢はコスメでは止められないんです。

コスメで整えるのはキメや張り滑らかな艶のある
美肌までです。

本当のたるみや肌の劣化にはコスメプラス
美容医療の力は欠かせないと今切実に実感
している管理人です・・・

やるしかないわ~って感じです・・・




Sponsored Link

おわりに